国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/05/12


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)5月12日(月曜日) 
      通巻第2182号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

ウィクペディアの偏向記事への不信、不満は日本だけではなかった
 英語版でも中東問題の偏向が指摘されている
****************************************   

 情報操作の舞台になろうとはウィクペディアの創業者も想定していなかっただろう。
 英語版「ウィクペディアの偏向記事は、とりわけ中東問題で、一方の意見に偏している」(ジリィ・イニ氏、ヘラルドトリビュン、5月12日付け)
 実際、インティファーダ礼賛の記述以外殆ど目立たない。

 「ウィクペディアは部分的に無政府主義、部分的にモブ(愚民)で成り立ち、専門家はまったく相手にしない」(創業者ラリィ・サンガー)。
 そればかりではない。
 「百科事典に比べるとウィクペディアの偏向記事はゲーム感覚。もっとも劣悪なスタッフが展開している。」(『エンサイクロペディア・ブリタニカ』元編集長のボブ・マクヘンリー)。

 と同ヘラルドトリビュンからの要約です。
  ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)やはり危惧していたとおり、天皇皇后両陛下がご訪問された日、中国国営テレビは、天皇皇后両陛下が胡錦濤国家主席夫妻が宿泊するホテルを訪ね、別れのあいさつをされた模様をトップで報じていました。
また同様に、新華社通信は、天皇皇后両陛下が胡錦濤国家主席夫妻を「わざわざ」訪ねたと報じておりました。
外交とは、「国益を守るため」のものだと理解しておりましたが、外務省はそうした意味で、完全な失敗でした。
この期に及んでも、「お見送り」を「単なる慣例」と、抗議自体が「無知」であるという意見も目にしましたが、大局的な外交という観点で見るとき、そうした手続き上の問題で論ずることが果たして意味があるのだとうかと疑問に思います。
外交における招待客の待遇は、当事国同士の関係性を互いに示すだけでなく、国際社会に対して、当事国間の関係性を示す明確なメッセージとなります。国際儀礼での歓待序列では、天皇陛下は世界序列第一位です。
1994年、平成天皇陛下ご訪米の折、ホワイトタイ(男性は燕尾服、女性はロングイブニング)での晩餐会が行われました。
過去二回、エリザベス女王訪米時(76、91年)に行ったブラックタイ(男性はタキシード、女性はイブニング)で勲章着用というスタイルのディナーより、格式は上だったということです。出席者も前回昭和天皇ご訪米の際の120人を上回り、170名が出席した壮大なものだったといわれます。
 その米国では、一昨年の胡国家主席の訪米の際に、「国賓」扱いにするかどうかで、中国政府とのあいだで「かけひき」があり、結局は、国賓並みの厚遇をすることで胡主席の面子を立てはしたが、最後まで「国賓」にすることは譲らなかったという経緯がありました。
 米国政府が、中国政府の要求に対して決して折れずに「国賓」とはしなかったのに対し、日本政府は、どれだけの交渉を重ねたのか、「国賓」としただけではなく、序列第一位の陛下を結局は政治の道具として貶め、国際社会に対して二重の意味で、誤ったメッセージを発っしてしまった訳です。
日本国政府、外務省、宮内庁は、天皇家の名を汚し、その地位を貶め、ひいては日本の国際的地位の地盤沈下を招きかねない誤りを犯しました。これに対し、外交や国際儀礼を熟知しているデヴィ夫人は、天皇陛下が民間施設にお出向きになられることを知り、瞬時にこれが何を意味するかを理解し、即座に宮内庁などへの抗議の意をマスコミに発信されたといいます。
また、渡部昇一氏も「天安門事件後、国際的に孤立した中国は、日本に働きかけ、天皇陛下の訪中を実現し、それによって孤立から脱却した。これは当時の中国外相が回想録の中で自慢している事実である。」と、今回の訪日での天皇陛下、皇室への接近、政治利用を危惧され、「皇太子殿下の開会式ご出席は、絶対に実現させてはならない」という主旨を、ニュースレターにて発言されています。

そもそもこの接遇には、不可解なことが少なからずありました。
まず、国賓が滞在する迎賓館が工事中だったということで、中国側が指定するニューオータニが宿泊先に決定されたということですが、迎賓館の工事は当初3月までの予定が、6月末までと大幅に延期されていたということです。
3ヶ月も予定が延期する工事自体も不自然で理解しかねます。
更に、天皇陛下の国賓・胡国家主席への接遇は4月22日の閣議決定によるものとのことですが、その閣議決定には「お見送り」までは入っていなかったということも言われています。宮内庁に抗議した人が、職員からそうした情報を得たとのことでした。
(上記の閣議決定の情報を宮内庁から得た人は、抗議するこちら側が陛下に対して敬語を用いているにも関わらず、対応した宮内庁職員は敬語を使っていないことにも憤っておりました。
また、宮内庁職員が勤務時間外の奉仕活動としてお手伝いをしてきた宮中祭祀が、一部職員がこのことを問題として騒ぎ出し、以降宮内庁職員は、皇室の「私事」である宮中祭祀を手伝わないことになったことも知りました。宮中祭祀は、天皇陛下の大事な御仕事であり、世界に誇る文化でもあると私は理解しておりましたので、本来皇室を盛り立てて行くべき宮内庁に、そのような職員が少なからず存在することに、驚くと共に大変憤っております。)

昨日(10日)、テレビ東京のニュースを見ておりましたが、
「中国は、陛下の皇居でのお出迎えの様子を、君が代が流れている映像もカットすることなく流し、更に中国の近代化に日本は重要な役割を果たしたと、初めてお礼を述べました。
これは画期的で評価すべきこと。前向きに新しい日中関係を見ていかなければならない」という主旨の放送をしていました。
勿論、真の友好が成されるのは望むことではありますが、この間の「南京」映画の作成、従軍慰安婦問題、抗日記念館等々の反日行動、キャンペーンを報道することなく、安易に新たな「親中キャンペーン」が日本国内で吹き荒れるのではと、このことも危惧しております。
これからも、そうした様々なことを注視し、皇族の五輪開会式参列を画策する動きに対しても、都度抗議するなどしていかなければと、改めて思い直しております。
      (一市民 YS子)


(宮崎正弘のコメント)中国の末端庶民まで知っている日本人は誰だと思われます。
 小泉純一郎と石原慎太郎です。
 炎黄帝(中国人)の言うことを聞かない、珍しい日本人だから。
 「井戸を掘った人を忘れない」そうです。それがタナカと覚えている中国人はまずいません。
「ディエンチュン(田中)? その人、誰ぁれ」
 まして「フーティエン」?(福田)なんて。
「いまの日本の総理大臣の名前? 知っていてなにか得になるの?」
小生が、「気味悪いほど中国を持ち上げる日本人画家、宗教者、学者、ジャーナリストがいますね?」と聞くと「誰ですか?私たち知りませんが。。。」と答えます。「たとえばヒラヤマとか、イケダとか、アンドウヒコタロウとか、ツクシテツヤとかいう名前ですが。。。。。。。」
(漢字で紙に書き直しても)
「聞いたことありません」(上海でインテリとの会話デス)。



  ♪
(読者の声2)中国の愛国主義を懸念する声が聞こえますが。反日運動が暴走したように、いまは聖火の保護と胡主席の来日時にみせた、いたるところ紅旗の乱立。日本に何時の間に、あれほどの中国国旗が用意されていたのでしょうか?
 中国人ヤングの「愛国運動」が不気味です。
    (MM生、水戸)


(宮崎正弘のコメント)中国で一番高い、豪華なタバコは「中南海」ではなく、「中華」というブランドです。
ボックスが一箱55元(850円ほど)、豪華版が65元(1000円。いずれも20本入りです)。ホテルやバアで買うと80元します。
ちょっと甘くて強い、愛煙家のタバコですが、労働者も庶民も高くて手が出ない。
それはともかく、日本人は「ピース」を煙にし、中国人は「中華」を煙にするわけです
 「愛国主義」? 中国人が一番胡散臭いと思っている概念ではありませんか。
      ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

((( 資料 )))
李登輝前総統が秋の金沢で「日本人の精神」をテーマに講演の意向を表明
*********************************

   国民党の一党支配で「かえって民主化はやりやすくなる」とも指摘

 石川県金沢市の「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(中川外司・世話人代表)は、毎年5月8日に営まれている八田與一夫妻の墓前際に参列するため、6日から訪台し、その晩に行われた嘉南農田水利会主催の歓迎夕食会で同行する石田寛人・金沢学院大学長は李登輝前総統に年内の同大での講演を依頼すると発表した。

 台南・烏山頭ダムで営まれた嘉南農田水利会主催のこの墓前際には馬英九・次期総統も参列し、日本統治時代については「許せるが、忘れない」という従来の立場を表明しつつも、八田技師を「一生懸命」の人と称賛し「八田技師の功績は誰もが評価している」と述べた。

 台湾で八田與一の功績をもっとも高く評価しているのは、李前総統であり胸像を製作した奇美実業創業者の許文龍氏であることを思えば、馬英九氏の墓前際への参列は、マスコミが指摘するように「反日イメージの払拭」という面も確かにあろうが、李前総統や許文龍氏などへのアピールという面も見逃せない。

 立法院を制し、総統も制した中国国民党を率いる馬英九氏は、蒋介石・蒋経国時代の「一党独裁」下の台湾人弾圧イメージを払拭し、台湾の自主独立派との「和解共生」姿勢を打ち出そうとしているようだ。それは、大陸委員会の主任委員(大臣に相当)に台湾団結聯盟所属で李前総統側近の頼幸媛女史を選任したことに現れていよう。また、この墓前際直前の5月6日、馬英九氏が許文龍氏を訪ねて懇談したこともその現れと見てよいだろう。
                  *

 墓前祭を終えた八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会は9日、淡水に李前総統を訪問し、石田寛人・金沢学院大学長は発表どおり李前総統に年内の同大での講演を依頼した。李前総統は「承知しました」と答え、その時期は「もみじのころ、九月か十月」とし、「奥の細道」をめぐる旅途中に金沢へ立ち寄るとした、と北國新聞は伝えている。

 また、北國新聞のインタビューで李前総統は、中国国民党について「独裁的な政府に陥るとの見方を否定し、一党支配で『かえって民主化はやりやすくなる』と指摘した。また、3月27日の馬英九氏との会談で「日本のことで話を聞きたい、何か知りたいなら、私は喜んで世話をしますと言った。ただ、具体的にどうするかは言っていない」と、その内容の一部を明らかにしつつ、「こんな高齢で大使や何かの役職に就くことはない」と台湾駐日代表処代表など、対日関係における責任ある立場への就任を否定した。

 すでに3月末、産経新聞のインタビューで「駐日代表をやるには年をとりすぎたが、フリーランサーという形なら何かできると思う」と答えているが、それを改めて表明した形だ。
              (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬)
--------------------------------------------------------------------------
馬次期総統の親日姿勢評価 李登輝台湾前総統
【5月10日 北國新聞】

【台北9日=正札武晴】台湾前総統の李登輝氏が九日、台北県淡水の台湾総合研究院で北國新聞社の取材に応じ、八年ぶりに政権を握る国民党の馬英九次期総統が親日ぶりをアピールしていることについて「日本のことを知りたいなら喜んで世話をする」と述べ、新政権での日台関係発展に協力する姿勢を示した。今年九月か十月に、金沢学院大で「日本人の精神」をテーマに講演する意向も示した。

 二十日の馬総統就任により、国民党が総統職と立法院(国会)議員の大多数を手にする「一党支配」の状態となる。李氏は、独裁的な政府に陥るとの見方を否定し、一党支配で「かえって民主化はやりやすくなる」と指摘。ねじれ状態にない安定的な政権で民主化をさらに進めるべきだとの考えを示した。

 「反日」のイメージが強かった馬氏が八日、日本統治時代の台湾で烏山頭ダムなどの一大水利事業を完成させた金沢市出身の八田與一技師の墓前祭に参列したことには、「並大抵のことではない」と評価し、親日へと態度を軟化させたことを歓迎した。 
 本社の取材に先立ち、「八田技師夫妻を慕い台湾と友好の会」(金沢市)の訪台に同行している金沢学院大の石田寛人学長が、李氏に同大での講演を依頼し、李氏は「承知しました」と応じた。 
 講演の時期は「もみじのころ、九月か十月」とし、昨年に続くライフワークの「奥の細道」をめぐる旅の途中に、金沢へ立ち寄るとした。李氏の県内訪問は、二〇〇四(平成十六)年以来、二度目となる。 

李登輝氏との質疑応答の主な内容は次の通り。

― 馬次期総統で日台の親善は進むのか。親善のために李氏が協力する考えは。
 馬氏は当選後、私の家に来た。私に言わせれば、馬氏は日本のことをあまり勉強していないし、よく知らない。日本のことで話を聞きたい、何か知りたいなら、私は喜んで世話をしますと言った。ただ、具体的にどうするかは言っていない。こんな高齢で大使や何かの役職に就くことはない。 

― 馬新政権で台湾の民主化はさらに進むのか。 
 総統は国民党の馬氏になり、立法院(国会)も(今年一月の選挙で)国民党が大勢を占めた。馬氏が日本嫌いで、国民党の独裁的政府になると心配する人には、こう言っている。私が国民党の総統時、立法院は大多数が同党議員だったが、(独裁でなく)かえって民主化を進めやすかった。(同じ状況になる)馬氏は台湾のため一生懸命やろうと考えれば、かえって民主化はやりやすい。馬氏には日本との関係、アジアとの関係をしっかりやれと話した。 

― 馬氏への評価は。 
 この人は割と正直でクリーンだ。彼が烏山頭ダムに出向き、八田技師の墓前祭に参列したのは、並大抵のことじゃない。私の本にある、八田さんの「日本人の精神」を読んだのかもしれない。馬氏をあまり変な偏見で見てはいけない。 

― 福田康夫首相の支持率が低下している。今の日本の政治をどうみるか。 
 今の日本の指導者は、もう少し強くやらないと。弱々しい格好では、人民は歯がゆくてしょうがない。 
    ○ ○ ○ ○ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
< 宮崎正弘の新刊予告 >
『北京五輪後、中国はどうなる?』(五月下旬刊。並木書房、予価1680円)。
  20日過ぎに予約特典の募集をおこないます
  (1)著者サイン入り、(2)送料無料、(3)振り込み手数料無料。(4)発売前日までに到着の四大特典。応募要領は「並木書房」から本欄に月末に告示されます。


   ♪
(( 最新刊 ))
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
    

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_st?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&rs=465610&page=1&rh=n%3A465610%2Cp_27%3A%8B%7B%8D%E8+%90%B3%8DO&sort=-pubdate

『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』 阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/05/12

    タキシードでもなく燕尾服でもなくスーツにネクタイという軽装で、天皇陛下に接する態度に唖然、呆然、愕然である。

  • 名無しさん2008/05/12

    ビルマの軍政についてですが、確か以前過去のビルマの軍政礼賛の記事があったように思うのですが、現在の軍事独裁政権についてはどう思われますでしょうか?私は支那が現在の軍事独裁政権のバックにいるという記事を見て、コキントーがチベット人を虐殺したアジアのヒトラーなら、現在のビルマはアジアのダルフールだと感じているのですが。

  • 名無しさん2008/05/12

    陛下の「胡」宿舎御訪問、利用されるのが当たり前と言う事が判らない神経?これは政府・外務省・宮内庁の犯罪でしょう。

    告訴しても良い位のモノと思います。