国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/07/06


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)7月6日(日曜日)
通巻第2244号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ダライラマ法王側は、中国の態度を「五輪前の混乱を避けるジェスチャー」
   二回目の「対話」も空振り、北京には一片の誠意もなかった
***************************************

 結論は最初からみえていた。

  北京が猫なで声で立場をころっと変えるときは、内情に困った要素があるため、時間稼ぎと対外的欺瞞の演出をする。
そういう方面にかけての演技力は天才的である。

 七月一日、二日の両日に亘って北京では「対話」が行われた。
 これは案の定、時間稼ぎのポーズだった。
 チベット仏教の活仏、ダライ・ラマ法王の特使として北京入りし、中国側と対話をしてきたロディ・ギャリ、ケルサン・ギャルツェンの二人はインドの亡命政府に帰国し、ダライ・ラマ法王に報告の後、7月5日にダラムサラで記者会見に臨んだ。
 
今回の公式対話でも中国側は従来の主張を繰り返しただけで、まるで前向きの姿勢はなかった、とチベット側。
 北京五輪後の10月に次の対話を持つという事だけが合意され、「中国に前向きな動きがなく、難しい協議だった」と失望の色を見せた。

 これで北京の当面の目的は達成された。北京五輪をチベット論争の場にしてほしくないため、話し合うホーズをして無理につくり笑いをしてみせただけなのだ。
 
 チベットが期待した議題は「チベット人の居住地域における自治」だったが、ギャリ特使は、「五輪が中国側の動機であり、ジェスチャーとしてチベット問題に取り組んでいるかの印象を対外的に見せる」ことを目的とした宣伝の場でしかなかった。

 ただし、七月の対話で中国側が亡命チベット人組織「チベット青年会議」を名指しして区別したところに特徴がある。
 示唆するところはダライ一味が暴動を煽ったという口上を、ダライ・ラマ政府は非暴力で、過激派がいるという区分けを北京が認識していることである。

 もっともダライ・ラマ政府はチベット青年会議は「チベット独立を主張しているが、暴力、テロ集団ではない。民主主義のもとで見解の相違があるのは当然」と語り、青年会議の活動の独自性を尊重する立場には変わりはない、とした。
 北京の区別は、むしろ分断作戦と捉えているからである。

 なおダライ・ラマ法王は十日から十七日間の米国訪問を開始する。各地で講演と対話集会を開催し米国市民の理解を求めるほか、リチャード・ギア、シャロン・ストーンとの会見も予定されているという。

     ◎◎ ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)割り箸製造ですが、案の定、カナダの環境保護団体の格好のターゲットになっています。
一般的に彼らには日本人のように森を育てるという発想はありません。内装材にも構造材にもならない木種を選択利用する割り箸製造。彼らに森と共生することが可能だと説いても理解不能です。エジソンの竹は清和天皇ゆかりの石清水八幡宮境内のものでした。

さて先のダボス会議でのHERBERT MEYER氏の講演記録が下記サイトで閲覧できます。
出生率の減少に悩むEU各国と失敗した移民政策が簡潔に纏められています。
中国についてもデモグラフィック要因に視点をあてた分析が秀逸です。なぜか唐突に話題にされ始めた日本政府の移民大量受け入れの動き。
このレポートを(悪意を持って?)読み違えた財界人がいるのではと勘ぐっています。
http://www.superfactory.com/articles/meyer_what_in_the_world.htm
   (バンクーバー SW生)


(宮崎正弘のコメント)え、エジソンのフィラメント原料となったのは、石清水八幡様の境内の竹でしたか! 先々週、この神社の会館で行われた、さる団体の研修会で講演をしてきたばかりなので驚きました。
 玉露をいただいて、竹のこと忘れていました。
    △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
予約の受付を開始しました
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  池東旭さんの講演「公開講座」
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  韓国がまたまた未曾有の混乱に陥っています。
国民待望のもとに生まれた筈の李明博政権が、突如人気急落し、巷ではストライキばかり。北朝鮮からの思想攻勢にたじたじ、大統領弾劾へいたるのか? 国民投票にずれ込み、朴政権が生まれるのか、対日関係はまたも激動するのか?

下記の要領で韓国有数のジャーナリスト、池東旭さんの韓国情勢を聴きます。(主催は「三島研究会」と「国防研究会」です)。
池東旭氏の詳細は下記に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E6%9D%B1%E6%97%AD

            記
とき    7月18日(金曜) 午後六時半
ところ   高田馬場「サンルートホテル」大会議室
http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access.asp
(JR馬場駅前ロータリー対面、旧「大正セントラルホテル」)
講師    池東旭氏
演題    「もたつく李明博保守政権、左翼復活の様相の韓国」
費用    おひとり 2000円(会員は1000円)。
      (いつものアルカディア市ヶ谷ではありません。ご注意ください)。
 ♪
懇親会   午後八時半ごろから付近の居酒屋で。懇親会会費は、お一人4000円。

◎参加ご希望の方は下記へ懇親会の出欠を含めてお知らせ下さい。(講演会の席は余裕がありますが、懇親会は残り数席です)。
 (1)御名前(2)池氏公開講座希望(3)懇親会出席か、欠席かをお示しください。
メールの宛先は
 yukokuki@hotmail.com
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(((((((資料))))))
      「行方不明の日本」
           衆議院議員     西 村 眞 悟

 イギリスのフィナンシャル・タイムズが「行方不明の日本」という評論を掲載したと報じられている。洞爺湖サミットをひかえ、国際社会から見て、姿と存在感の無い日本を批判したものである。
 何も外国から言われなくとも、日本国内から観ても福田内閣の姿と存在感は無い。何の為に「内閣をやっている」のか分からないボーとした顔になっている。
 とは言え、外国から観れば福田内閣のことは内部のことで、もっぱら「日本」が観察の対象であり、全体としての日本の政治を評して「行方不明」と言われているのである。

 そう思って、昨秋仲良く「大連立の話」をした両者を観ると、なるほど、何のために「内閣をしている」のか、何のために「党をしている」のか、両者とも分からない顔になっている。
 そして、このボーとした両者の昨秋一致した共通項は、
「国連中心主義」である。
 「行方不明」の正体は「国連中心主義」なのか。

 自分の中身を国連中心と命名しておくと、何か中が詰まっているように思われると本人は思っているらしいが、両者の「国益の自覚」がない空洞がそのように言わしめているに過ぎない。
 彼らに国益が見えないと言うことは、イギリスから観る以上に、永田町にいる彼らにも日本が見えていないのだ。実に、イギリスからではなく、我が国内からも「日本」が行方不明になっている。

 この日本の「行方不明」は、政治の当事者達に「国益の自覚」がないことからもたらされている。では、国民にはあるのか。
 ある。
 従っていま政治が為さねばならないことは、何も難しいことではない。ただ誇りある歴史と国民にふさわしく、政治家も日本を鮮明に自覚することである。
つまり、「靖国神社の英霊に頭を垂れることだ」
何も論理を飛躍させたのではない。人間は心と体の一致した存在、心身相即の存在である。彼もしくは彼女が何を思っているかは、何をするかに現れている。
 今日、本人が、国益を思い、それを実現する使命を自覚するとき、彼は皇室を敬い、靖国神社に行く。理屈ではない、これが日本人である。

 その上で、洞爺湖サミットをひかえた我が国の政治家が腹の底にもつものは、
1、北朝鮮に拉致された被害者の断固救出
2、不法に占拠された領土の回復・・・千島、樺太、竹島
3、中国と北朝鮮の核ミサイルの脅威に対する核抑止力の獲得
4、名誉ある歴史の回復
 である。
 これによって、国内から観ても、外国から観ても、今まで行方不明だった日本は、突如、大きな尊敬すべき姿を現すであろう。
 このことは、明日にでも実現可能である。但し、今の徒党体制では何年待ってもだめである。
 再編が国家再興の為に必至である所以が、ここにある。

 以上、本日のフィナンシャル・タイムズの記事に影響されて書き込んだ次第。イギリスから観なくとも、我が国内から観ても日本はながらく行方不明であるからだ。
 しかし、もともとは、昨四日の産経新聞に掲載された「野口裕之の安全保障読本、『信賞』なき自衛官の名誉」という記事に触発されて本通信を書くつもりだった。
 昨年春、濃霧で視界の悪い悪天候の夜間、沖縄から徳之島に向け患者急送の任務を果たそうと敢えてヘリを操縦して飛び立ち殉職した陸上自衛隊の建村中佐ら四人のことが忘れられなかったからだ。
幹部政治家は、使命の自覚無く国を行方不明にさせているが、彼らには任務と使命の自覚がある。先に本稿で、国民には「ある」と書いた所以である。これは、次の機会に書くことにしたい。 
       ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円)
(↓下記アマゾンからも申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  ♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

(( 宮崎正弘のロングセラーズ ))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 五刷!(KKベストセラーズ、1680円)
 (下記の書籍もアマゾンから発注できます)
http://www.bk1.jp/webap/user/SchBibList.do?keyword=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&genreCd=&initFlag=1&x=46&y=11
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』増刷!(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/07/06

    全くどうでもいい。

    国際政治の状況にもっと敏感なのかと思えば、ただの右翼ド素人だったのにはがっかりした。どうしてこんなアホブログを推薦するわけ?知能の低い人になら受けるだろうけど、真の憂国の士にはヨモヤマ。

  • 名無しさん2008/07/06

    西村議員の意見が日本の「常識」に成って欲しいものです。