国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/03/25


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  3月25日(火曜日) 
通巻第2131号   
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

北京五輪のNO 緊急国民集会を開催
   4月10日午後六時 豊島公会堂
***************************************

 チベットに血の弾圧と大虐殺、毒餃子は日本が入れた、台湾は飲み込むぞ
 おぞましき隣人、世界最悪の人権無視、環境汚染の中国がオリンピックを開く資格があるのでしょうか?

  緊急の国民集会が開催されます!
  登壇 大原康男、加瀬英明、殿岡昭朗、平松茂雄、ペマ・ギャルポ、宮崎正弘ほか

  とき    4月10日 午後六時半(六時開場)
  ところ   池袋東口「豊島公会堂」
  入場無料  どなたでも予約なしで参加できます
  問い合わせ 高池法律事務所
  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) チュウゴクはどうしようもないですね。
悪いのはアメリカはじめEU、日本です。チュウゴクの13億市場規模に惑わされ、倫理、正義、人倫、惻隠・・・などの人間を人間たらしめる形而上の価値を経済、ゼニ儲け、カネの価値の下に置いたこと・・・・・。
これにチュウゴクは「何をしても怖いものは無い、外国はもっともらしいことをいっても、またチュウゴクが何をしても必ずついてくる  ⇒  ついてこざるを得ない」とほくそえみ、高をくくり、チベットが陸の孤島という地理条件も最大限「悪用して」好き勝手をする・・・・それは今後もさらに続くでしょう。
何をしてもしかられらない、怒られないことから発生する「学級崩壊」的現象と変わりません。
甘やかせば増長するという原理は、個人より国際の場においてより一般的です。
それにしても産経新聞以外、日本のメディアはあまりにも頼りないですね。
     (TK生、世田谷区)


(宮崎正弘のコメント)というわけで、昨晩遅く台北取材から戻りました。結果については、いまさら申し上げるまでもないことですので、詳しくは近日。
 台北から中継でラジオとテレビに出演染ました。ごらんになった方も多いかと思います。
 馬英九が当選の翌日、インタビューができました。



  ♪
(読者の声2)下記に掲げるのは「人民網日本語版」2008年3月18日の記事です。
 歴史に残る嘘放送の典型的文章として、われわれはこれを長く記憶したいと思います。

 (引用開始)
 「 西蔵(チベット)自治区の向巴平措(シャンパ・プンツォク)主席は17日、両会(全人代と全国政協)出席のため滞在中の北京で記者会見し、拉薩(ラサ)で発生した暴行・破壊・略奪・放火事件の状況について、次のように語った。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 

  拉薩市で14日、暴行・破壊・略奪・放火の重大な暴力犯罪事件が発生した。これはダライ・ラマ集団が組織的、策謀的、入念に画策煽動し、内外の「西蔵独立」分裂勢力が互いに結託して引き起こしたものだ。 
   14日午前11時頃、一部の僧侶が小昭(ラモチェ)寺で勤務中の人民警察を石で攻撃した。その後、一部の暴徒が八廓街(バルコル)に集結を始め、国家分裂のスローガンを叫び、暴行・破壊・略奪・放火活動を公然とはたらき、事態は急速に拡大していった。 

  不法分子は拉薩市街の主要通りに面した商店、小中学校、病院、銀行、電力・通信施設、報道機関などに暴行・破壊・略奪・放火をはたらき、路上の車両を焼き払い、通行人を追って殴打し、デパート・通信拠点・政府機関を襲撃し、現地住民の生命と財産に重大な損失をもたらし、現地の社会秩序を深刻に破壊した。 
  今回の事件の発生は、実際には3月10日に一部の不法分子が不法に集結して起こした騒動に遡る。これら不法分子は公安・人民警察の制止を聞かず、「西蔵独立」のスローガンを叫び、勤務中の人民警察を挑発し、罵り、棒・小石・匕首を用いて暴力的な攻撃を行った。 

  わたしが現在把握している状況によると、今回拉薩で発生した暴行・破壊・略奪・放火暴力事件で、暴徒は車両計56台を破壊・放火し、無辜の市民13人を焼き殺し、あるいは切り殺し、公安・人民警察は数10人が負傷、うち4人が重傷を負った。武装警察は61人が負傷し、うち6人が重傷を負った。暴徒は300カ所余りに放火し、民家・商店計214棟を焼き払った。 
  西蔵の各民族人民は、拉薩で発生したこの暴行・破壊・略奪・放火の暴力犯罪事件に、極めて大きな憤りと厳しい非難を表明している。西蔵自治区は迅速に公安・武装警察・その他関係方面を組織し、火災を鎮火し、負傷者を手当するとともに、学校・病院・銀行・政府機関の治安維持を強化し、暴行・破壊・略奪・放火の暴力犯罪活動を法に基づき取り締まった。私たちの取ったこれらの措置は、社会の安定を守り、国家の法制を守り、西蔵各民族人民の根本利益を守るためのものである。現在、拉薩情勢はすでに落ち着き始め、社会秩序は安定を取り戻している」。(「人民網日本語版」2008年3月18日)。
  (引用止め)。

 これを読みながら、南京大虐殺の嘘をでっち上げた中央宣伝部などの、手口の浅薄さ、コトバの宣伝色だらけと自己中心主義を連想したのでした。
  (FY生)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
沖縄問題と教科書で緊急シンポジウムが開催されます
http://www.tsukurukai.com/08_simpo/simpo200329.html

□日時=3月29日(土)午後6時50分開演
□会場=杉並公会堂(荻窪駅北口から徒歩7分)
□登壇者と発言テーマ=櫻井よしこ(台湾総統選後の東アジアと日本の国家戦略)
 田久保忠衛(中国に狙われる沖縄と「沖縄独立論」の今昔)
 恵隆之介(沖縄戦で日本軍は全力で県民を守った)
 松本藤一(3.28集団自決冤罪訴訟大阪地裁判決の論理)
 梅澤裕(冤罪訴訟の原告となって)
 藤岡信勝(集団自決の真相と教科書検定)
 高森明勅(司会・コーディネーター)
□第二部 シンポジウム
□主催=新しい歴史教科書をつくる会 □参加費 2000円
□開催趣旨=今、沖縄は狙われています。台湾総統選での国民党の政権奪取と、沖縄集団自決冤罪訴訟判決を踏まえ、地政学的に重要な沖縄をめぐる問題を、各テーマの第一人者が多角的・総合的に論じます。沖縄を軸にして日本国家のあり方と教育の問題を考える必見のシンポジウムです。
□申込み方法=朝10時以降「つくる会事務所」まで電話(03−5800−8552)にてお申し込み下さい。
       ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
日本を守ろう!
在日特権・外国人参政権・人権擁護法案に反対する国民大集会

主催:在日特権を許さない市民の会

平成20年3月30日(日) 12:30開始予定
日比谷野外大音楽堂(http://hibiya-kokaido.com/map.html )
収容人員(立見席含む)3114席プラス車いす席5席

入場無料(※当日は会場に寄付箱を設置します。)
第一部
在日特権・外国人参政権・人権擁護法案の現状報告など
・主催者あいさつ&現状報告 桜井誠
来賓ゲストによるリレートーク

第二部
在日特権・外国人参政権・人権擁護法案についてのシンポジウム
司会/西村幸祐氏

集会終了後、15:00〜野音からスタートする2000人の国民大行進(日比谷・新橋周辺、1時間を予定)。
各自趣向を凝らしたプラカードをご持参ください。
 ※注意※
1.主催スタッフの指示に従い、規律ある行動をお願いします。
2.極端な誹謗中傷のプラカード、野次などは禁止します。
3.特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください。
4.喫煙は会場内の指定場所のみにてお願いします。
5.当日は外部からの取材で撮影が入ります。
6.ゴミは極力各自でお持ち帰りください。
   ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「台湾の三島由紀夫」と呼ばれる男 鄭南榕先生を偲ぶ会
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 戒厳令下の台湾において、公開の場で初めて台湾の独立建国を叫び、2・28事件の真相究明を求め、遂には一死をもって国民党の圧政に抗し、台湾に民主・自由の道を切り開いた国士・鄭南榕烈士。
「台湾の三島由紀夫」と呼ばれる所以である。

 自由時代社を主宰していた鄭烈士は1988年(昭和63年)末、許世楷氏(台湾独立建国聯盟主席、現駐日代表)の「台湾共和国憲法草案」を、自ら編集長をつとめる週刊誌「自由時代」に掲載したところ、検察は叛乱罪容疑で逮捕しようとした。
だが、鄭烈士は頑として応じず、台北市内の自社に籠城して国民党の圧制に抗議し、完全な言論の自由を求め、「国民党が私を逮捕できるとすれば私の屍だけだ」と宣言。そして翌年4月7日午前9時過ぎ、警官隊が包囲する中、自らガソリンをかぶって火を放ち、覚悟の自決を遂げられたのだった。享年42。

 今年の追悼祭は台湾駐日代表処代表の許世楷先生、並びに長年日本人として鄭烈士の偉業を顕彰されてきた日台交流教育会専務理事の草開省三先生を講師に開催いたします。
 下記の次第で行いますので、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

         記
■日時  2008年4月6日(日) 午後2時〜4時30分(開場:1時30分)
■会場  文京区民センター 2F2A(東京都文京区本郷4-15-14 TEL:03-3814-6731(文京シビックセンターの斜向い)
【交通】都営地下鉄:三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分。東京メトロ:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩3分。JR総武中央線「水道橋駅」徒歩10分
■講演!)  許世楷先生(台湾駐日代表処代表)
      「鄭南榕氏が切り開いた台湾の民主化」
■講演!)  草開省三先生(日台交流教育会専務理事、日本李登輝友の会理事)
      「鄭南榕廟を台湾に」
■参加費  1,000円
■主 催  鄭南榕顕彰会[宗像隆幸会長 日台交流教育会、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム]
■お申込  4月3日(木)まで、FAXかメールにて、日本李登輝友の会まで
FAX: 03-5211-8810 E-mail:ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
----------------------------------------------------------------------------
第4回台湾建国烈士 鄭南榕先生を偲ぶ会 申込書

   ご氏名:                TEL:           
  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
((( 宮崎正弘の新刊予告 ))) 
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天した中国の野蛮』(徳間書店、3月28日発売予定、予価1600円)
△  △
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
     ♪
  『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
  http://www.7andy.jp/books/detail?accd=32009305

『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
   http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200710130007o.nwc
   (書評と申し込み方法 ↑)
     

『2008年 世界大動乱』 (改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』 (阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『中国から日本企業は撤退せよ!』 (阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
     △
宮崎正弘全著作一覧 (これまでの127冊の著作リストを閲覧できます)
http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
       ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。