国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/05/20


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)5月20日(火曜日)
     通巻第2192号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 大地震の影に隠れたが、聖火リレーの温州市内で爆弾テロ
  五輪聖火行事を三日間停止、もうひとつの原因はテロの警戒では?
****************************************

 5月16日のことだった。
 中国国内をひたはしる聖火リレーは浙江省の南、温州市にさしかかった。市内を走行中のバスが突然爆発し、16名が死亡するという事件がおきた。
 先々週も上海で公共バスが爆発し、20名余が死亡した。

 いずれも真相は藪の中であるが、おそらく反政府テロであろう。

 北京中央は被災から一週間も経った18日に、「聖火リレー」を一旦中止し、三日間の喪に服するとしたが、予定されていた聖火リレーは温州とおなじ浙江省の寧波であり、21日再開を前にしてテロを警戒しての特別体制つくりにあるのではないか。

   ○○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1) 四川大地震のお見舞いがてらパンダは辞退しよう
 チベット亡命政府への義捐金の送付先が分かりました。以下の通りです。 
    口座名: 自由チベット協議会
    郵便振替口座: 00180−7−36566
    代表者: 酒井信彦(さかいのぶひこ)

なお「自由チベット協議会」には、ペマ・ギャルポ先生や、「チベット問題を考える会」の代表・小林秀英師も関与されているそうです。
    (S生)



(宮崎正弘のコメント)長野の聖火ランナーに「抗議」したチベットからの亡命者タシィ氏(台湾籍)は長野県警に20日間もの不当勾留のあと15日にようやく釈放されました。罰金など80万円でした。
 タシィさんは、抗議した相手が福原愛という卓球選手ということを知らず、その後、胡錦濤が来日したおりに卓球をしたと知って、「それはカルマ(業)でしょ」と記者会見で答えた。
 チベットの困った人たちを助ける募金に協力したいとおもいます。読者の篤志家の皆さんも、是非、ご協力下さい。



   ♪
(読者の声2)貴誌通巻第2190号の貴見にこうありました。
「地理的に海南島の南端に(引用者補足/中国海軍が)海軍基地を新設したことは、台湾海峡だけの問題ではない。南シナ海全域をにらむ海洋権力の出現である」。
この重要な指摘の意味するものが、首相や防衛相に伝わることを願います。四川省地震は中国国内の問題ですが。
(SJ生)


(宮崎正弘のコメント)海南島といえば北の玄関、海口にはホンダの偽バイクをつくっていた大工場があり、南へ200キロのあたりが、例の中国版ダボス会議を行うボーアオです。日本の総理が行くのはここまで。記者団もボーアオで会議取材のあと一日くらい足を伸ばして南端の三亜へ行けば、海軍基地の写真くらいスクープできたのに!



   ♪
(読者の声3)こんな重要な記事があります。読み逃した人が多いと思いますので、読売新聞から引用します。
 (引用開始)
 「17日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが報じたところによると、四川大地震の被災地を訪問する中国の胡錦濤・国家主席ら指導者に対し、被災者から、訪問歓迎のため救出作業が中断するなど貴重な時間の浪費につながると反発の声が出ている。
 学校倒壊など甚大な被害を受けた四川省北川チャン族自治県では、胡氏が16日に訪問した際、人民解放軍兵士らが胡氏を出迎えたため、捜索・救出活動が2時間にわたって完全に中断したという。
 同県の元中学教員は同紙に対し、「救助隊は学校の門付近でしか作業しなかった。胡氏に同行のメディアが気づいて、写真を撮るようにするためだ」と怒りをぶちまけた」。(2008年5月18日00時30分  読売新聞)。
 宮崎さんがしばしば指摘されるように、軍は、巧妙争いで派遣されており、救出には力が入っていない様が読み取れます。
  (UU生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)香港の老舗名門英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」といえば、嘗てはイギリス資本。親中派の華僑に買収されてから北京より路線が激しかった。この記事は、記者たちの日頃の鬱憤晴らし?
 それにしても被災者の神経を逆なでしているのは事実でしょう。
 胡と温の被災地行脚は愛国キャンペーンと同時に党内権力闘争です。
       ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  :*:☆.:*:★':**:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 国防研究会&三島研究会共催
       「公開講座」の御案内
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
とき    6月17日(火曜) 六時半 (1800開場)
ところ   アルカディア市ヶ谷 四階会議室「あすか」

講師   コラムニスト 高山正之氏 
       (『週刊新潮』の辛口コラムが絶賛、元産経新聞ロス、テヘラン特派員)
演題   「サダムは偉大だったが、スーチーは悪女だ」
       (世界は腹黒いが、偽善の朝日新聞はいったいなんだ)
会費    お一人2000円(会員と学生は1000円)
              懇親会は別途3000円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「今回はなるべく予約頂きたいのです」(事務局)。
会場の定員(60名)の関係があり、参加希望者はなるべく下記に予約して下さい。
(1)御名前と(2)電話番号(携帯でもOKです)のみをご登録願います。
yukokuki@hotmail.com
(当日、予約なく来られても構いませんが、立ち見にある場合があります)。
     ▲ ▲ ▲ ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪ ♪ ♪
< 宮崎正弘の新刊予告 >
『北京五輪後、中国はどうなる?』(6月10日発売。並木書房、予価1680円)。
  まもなく予約特典の募集をおこないます
(1)著者サイン入り、(2)送料無料、(3)振り込み手数料無料。(4)発売前日までに到着の四大特典。
応募要領は「並木書房」から本欄に月末に告示されます。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

   ♪
(( 最新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    
    ♪
  四川省大地震を予測した
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)


((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_st?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&rs=465610&page=1&rh=n%3A465610%2Cp_27%3A%8B%7B%8D%E8+%90%B3%8DO&sort=-pubdate
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』 阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。