国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/04/17

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)4月18日(金曜日)
        通巻第2162号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 北京に突貫工事で「チベット博物館」を準備していたが。。
   かような事情でオープンを北京五輪以後の秋口に延期へ
****************************************

 中国はチベットの歴史を骨の髄まで改竄して、こともあろうに北京に「チベット博物館」を建てている。
ここに嘘の展示物を並べることは火を見るよりも明らか。
展示の中味は「古代より、チベットは中国の一部」という、誰が発明したのか、世界の歴史家も呆然とするほどのフィクションの押しつけ、つまり中国共産党のチベット侵略の正当化である。「抗日人民戦争記念館」(いわゆる廬講橋の反日記念館)と中味はどっこい・どっこいの漢族中心史観、中華思想による歴史の改竄だ。
 
 チベットの虐殺に対しての世界中からの批判を「西側の情報謀略」と、ひっくり返るような論理を振りかざし、自らのチベット「侵略」を「解放」とすり替え、夥しい「僧侶虐殺」を「封建の悪弊を排除」と言いかえ、さらに「ダライラマ」を分離主義者、独立分子、悪人として攻撃している。
 こんな嘘放送を並べた「チベット博物館」を五輪前開館と宣伝して棟上げを急いでいたが、突如、開館延期の模様となった(ヘラルドトリビューン、4月17日付け)。

 最大の理由は嘘がまとめてバレるからだ。
 五輪前に世界から押し寄せるテレビ、新聞、ラジオ、雑誌関係のジャーナリストは四万人とも言う。
多くはスポーツジャーナリストだからチベットの歴史に無知、したがってチベット博物館の展示を、専門家を連れて見に行くだろう。
 「あれも嘘、これも嘘、みんな嘘」が一気に暴露される懼れが強い。

 九世紀、中原を支配した王朝は唐、長安を吐蕃(チベット)に軍事的に陥落され、ついにはラサに唐が屈服、姫君を嫁がせた(人質に差し出した)。
 この姫君をむかえるために建立されたのがポタラ宮殿で、嫁入りした文成公主は、漢族の歴史のヒロインとなって、美談が仕立てられ各地に巨大なモニュメント、銅像がある。


▲吐番に嫁いだ漢族の花嫁

 吐蕃は、現在のチベット自治区だけではなく青海省、甘粛省、寧夏回族自治区、四川省から貴洲省の一部を従えた広大な領土を誇り、当時の地政学でいえば、唐なんぞ問題ではなかった。
 覇権を握っていたのは吐蕃だった。

 こういう歴史はみごとに書き換えられた。
 元と清がチベットを征服した。それは事実だが、いまの中国の歴史では元(1270−1368)も清(1644−1912)も漢族の王朝ではなかったということを書いていない。
異民族支配の奴隷だったのが漢族だが、最近はみんな「中華民族」という架空の概念で統括し、あたかも民族対立がないような法螺吹きを続けている。

 つまり中国がチベットを支配し領有した事実ではなく、帝国の版図であり、ましてや元と清のあいだの「明王朝」はチベットとの関係が希薄で、その時代のチベットは、事実上独立していたとも言える。
 中国がチベットを侵略したのは1951年、そして59年ダライ・ラマのインド亡命により、爾後のチベットを支配するために完全なる洗脳教育とダライラマへの憎しみを仏教僧侶に教え込み、チベット族には母国語であるチベット語を禁じ、パンチェンラマの偽物をしつらえて、ついにはチベット文化の虐殺を開始したというわけだ。

 いまチベットに残る仏教寺院の多くは観光用であり、僧侶の多くは共産党員を兼ねるか、或いはスパイが混入している。本物の僧侶は処刑拷問獄中死あるいはインドへヒマラヤを越えて逃げた。か、逃げられずヒマラヤの山々に消えた。

 チベットの歴史はかき消され、中華思想が入ってきた。
 その政治宣伝の道具の一つを北京におったてていた。
そうした改竄歴史観を北京でも「チベット博物館」なるものを通じて、中国共産党支配を正当化するプロパガンダ戦略の一環として、北京を訪問する学童、公務員ばかりか、外国人観光客にも、インチキな歴史をすり込もうとしていた。

 チベット虐殺事件以後、世界のマスコミが北京を批判し、聖火リレーが各地で妨害されたとなると、五輪前に強硬にチベット博物館を開館してしまったら、嘘の歴史改竄に非難が集中することになる。
それで北京五輪後のオープンとするらしいのだ。

       ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  :*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 今月の拙論 >>

(1)「中国人とはどう付き合うべきか」(『週刊現代』、5月3日号、4月21日発売)
(2)「追悼 片岡鉄哉先生」(『月刊日本』5月号、4月22日発売)
(3)「チャイナマネーは張り子の虎」(『ボイス』五月号、発売中)。
(4)「東京市場はなぜ弱気なのか」(『自由』五月号巻頭エッセイ。発売中)
(5)「台湾ルポ 馬英九当選の真因を探る」(『財界』4月22日号、発売中)
(6)「台湾選挙観戦記」(『正論』五月号、発売中)
(7)「中国経済は未来が見えなくなった」(『経営速報』、四月下旬発行)
(8)「広州の最近事情」(『共同ウィークリー』、5月初旬発行)
(9)『チベットの本質とはなにか』(『撃論ムック』、五月初旬発売別冊)
       ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ ♪
佐賀県ならびに長崎県、福岡県、熊本県の読者にお知らせ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

佐賀『土曜セミナ−』の講師は石平氏です。
どなたでも予約なしでご参加できます。

  時:4月19日(土曜)2時開演
  場 所:佐賀市天神3丁目 アバンセ1Fホ−ル
 http://www.pref.saga.lg.jp/manabinetsaga/avance/riyo/riyo8-1.html

  講 師:石 平 先生
  演 題:「最近の日中関係と中国情勢」
  入場無料
お問い合わせ 0952−23−5020
  ◎予約の必要ありません。どなたでも参加できます。
   石平さんの熱弁をお聞き下さい!
      ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
福岡県南部の読者の皆さんへ
 「日本会議福岡 県南支部 講演会」
   ♪
  とき:4月29日(祭) 14時30分〜16時20分
場所:福岡県久留米市六ツ門町16−1  
     ホテルニュープラザ久留米(0942−33−0010)
http://www.newplaza.net/map.html

  講師:百地 章 先生(日本大学教授)
  演題:「人権擁護法案は憲法違反」
  参加費:千円(予約の必要はありません)
  お問い合わせ 0944−74−1355 中島重夫
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の新刊 >> 
  宮崎正弘・黄文雄共著
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
  http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
      ♪
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))

『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
『2008年 世界大動乱』 (改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』 (阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『中国から日本企業は撤退せよ!』 (阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
     △
 宮崎正弘 全著作一覧 (これまでの128冊の著作リストを閲覧できます)
 http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/04/18

    チベット問題がこれだけ騒がれているのに、日本の雑誌、論壇、マスコミにおいて、チベットとチャイナ(いわゆる漢人の王朝、国家)との歴史的関係、および現状がチャイナによるチベット侵略であることを史実に沿って解説した記事、報道がほとんどなされていないことには違和感を覚えます(月刊雑誌では来月号くらいで特集されるのでしょうか?)。

    チベットとチャイナの歴史的関係の理解は、チベット問題の本質を理解するために必須であるし、チベット問題についての現在のチャイナ政府の不当性を突く最も強力な論点と思われます。

    チベット問題の真の解決(独立)のためには、チベットとチャイナとの歴史的な関係の理解が、日本を含む世界中で得られていることが必要なのでは、と感じられます、、、、、この理解の過程の中で、満州国も決して根拠のない国家ではなかったことの理解も進む訳ですが。