国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/05/25



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)5月26日(月曜日)
通巻第2201号  (2200号突破記念増大号)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 四川省大地震の再建に5000億人民元(7兆5000億円)
  初年度国家財政出動700億元だけは決定、しかし将来の財源は示せず
****************************************

 四川省の災害による実損は1500億元と見つもられた。
 復興資金には合計5000億人民元が必要と当局の計算がなされ、初年度の国家財政からの出動700億元だけは確保された(多維新聞網、25日付け)。
 国務院には地震対策チームが発足した。

 復旧の第一は交通網(鉄道、高速道路)、電話網(携帯の中継局を含める)、電力と水道。
とくに電力はダムが損壊して四川省内の電力は完全に不足している。
 
 水道も疫病の発生が伝えられ、再建が急がれるがまったく見通しは立っていない。
復旧の第二は役所、学校の建設などだが、これには地方自治体が債券発行などにより調達する計画、また民間ならびに国際的な援助を頼みの綱にしている。

 当面は救援作業の継続であり、物資の整理、均等の分配のための監査も必要。
 同時に医療チームと病院の充実、多省の病院への搬出、仮設住宅の建設なども急がれている。

 というわけで復興に必要な資金は5000億人民元(7兆五千億円)と見積もられる。財源の見通しが立たず、いったい神戸の再建はどのようになされたのか、という質問が当局に集中しているという。
 神戸震災の再興費用は24兆円(当時の日本のGDPの2・5%に相当した)。

 中国のGDPの3%相当額が、5000億人民元。残り4300億元の資金に関して、具体的計画はない。

 それにしても「中華」「愛国」大合唱の中国で五輪開催の秒読みが始まってからというもの、SARS、AIDS、鳥インフル、そして昨年は大洪水被害に株式、不動産の暴落。
ことし二月の大雪、三月のチベット、さらに大地震ときた。
 
孔子は『中庸』に書いた。
「国家将に興らんとするや必ず禎祥(ていしょう)あり。国家将に滅びんとするや必ず妖孽(ようげき)あり」
(国が興隆しようという時には人々も世の中も活力で満ち溢れ、国が滅亡しようとする時には不吉な前兆がある)。
    ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)貴誌2200号の(読者の声1)への貴台のコメント、「それに比べると台湾のデモクラシーは、若いけれど、やや日本的で優しいのでは?」
 そうありたいと願いますが、すでに陳前総統への検察チームの動きが始まっているようです。
台湾が韓国を真似る必要のないことを、貴台の隠密ルートと公然ルートで、台湾の現政権に伝えることはできませんか? 
馬英九総統が検察を抑えれば、韓国のレベルを越えることができると。さらに大陸への優越性を保持できると。
就任式での演説には、修辞でその気配があるように感じましたが。
そこを衝いていただければ。
       (NI生、東日本)


(宮崎正弘のコメント)民進党の多くが陳水扁さんから離れてしまったため、同情が広がっていません。
その隙を巧妙に国民党が衝いてきた。
 外省人と本省人の心理的乖離がこれから浮き上がるかも知れません。復讐するは我にあり、というのが国民党の非主流派の外省人ですから。
 しかし呉伯雄主席も江丙伸副主席も本省人。副総統の粛萬長も本省人ですから、あまりやり過ぎると国民党は空中分解の危機に遭遇します。



   ♪
(読者の声2)貴誌2199号に政治学者、永井陽之助のことが出てきましたが、彼のデビュー作とは『平和への代償』ですね。
しかしこの分野に関しては日本の論を考究することはさておき、ラスキ氏等西洋の社会思想家、政治学者たちが格闘した「主権在民」の矛盾といった議会制民主主義の根本的な問題を本来の意味での「ラジカル」に考え抜くことが非常に大切であると思います。
議会制民主主義が社会に根付くために必須の過程が日本には欠けていたように思います。
特に戦後にはまったく等閑視されてきたのではないのでしょうか。
むしろ戦前の多少左がかった末弘厳太郎氏のような法学者がこの問題を取り上げています。
私にはこの西洋社会思想史の難問と取り組むことが、翻って、日本の国体を現代という視点に立って理解し再創造するために肝要であると考えます。
       (ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)こんどは懐かしい情景を思い出しました。
 『日本学生新聞』のインタビューで、(昭和42年だった記憶があります)、東京工業大学に赴任されたばかりの永井陽之助教授を訪ねたのです。
カメラを当時、目白にあった「論争ジャーナル」へ借りに行き、テープレコーダーは小生が英文科のLL教室で買わされた、とてつもなく重い機械でした。えっちら運び込みました。
 同行したのは山浦嘉久氏で、着くなりインタビューそっちのけの議論が始まり、結局、記事にならず『平和の代償』の読み方のような囲み記事を書いた記憶があります。
 その後、しばし永井氏はレトリックのうまさで論壇を風靡しましたね。
 いまとなっては、あの議論は何であったのか? 丸山真男からレトリックだけ学んだのでしょうか?




   ♪
(読者の声3)御誌2200号、おめでとうございます。毎日のように配信があり、中味もさりながら、その根気と努力に感嘆するばかりであります。とりいそぎお祝い申し上げます。 
   (NH生、新宿区)

  ♪
(読者の声4)2200号おめでとう御座います。私事のように嬉しく思います。
ところで辻井喬の小説「風の生涯」を読んで、浅野晃さんのことが少しわかったけれど、林房雄さんのこともでてきます。そしたら昨日の配信コメントに、林先生が名付けたという「 珍歩的ブンカジン」。
きついジョークもありました。
    (FF子、小平)



   ♪
(読者の声5)すこし前のことですが、中央大学で李登輝先生のインターネット講演会を開催した者です。あの時は、いろいろありがとうございました。
先生のメルマガを拝見し勉強させてもらっています。
  先月まで私は高雄に留学をしていましたが、その高雄で許昭栄先生には大変お世話になっていました。 
私自身、高雄の旗津にある公園のことでお手伝いをしていましたので、先週のあの事はとてもショックでした。
  去年、台湾国際放送で公園の事について紹介する番組を放送し、現在もオンデマンドで聞くことができます。
http://japanese.rti.org.tw/Content/WhatsOnRtiSingle.aspx?ContentID=50383

 高雄の「戦争と平和紀念公園」は許昭栄先生、自身が私財をなげうってようやく第一期工事が完了したばかりで、第二期工事に関しては見込みも立ってない現状でした。
  実は生前に、許昭栄先生と、台湾無名戦士記念碑の歴史と公園の事を紹介する日本語の本を作成する話をしていました。
日本人の我々で何か公園のこと、許先生の遺志を継いでできることがあればと切実に思います。
     (KW生)


(宮崎正弘のコメント)許さんは80歳という老齢をおして、台湾政治に抗議して焼身自殺を遂げられた。
老烈士の名にふさわしい。
 ちかく追悼の催しがあると伺っております。次回、高雄を訪問したら、当該の公園に出向き、記念碑に合掌したいと考えています。
        ◎  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
((( 書評に替えて浄瑠璃風に )))

  三島のロマンスを掘り下げて『見いだされた恋』への所感
 
   △
『見出された恋「金閣寺」への船出』をさっそく手に取ると描かれた時代は昭和三十年前後とはいえ古式ゆかしい花柳界や梨園に所縁の赤坂にあった一流料亭の乳母日傘を錦絵にしたような深窓の令嬢がヒロインのためか鏡花張りの綺語を駆使した凝った筆回しに濃茶をたんと啜らされている気分になりいやはや難儀な文遣いとため息を吐きながら目を通し始めるとふだん接していない語彙文藻がしだいに楽しく思えてきてヒロインの相方である作家が登場するあたりから目が馴れ渋苦い濃茶は濃厚芳醇なショコラに変じてその発する薫りとカフェインが頭脳を甘く痺れさせ心地好い酩酊と陶酔を湧き立たせ物語りの中頃に辿り往くと本篇最高潮の節回し「五十過ぎてまで、この世に生きていたくはない。

老醜には耐えられない気がする。出来れば四十五くらいで死んでも好いと思っているくらいだ。その時には君も三十五になっているね。でも、女の美しさだって、せいぜい二十代までだぜ。そうは言っても、君は僕よりも十歳若いのだから、僕が死んだら、黄色の薔薇を手向けてくれないか、好いかい、屹度だ、約束したよ」との作家からヒロインへの熱い吐息の語り懸けが立ち現われ「目には見て手には取られぬ月のうちの桂のごとき君にぞありける」のようだと作家から“月の桂”と畏れ敬されもしたヒロインは「八百松」の段で金色の夢の浮き橋に立ち迷う随喜を験しその巧みな描写は読む者も幽情夢幻の世界に引き込み悦楽に遊ぶ境地に誘い入れ『金閣寺』を書き進めていた作家の当時の昂揚ぶりがよく伝わり「願掛」の段では作家の数多の短編の中でも傑出していると評価の高い『橋づくし』の取材を兼ねたデート・シーンが微細に描かれ創作の秘められた過程が顕かにされヒロインの名がそこに登場する新橋の一流料亭の娘満佐子から採られていることに気付かされ悦楽の場の描写にその中の特殊の語彙を織り込んだ遊びがあり二人の楽しいエピソードがあれこれ挿し込まれてからつつっと離別の段に遷りそれから一気に五十有余年後の今のヒロインの心揺れ動く余情語りとなり付き合っていた当時作家が拵えた舞踊劇を初めて観ようと思い立ったヒロインが松の葉色も時めく千代田の濠端の劇場に出向いた冒頭のシーンに掉尾で立ち戻り黄薔薇の一打を手向けてくれとの作家の願いを今こそ果たそうと決意し逢いに行きたいとあくがれ想い乱れるヒロインの態はまことに哀しくて切なく多摩の丘の作家の御霊はようやく願いを叶えてくれたかと秀でた眉の下の目じりをさげてニヤリと涼やかに微笑んでいるように思えるのです。
                西法太郎

(この文章は三島由紀夫研究会のメルマガに発表したものを改稿したものです)。
    △
 (岩下尚史『見出された恋 「金閣寺」への船出』は雄山閣刊です)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 自治調査研究会からのお知らせ
 △
 佐藤優氏を招いて勉強会です
 @@@@@@@@@@@@@
           記
 とき     6月26日(木曜) 午後六時
 ところ    横浜「かながわ県民サポートセンター」 304会議室
 講師     佐藤優(起訴休職外務事務官。作家)
 演題     「裏側から見た世界とその行方」
 会費     おひとり 2000円
 問い合わせ  (045)263−0055
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の新刊予告 >
『北京五輪後、中国はどうなる?』(6月10日発売。並木書房、1680円)。
  ――四川省大地震で共産党王朝の倒壊がみえてきたーー

  まもなく予約特典の募集をおこないます
(1)著者サイン入り、(2)送料無料、(3)振り込み手数料無料。(4)発売前日までに到着の四大特典。
応募要領は「並木書房」から本欄に月末に告示されます。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

   ♪
(( 最新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』 阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/05/25

    いつも拝読しております。マスコミが報道しないいくつもの真実を知ることができ

    有難いと思っています。別件ですが、心配なことが一つ。「大紀元日本」のサイトが見られません。今朝は見られましたが・・・音声テープが問題になったのでしょうか。関連サイトは全て繋がりません。心配です。