国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/03/27


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  3月28日(金曜日) 
通巻第2135号   (27日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 上海の近郊にムスリムの聚落が出現していた
  北京五輪を控え、テロリストの巣窟となる懼れ、なきにしも非ず
***************************************

 上海郊外に義烏(イーウー)という町がある。世界的に有名な理由はここが偽物工場のメッカだからだ。
 観光客もグッチやディオールの偽物を買い込むためにわざわざやってくる。あれほど著作権侵害を強調してやまないアメリカ人がバスツアーで一番多いのも矛盾した話。インドやアラブからのバイヤーも多い。

 異変は二年ほど前から始まった。
 アラブ系ムスリムが次々と中国へやってきて義烏に住み着いたのだ。資源重視外交を取る中国がアラブ諸国との交流を深化させようと留学生を大量に受け入れた動きに連動している。
 アラブ人ははやくも二千人に達しており数年以内には二万人にふくれあがる勢いだという(英誌『エコノミスト』、08年2月15日号)。

 彼らは半年間有効のビジネスビザで中国に入り、やすい繊維製品を買い付けて中東の物流拠点であるドバイに輸出し、半年経つと香港へ出国してビザを更新して義烏に戻ってくる。
中国をでる気配がまったくない。
 しかも中国国内のムスリムと連帯して新しいイスラム教のコミュニティを形成しつつある。

 北京は五輪を控えてイスラム過激派によるテロをもっとも警戒している。
 昨秋の中国共産党第十七回大会開催中は、北京市内随所に軍と警察に加え八十四万人もの「私服」がテロ警戒のために配置された。
 また2月14日には新彊ウィグル自治区で軍と過激派の銃撃戦が展開され新華社によれば「テロリスト十八名を銃殺した」という事件がおきた。こういう折に上海近辺にムスリムの集落が形成され、イスラム教徒がおおっぴらな宗教儀式を繰り広げるとなると北京中央の心中は穏やかではないだろう。

 そうした中国側の神経質をよそに上海空港には陸続としてアラブからの「バイヤー」が到着している。やがて大きな問題に発展する可能性が高い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<< 書評 >>>


石平『知っているようで知らない、これが本当の中国、33のツボ』(海龍社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 硬質の中国論や日本歴史との比較などを主に書かれてきた石さんだが、意外とジャーナリスティックな感覚があることを本書を通読して再確認した。
 なぜ中国は反日プロパガンダをつづけ、バブル崩壊をもろともせずに、猛毒をまき散らしても平然としているのか?
 平易に簡潔に事態を33にわけて解説している。
 さて本書の紹介より、愉しい企画があることを紹介したい。

  「石平さんの新刊を祝い、今後の活躍を励ます夕べ」
  @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 謹啓 めっきり春らしくなりました。
 皆様におかれてはご健勝のことと大慶に存じ上げます。
 さて来日されて足かけ二十年、このところめざましい活躍をされている石平さんですが、自伝的回想『私は毛主席の小戦士だった』が俄然、論壇の注目を集め、保守系の雑誌では常連の執筆陣に加わりました。昨年師走には念願の日本国籍を取得され、次の仕事は現代のフェノロサでしょうか。
 石平さんの今後ますますの活躍に期待することは、これからの日中関係、とくに真の友好とは何かを考える上でも重要です。また四月には新刊を海竜社から上梓されます。
 そこで日頃の酒友だけではなく、広く氏の先輩・友人・知己相集い、一夕、石さんを囲む会を企画しました。氏を励ますことになるのか、逆に励まされるのかは当日のお楽しみ。
 要領は下記の通りです。ご光臨いただければ幸甚です。
       記
とき     4月25日(金曜日)  午後六時半 (六時開場)
ところ    市ヶ谷「ホテル・グランド・ヒル市ヶ谷」。三階「瑠璃の間」。
会費     お一人 一万円 (新刊書籍代を含みます)

<発起人> 井尻千男、伊藤哲夫、伊原吉之助、植田剛彦、遠藤浩一、呉善花、大島信三、
岡崎久彦、小田村四郎、葛西敬之、加瀬英明、日下公人、黄文雄、小山孝雄、下村のぶ子、
高山正之、田久保忠衛、中嶋嶺雄、中條高徳、中西輝政、西尾幹二、西村幸祐、西村真悟、
花岡信昭、花田紀凱、藤井厳喜、藤岡信勝、ペマ・ギャルポ、水島総、ミッキー安川、
南丘喜八郎、宮崎正弘、屋山太郎、山谷えり子、渡部昇一、渡辺利夫

  事務局 〒104―0045 東京都中央区築地2―11―26 MKビル七階
  海竜社気付 「石平さんの新刊を祝い、今後の活躍を励ます夕べ」
         (担当 美野晴代)

 というわけで石平さんのファンの方にも参加できる特別枠をつくりました。参加ご希望の方は下記へメールでお申し込み下さい。予約制。先着十名に限らせていただきます。
  Sna76980@yahoo.co.jp

(「4月25日 石平さんの出版記念会出席希望」と書いて下さい)
  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪
((( 宮崎正弘の新刊予告 ))) 
 28日 全国主要書店に並びます! 
上製、280ページで廉価

宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
△  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 貴誌3月26日(第2132号)で下記を拝見しました。
 「中野校友会の方から、吉原先生がご講演した時のVTR「真木和泉守を語る」を頂戴し、手許にございます。また平成14年8月には、吉原先生の論集『維新史談(全370頁)』が非売品として刊行されています。
 同著には『神皇正統記』についての論文は掲載されておりませんが、第一章「明治維新史譚」には、中野学校でご講義なされたであろうと思われる「国体学」に係わるところが数多く見受けられます。中野学校教育と関連して、大川周明博士の「大川塾」(満鉄・東亜経済調査局附属研究所)や安岡正篤氏の「日本農士学校」、これらの教育機関のカリキュラム内容をはじめ、その精神哲学を調査・研究し実践することが、現下我が国教育改革の端緒となるのではないでしょうか?(TH生、埼玉県)」(引用止め)。
 小生は大学時代に神奈川県厚木市に住んでおりました。吉原政巳にはその時に接し、車イスの障害者となる前の一年間は日本史の講義を受け、その後は手紙にて親しくご指導いただきました。お嬢様が監修された『維新史談(全370頁)』は持っておりますが、VTR「真木和泉守を語る」については知りませんでした。お嬢様の「監修」ではなく、お嬢様・佳子さんの発刊「企画」です。真木和泉について先生は維新史の中で非常に重要な人物として考えられておられました。このこと今後研究したいと思っております。(TH生、埼玉県)への連絡がおつきになるのであれば、宜しければ小生の方までご連絡していただけるようにご連絡してもらえないでしょうか。 非常に失礼ですが宜しくお願い致します。
(馬場能久、福岡)。「(編集部より)埼玉のTHさん、ご連絡をお待ちしております。


さてお申し出のありました 福岡県・馬場さん。吉原先生のご薫陶を受けられた方のようで、また宮崎さんのメルマガ愛読者でもあり、ご期待に添えるようVTRをDVDにダビングしておきます。(有志との上映会?は良しとして、映像は第三者へ配布しないことを条件とします)  

 吉原政巳先生のご講演VTRは、平成11年の「楠公社 秋季例祭」時の特別講演です。  
 吉原先生の発願で中野学校に建立した「楠公社」も、群馬県富岡へ疎開したさい遷座。終戦により奉焼、その灰を中野学校在学中の狩野氏(昨年ご逝去)が黒姫山に建立した「楠公社」のご神体として祀っておられました。
 特別講演は、同楠公社の神前で行われたもので、吉原先生のご葬儀後、狩野氏からVTRを拝受しました(隣接の畑での農作業中の耕運機の音が耳障りですが・・・)。


(宮崎正弘事務所から)というわけで馬場さん。ご住所をご教示下さい。完成次第、DVDをお送りします。



  ♪
(読者の声2)下記の情報をお知らせさせていただきます。
【3月29日緊急討論会 】 チベット虐殺から中国共産党と08年五輪を見る

3月14日に、世界の良識のある人々の憤慨を招いたチベット人僧侶及び一般住民に対する虐殺が発生した後、中共当局はチベット周辺の地区で平和抗議を行うチベット人に対して血まみれの武装弾圧を未だに続けている。そうした中、北京五輪聖火リレーで来月に長野市を走るメンバーが早速発表され、採火式は24日、多くの抗議者がオリンピア遺跡周辺に集まる中で行われ、「血まみれの北京五輪」の導火線に火がついた。

 オリンピックを北京で開催する条件として中国の人権改善を約束した中共当局は、その約束を守るどころか、報道規制の強化、民主活動家や政府批判者、迫害停止を求める法輪功学習者などの取り締まりを強めている。
このような中共当局を、日本政府や国民は歓迎してよいのだろうか。
緊急討論会 「チベット虐殺から中国共産党と08年五輪を見る」を以下のとおり開催しますので、皆様多数のご参加をよろしくお願い申し上げます。

 場所:東京都豊島区駒込2-2-2 駒込地域文化創造館(旧 社会教育会館)
 交通:JR駒込駅北口、或は地下鉄南北線駒込駅4番出口より徒歩2分
  (http://www.toshima-mirai.jp/center/e_komagome/

 日時:2008年3月29日(土)  18:30-20:30
 主催:大紀元時報、新唐人テレビ
 お問合せ先: 電話 03-6809-6082 (大紀元)
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
「北京五輪にNOを!」
 緊急国民集会 4月10日豊島公会堂(午後六時)詳しくは下記へ
http://miyazaki.xii.jp/sina/index.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
((( 宮崎正弘の新刊予告 ))) 
 28日 全国主要書店に並びます!
宮崎正弘・黄文雄共著 『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1500円プラス税)
△  △
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
     ♪
  『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
  http://www.7andy.jp/books/detail?accd=32009305

『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
   http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200710130007o.nwc
   (書評と申し込み方法 ↑)
     

『2008年 世界大動乱』 (改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』 (阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『中国から日本企業は撤退せよ!』 (阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
     △
宮崎正弘全著作一覧 (これまでの127冊の著作リストを閲覧できます)
http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
       ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。