国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/05/26



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)5月27日(火曜日)
通巻第2203号  (5月26日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 モンゴルが参加する新グレードゲーム
  ロシア、中国、米国との三角関係を均衡感覚で生き延びる智慧
****************************************

 メドベージェフ(ロシア大統領)が四川省大地震直後に北京を訪問し、協力関係を確認したことが大きく報じられた。
 メドベージェフ大統領は、初の外遊=中国歴訪の前に、じつはカザフスタンの首都アルマトゥへ四日間立ち寄った。ロシアによってカザフスタンの石油とガスのほうが中国関係より大事だから?

 じつは、その四日前、モスクワを訪問したのは、モンゴルのエレンバヤル大統領である。メドベージェフが就任後初の外賓はモンゴルの元首だった。

 ロシアのグレードゲーム感覚は、冷戦終了後に突如米国との関係強化に踏み切った、この嘗ての保護国=モンゴルを、ふたたびロシア影響圏へ戻すことであり、その戦略の一環としてロシアはモンゴルに石油を特別価格で提供している。
 1バーレル89ドルという(「ユーラシア・ディリー」、5月24日付け)。

ロシアからの石油は鉄道輸送が主だが、その主役「ウランバートル鉄道」も49%の株主はロシア。
 ついでに言えばエレンバヤル大統領もバヤル首相(人民党党首)も、モスクワ留学組である。

 しかし経済のひ弱さと流通システムの欠落からモンゴル経済は猛烈なインフレにあえぎ、インフレ率は前年同月比で15%を記録した(08年4月)。
国民の不満は高まっている。

 ジェーコフ元帥の記念館がウランバートル市内にいまも残存し、大きな銅像が立つ公園もある。
 ロシアの軍事的プリセンスは消滅したとはいえ、この国がロシアのメンタリティから完全に抜け出すことは難しいだろう。
 街の看板も白鳳、朝青龍だが、モンゴル文字はなく、ロシア語に英語が併記されている。大学でこそ、英語を教えているが、町中では英語は通じない。


 ▲モンゴル重視の米国外交はポーズだけ?

 5月21日、ウランバートルのチンギスハーン国際空港は、ときならぬ大型代表団を二組むかえた。
 一組は、クレムリンが派遣した国防大臣以下のロシア軍幹部の表敬訪問団。大型使節団だった。モンゴルはロシア、中国主導の「上海シックス」にオブザーバ加盟をしている。

 もう一つの賓客。
それは米国海兵隊太平洋司令官ジョン・グッドマンの訪問で、モンゴルはイラク戦争で、米国に協力し、モンゴル軍人173名を派遣している関係もある。

 だが地政学的条件から言えば、ロシアと中国に挟まれ、原油はロシアから、物資は中国から輸入し、かわりに地下資源を鉱区ごとロシアと中国に売却しているモンゴルとしては、遠い米国との関係は、バランス緩衝材いがいの何物でもないのではないか。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘の新刊
『北京五輪後、中国はどうなる?』(6月15日発売。並木書房)。

 宮崎正弘の最新刊  特典付き予約募集を開始しました!
 『北京五輪後、中国はどうなる?(中国崩壊これだけの理由)』
(並木書房、定価1680円)
@@@@@@@@@@


<内容>
チベット虐殺をめぐる中国非難の声が全世界に巻き起こり、中国を見る目は完全に変わった。
国内的にも華南を襲った大雪害と未曾有の四川大地震で政情不安が高まり、大規模な暴動がいつ起こっても不思議ではない。
上海株式市場は07年秋をピークに半値に大暴落し、不動産バブルもはじけた。
国威発揚をかかげた北京五輪の開催すらあやぶまれるなか、共産党王朝の終焉がいよいよ始まった。

   ♪
<< 本誌読者に特典 >>
 四大特典つきで、この本の予約を版元の並木書房のご好意により募集します。
(1)著書サイン入り(ただし先着300名様。301名様からはサインがありません)
(2)送料無料(メール便です)
(3)発売日前に到着(店頭発売は6月15日ごろ。予約の方には早ければ6月6〜10日ごろに届きます。)
(4)振込手数料も無料!(到着後、封入された「振替用紙」をご利用下さい)。
 
宮崎正弘新刊『北京五輪後、中国はどうなる?』(並木書房、定価1680円)の御予約はいたって簡単です!
 
「宮崎新刊」とだけ書かれ、
(1)お名前、(2)御住所(郵便番号を併記)、(3)電話番号(宅配便なので)
を下記へメールしてください。
eigyo@namiki-shobo.co.jp

◎手続きはこれですべて終了です!
◎お支払いは書籍に同封される郵便振替用紙にて到着後に支払い(振込手数料も版元負担)。
◎予約は6月4日午前10時に締めきります!

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
   ♪
(( 新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』 阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
─…─↓ メルマ!PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─
ここに広告が入ります。
      ここに広告が入ります。
            ここに広告が入ります。
                  ここに広告が入ります。
                        ここに広告が入ります。
…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ メルマ!PR ↑─…
ここに広告が入ります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/05/27

    ところで、内輪だけで楽しむ学園祭になっていませんか?



    もう少し、このメールマガジンを宣伝して人を増やしては如何でしょうか。

    ネットのコンテンツが増えれば、それだけメディアの力も弱まりますし^^;