国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/06/03


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)6月3日(火曜日) 弐
通巻第2209号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 李鵬の息子、李小鵬が近く山西省副省長へ転出か?
  水力発電とエネルギー利権との相関関係はどうなる
****************************************

 李鵬(元首相、前全人代常務委員長)の息子は二人おり、長男の李小鵬(49歳)はカナダ留学、91年から華能国際公司の社長、会長を歴任してきた。
 次男の李小勇は広東省の随所で不動産投棄に興じて、一時失敗、外国へ逃げていた噂もあった。
 長女の李小琳は、いまも中国電力投資公司の社長のポストにあり、買い物にリムジンで乗り付け、多くのボディガードを従えている現場をパパラッチされている。
 
 ともかく李鵬一家の醜聞はよく聞こえ、庶民は蛇蝎の如く李鵬を嫌っている。
 あの89年の天安門広場を埋めた百万学生のスローガンをご記憶ですか。「李鵬下台」(李鵬辞めろっ!)でしたね。

 6月3日付けの博訊新聞網は、その李小鵬の山西省副省長入りを予測している。

 現在の山西省書記は張宝順。ちかく北京へ出世の模様で、そのあとは現在山西省省長をつとめる孟学農が襲うとされる。
 李小鵬の山西省副省長就任説は、その後の人事展望を物語っている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)胡錦濤が来日土産に持ってきた日中友好とは名ばかりの「レンタルパンダ」はいらない! 
 胡錦濤率いる中国共産党はチベット弾圧を繰り返し行い、そこから“盗んで”きた「パンダ」を「日中友好の象徴」と言っている事も可笑しいですが、それを喜んで受け取る福田康夫もどうかしている。 
そこで、「レンタルパンダいらない」署名運動を始めました。より多くの方に、ご署名頂きたく、各地で署名運動を行っております。(KM生)。
 
<<署名方法は以下の三通りになります>> 
1、下記にある署名用紙(PDFファイル)を、各自でプリントアウトして頂き、 署名が集まりましたら、メールにて送付先住所をお知らせ致しますので、郵送でお送り下さい。 
※署名用紙を印刷出来ない方は、ネットプリント(セブンイレブンのマルチコピー機)で‘05529872’(有効期限5月31日まで)と入力すると20円(白黒)で印刷が出来ます。他はFAX又は郵送でお送り致します。 
 
2、下記に記載のメールアドレスへ氏名(名字のみも可)・ご住所を送信して頂き、当方が署名用紙に代筆させて頂きます。 
(ご家族の名前も記載して頂けると助かります)
panda_ukeirenai@yahoo.co.jp
 
3、各地で行われる署名活動に出向き、署名して頂く。
(今後の運動告知などを参照下さい) 
 署名用紙はこちらでダウンロードして下さい。 
 http://www.geocities.jp/dounanonet/pandairanai.html 
  
レンタルパンダいらないブログ
 http://pandairanai.jugem.jp/
  
mixiコミュニティー「レンタルパンダいらない」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3339918



(宮崎正弘のコメント)パンダはチベットのものです。チベットに返そう!



   ♪
(読者の声2)宮崎さんがメルマガで「中国は国民国家を目指している」との推定・分析を披瀝されていて雷に撃たれた状態になりました。
相当な軋轢が中共政権内部、中共軍部内部、そしてその双方間で起こっているんだろう、と推測します。
あそこまで歪(イビツ)な変化をし急激な経済発展を遂げたら、内部矛盾は相当なものでしょう。その高まっている矛盾の内圧は貧困層レベル、庶民レベル、富裕層レベル、政権中枢レベル、それぞれが固有な内実を有して高まっていることでしょう。
どのレベルの壁が先に綻び内部矛盾が弾け飛び出し、日本、東アジアをはじめ世界へどのようなとばっちりを撒き散らすか、恐ろしいものがあります。

毛沢東が中国というものの本性を弁えて外部との連関を制限し、文化大革命という名の権力闘争を起こしても大混乱を国内内部に押し留めたことは、世界にとっては正しかったのです。
登小平が政権を握ってから中国は、‘改革・解放’(主眼は解放)の名の下、世界のカネと人を中国に呼び込むかたちで中国のリスクと害毒を海外に拡散させ、それを世界が共有させられることになりました。
ソ連が崩壊し共産主義やその思想への心理的脅威が消滅し、グローバル化の美名に隠れて危険で曖昧な観念(‘脱国家の思想’)が国際社会に蔓延しそこに中国が浸け入りました。
中国という異界のコワサを体験していない欧米はもとより健忘症の日本人もシナ大陸に誘き寄せられて行きました。
中国は増大する人民を養う為、強権体制護持の為に、海外からのカネと物と人の流入口を開く大バクチを打ち、生じる内部矛盾を強権で抑えてきました。
生じる矛盾は反日デモや排日運動を誘発し、テロリストとしてウイグル人を、秩序破壊者としてチベット人を弾圧してガス抜きをし、欧米には微笑外交で固塗してきました。 

ウイグル人弾圧、チベット人虐殺、そして四川大地震の天変地異は、中国の内部矛盾が噴き出す綻びとなり、それらへの対応に対する国際社会の関心と批判を集めそれが中国の体制を大きく揺り動かしています。
来る北京五輪大会も内部矛盾の噴出口となります。
国民国家を志向しないと国家として保たない臨界点に中国はあるのでしょう。ゴウゴウ、ギシギシと鳴り響く中国の軋みが聞こえてきます。
        (HN生、品川)


(宮崎正弘のコメント)ところで、四川省大地震で中国が隠匿してきた核戦力が総合的にどれほどの被害をうけ、それは中国の全体の軍事力の、どれだけのマイナスになったのか、なぜ米国が評価を公表しないのか。CIAとペンタゴンの沈黙は何を意味するのでしょうか?
 地震湖、土砂ダムの衛星写真は、なぜか台湾のものばかりじゃありませんか。
 この点に焦点をあてた論文を、アメリカの文献のなかに探しています。読者の皆さんもご協力下さい。
 yukokuki@hotmail.com
 (投書の宛先です ↑)
          ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(三島研究会、国防研究会合同「公開講座」のご案内)
6月17日、高山正之氏の公開講座は下記。
http://mishima.xii.jp/koza/index.html
  ♪
7月18日、池東旭氏の公開講座は下記
http://mishima.xii.jp/koza/index.html
        △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇  ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪

宮崎正弘の新刊『北京五輪後、中国はどうなる?』(6月15日発売。並木書房)。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

<内容>チベット虐殺をめぐる中国非難の声が全世界に巻き起こり、中国を見る目は完全に変わった。国内的にも華南を襲った大雪害と未曾有の四川大地震で政情不安が高まり、大規模な暴動がいつ起こっても不思議ではない。
上海株式市場は07年秋をピークに半値に大暴落し、不動産バブルもはじけた。
国威発揚をかかげた北京五輪の開催すらあやぶまれるなか、共産党王朝の終焉がいよいよ始まった。

<< 本誌読者に特典 >>
 四大特典つきで、この本の予約を版元の並木書房のご好意により募集します。
(1)著書サイン入り(ただし先着300名様。301名様からはサインがありません)
(2)送料無料(メール便です)
(3)発売日前に到着(店頭発売は6月15日ごろ。予約の方には6月6〜10日ごろに届きます。)
(4)振込手数料も無料!(到着後、封入された「振替用紙」をご利用下さい)。
 
宮崎正弘新刊『北京五輪後、中国はどうなる?』(並木書房、定価1680円)の御予約はいたって簡単です! 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

「宮崎新刊」とだけ書かれ、(1)お名前、(2)御住所(郵便番号を併記)、(3)電話番号(宅配便なので)を下記へメールしてください。
eigyo@namiki-shobo.co.jp
◎手続きはこれですべてです。◎お支払いは書籍に同封される郵便振替用紙にて到着後に支払い(振込手数料も版元負担)。◎予約は明日、6月4日午前10時に締めきります!

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
   ♪
(( 発売中の新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    ♪   
((( 宮崎正弘のロングセラー! )))
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E5%AE%AE%E5%B4%8E+%E6%AD%A3%E5%BC%98&tag=yahhyd-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=10385707041&ref=pd_sl_2hw8hjkvl8_e

『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』五刷!(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』増刷!(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。