国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/05/26



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)5月26日(月曜日)弐
通巻第2202号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 人民解放軍が、救援NGO活動を妨害
  即席NGOに反政府団体やスパイの疑いを抱く軍のメンタリティ
****************************************

 四川大地震の救援活動が各地で展開されている。
 中国のメディアは、「犠牲者の一割が小学生などで、学校の倒壊原因は手抜き工事、エリート校は幼稚園でも崩れなかったのに」(NYタイムズ、26日付け)などの暗部をえぐる記事は一切掲げず、ひたすら救援活動のことばかりを報道している。

 「中国人の心はひとつになった」というアングルの情緒的、同情をあおる書き方は、共産党中央がマスコミに指令している。
18日からの三分間の黙祷と国家を挙げての喪に服す行事は、じつに十一年前のトウ小平死去いらい、なかった。

 英誌『エコノミスト』(5月24日号)は、救援に向かうNGOが、各地で足止めされ、とりわけ即席の小さな団体を反政府組織の偽装ではないかと疑っている実態を報じている。
 
 テントや救援物資が公平に分配され、外国人医療チームが精神のケアにあたり、ボランティア団体と軍の絶妙な共同作業が全面に報じられるばかりで、舞台裏の出来事を隠蔽しているようだと示唆しつつ同誌は続ける。
 
 『政府が認定済みのNGOの活動だけをマスコミが伝えているが、政府がまだ認定していないNGO団体を反政府団体の偽装と疑っており、活動には多くの支障がでている』と。
     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)貴誌で紹介のあった張超英氏の『国際広報官 張超英』(まどか出版)を読みましたが、日本人について誤りが見逃されています。
237ページに大河原良雄氏が国連大使も務めたとの記述がありますが、事実ではありません。アメリカ大使を務めた人物が格下の国連大使を務めるわけがありません。
1954年以来、19人の国連大使が居りますが、大河原氏が国連大使だった事はありません。
 大河原氏は最初、オーストラリア大使でした。当時(1979)事務次官の有田圭輔氏が次期アメリカ大使と目されていましたが、問題があって海外勤務は無理と辞退、JICA総裁に転じ、大河原氏に白羽の矢が立ちました。
外務官僚がなりたいのは駐米大使、国連大使は格下です。
   (RW生、東京)


(宮崎正弘のコメント)早速、およみ頂いたようで有り難く感謝申し上げます。
 この本は台湾のジャーナリストが、故人の談話をまとめたもので、詳しい日本の知識がありませんから、随所に事実誤認があり、翻訳チームはあちこちに問い合わせて、相当箇所を訂正しつつ、原著者とも連絡をとり、関係者へ国際電話をかけて事実の照合にあたりました。しかしながら、灯台もと暗し、日本のことはチェックがおろそかになったのかも。



   ♪
(読者の声2)貴誌2200号にあった、機密報告でなされてゐたといふ地震の予知はどのやうになされてゐたのでせうか?
もし今回の地震がプレート間の断層で起きた自然現象としての地震であり,それをしかるべき根拠に基いて予知・警告したのであるとすれ,支那の地震学は世界の最先端を行く,と言ふことになります。
しかしそんなことがあり得るのか.日本でもいつどこそこで地震が発生するとか,いつ富士山が噴火する,とか言ふ”予言”はよく聞きますが,すべて科学的根拠のないものです.今回の警告もその手のものであるなら,支那政府あるいは四川省の当局が無視したのも当然で,実際に地震が起きたのは単なる偶然,まぐれ中りにすぎません。
それとも今回の地震は人為的な原因があり,それ故に予知ができたと言ふことなのでせうか?
   (NN 生,横浜市)



(宮崎正弘のコメント)専門的な詳細は分かりかねますが、小誌が紹介したのは、そういう地震学者がいて、アジアウィークリー(亜州週刊)が、これをスクープ扱いで報じた、というのが大筋。当該雑誌にも詳細は書かれておりませんでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の新刊予告 >
『北京五輪後、中国はどうなる?』(6月15日発売。並木書房、1680円)。

 宮崎正弘の最新刊  特典付き予約募集を開始します!
 『北京五輪後、中国はどうなる?(中国崩壊これだけの理由)』
(並木書房、定価1680円)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


<内容>
チベット虐殺をめぐる中国非難の声が全世界に巻き起こり、中国を見る目は完全に変わった。
国内的にも華南を襲った大雪害と未曾有の四川大地震で政情不安が高まり、大規模な暴動がいつ起こっても不思議ではない。
上海株式市場は07年秋をピークに半値に大暴落し、不動産バブルもはじけた。
国威発揚をかかげた北京五輪の開催すらあやぶまれるなか、共産党王朝の終焉がいよいよ始まった。

<目次> 
プロローグ 中国文明の衰退がはじまっている
第1章 チベット虐殺で北京五輪は失敗の怖れ
第2章 水、空気、食料汚染と人心の腐食
第3章 五輪以後、経済が崩壊するシナリオ
第4章 軍国主義的市場経済の矛盾
第5章 中国投資を見限りはじめた欧米
第6章 捏造と改竄の反日記念館
第7章 モラル欠落、倫理の無存在
第8章 馬英九の台湾はどこへ行く?
第9章 かくも軽き日本の存在!
エピローグ 中国のご都合主義 


<< 本誌読者に特典 >>
 四大特典つきで、この本の予約を版元の並木書房のご好意により募集します。
(1)著書サイン入り(ただし先着300名様。301名様からはサインがありません)
(2)送料無料(メール便です)
(3)発売日前に到着(店頭発売は6月15日ごろ。予約の方には早ければ6月6〜10日ごろに届きます。)
(4)振込手数料も無料!(到着後、封入された「振替用紙」をご利用下さい)。
 
宮崎正弘新刊『北京五輪後、中国はどうなる?』(並木書房、定価1680円)の御予約はいたって簡単です!
 
「宮崎新刊」とだけ書かれ、
(1)お名前、(2)御住所(郵便番号を併記)、(3)電話番号(宅配便なので)
を下記へメールしてください。
eigyo@namiki-shobo.co.jp

◎手続きはこれですべて終了です!
◎お支払いは書籍に同封される郵便振替用紙にて到着後に支払い(振込手数料も版元負担)。
◎予約6月4日午前10時で締めきり、です。

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

   ♪
(( 新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』 阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。