国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/03/12


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  3月12日(水曜日) 弐 
通巻第2121号  臨時増刊号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

     △
(((((( 今週の書棚 )))))

   ♪
青木偉作『ユダヤ人の勉強法』(中経出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 サルコジ仏大統領は大胆な政治路線でEUの一方を果敢に率いるが、他方では奔放なセックス・フレンドを公衆の面前に連れ歩き、国民の顰蹙を買うかと思いきや、絶賛するフランス国民がいる。
猛烈に反発するのは在仏のイスラム教徒だ。
サルコジはユダヤ人だからである。
 キッシンジャーとかアインシュタイン、マルクスらがユダヤ人であることは広く知られる。
ノーベル賞受賞の25%がユダヤ人というからには、頭が良い人が多いのであろう。
 日本のおけるユダヤ人論議はいまでも底辺で面妖なる「ユダヤ陰謀論」がくすぶり続けているのも、潜在的な心理としてのユダヤ優秀論が流れているからだ。
 さて評者(宮崎)も、ユダヤに関しては三冊の著作があり、ユダヤ人脈に関しては詳述してきたが、本書で得た新しい情報がいくつもある。

 第一に米国連邦上下議会に、驚くべし43人ものユダヤ系議員がいることだ。下院に30名、上院に13名。リーバーマン上院議員くらいしか知らなかった。
 ユダヤ系はハリウッドとマスコミとウォール街にだけに集中し、のこりは大学教授、医者、弁護士だとばかり思っていたからこれは衝撃です。

 第二にロシアの「オルガリヒ」(新興財閥)有力七人のうちの五人がユダヤ人だという事実。
 なかでもベレゾフスキーとホドルコフスキーである。
 前者はイギリスへにげて厳重な警戒のなかを暮らしている。後者はプーチンに敵対したためえん罪をでっち上げられて刑務所暮らし。経営した最大資源会社「ユコス」は、まんまとプーチン一味に乗っ取られた。
 かつても政治銘柄ではプリマコフ、チュバイスらがユダヤ人だった。

 第三にイスラエル国家が二千年の流浪の果てに復活した秘密とは、古代エジプトもギリシアもフェニキア(カルタゴ)も、歴史から完全に消えたのと対比すると鮮やかだが、それは「ユダヤ人は優秀でないと生き残れなかった。だから優秀な人材が生き残り、くにを再建したのだ」という格言は、或る意味では明日の日本のなにかを示唆しているのではないか。



      ♪
新保裕司『信時潔』(構想社)
@@@@@@@@@@@@@

 信時潔って誰? 
かの国民愛唱歌「海ゆかば」の作曲家である。
 大変な努力家で、世界的にも有名な音楽家であったが、戦後六十年の風潮の変化の中に埋没した「海ゆかば」の曲とともに久しく忘れられていた。
 この曲は戦争中の映画の多くにも挿入され、第二国歌的な存在だった。
 だから誰もが忘れようとしたのかもしれない。伝記が一冊もない。かたや山田耕筰に関しては饒舌なほど語られ、或いは内村鑑三もキリスト教徒ゆえに語られる。
 信時潔の全曲が復刻されたのは没後四十年を経てからであった。
 
 かの大友家持が謳った
「♪ 海ゆかば水漬く屍、山ゆかば、草むす屍、大君の辺にこそ死なめ、顧みはせじ」
 これを保田輿重郎は「万葉集の精神は、偉大なる敗北を了知した上に成立している」と喝破した。学徒出陣でも謳われた。国民が大きな声で謳った。
 新保は言う。
 「近代日本の歴史の中核を凝縮したような音楽」であるのが海ゆかばだ、と。
これを作曲した人物への評価が消えていたた戦後状況に育った新保は、戦時中の回想をする場面などを文学作品をこつこつと当たり、大佛次郎や丹羽文雄といった通俗作家の文章にも遠景に使われていたことを発見する。
そこには文藝評論家としてより思想史の探検家としての才能がある。

個人的にも強い思い出がある。
 三年前だった。
 ポーツマス百周年(日露戦争勝利百年)を記念して「青年、学生」に呼びかけての集会を開催した折、1600名の参加者のなかで、最後に「海ゆかば」を合唱うを提案したとき、半分以上が知らなかったのだ。
そこで、国士舘の学生グループに一度、模範合唱をしてもらい、会場で歌詞をくばり、それから全員でホールを響かせるような大合唱が実現した。
 舞台にふさわしい選曲だった。
 その作曲家とはいったいどんな人だったのか? 信時の波乱に富んだ生涯と生活信条、精神の形成史を、本書で小生もはじめて知った。
 
:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌、台湾総統選挙取材のため3月19日から25日を休刊します。
     ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宗像さんの新作への愛情にみちた書評(貴誌2118号)を拝見しました。
台湾選挙がもめてますが、前回の総統選挙の前には2・28記念日に手護台湾大聯盟(代表は李登輝前総統、執行責任者は黄昭堂・台湾独立建国聯盟主席)が220万人を動員して人間の鎖を作りました。
今回は民進党をはじめとする多くの組織が3月16日(日)に台湾の三十数都市で謝長廷支援のデモンストレーションを行うのです。
それが最大の山場になります。
今回も手護聯盟が果たす役割が大きいと見られます。また欧米からは謝長廷支援と投票のために多数の台湾人が帰国し始めています。
日本からは台湾人だけでなく、日本人が多数、台湾へ行って謝長廷の支援活動に参加します。
    (AA生、新宿)


(宮崎正弘のコメント)来週発売の『週刊朝日』で、逆転の可能性がでてきた台湾選挙の状況を報告する予定です。ご期待下さい。宗像さんとも台北でお目もじの予定をしております。

    ◎◎◎◎ ◎◎◎◎   ◎◎◎◎ ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
((( 宮崎正弘の新刊予告))) 
黄文雄氏との共著
『世界が仰天した中国の野蛮』(徳間書店、三月下旬刊、予価1600円)
△ 
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98

  『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
  http://www.7andy.jp/books/detail?accd=32009305

『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
   http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200710130007o.nwc
   (書評と申し込み方法 ↑)
     ♪
『2008年 世界大動乱』 (改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』 (阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『中国から日本企業は撤退せよ!』 (阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
     △
宮崎正弘全著作一覧 (これまでの127冊の著作リストを閲覧できます)
http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
       ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/03/12

    ユダヤ人が人種的に優秀という訳ではなく、ユダヤ教の教義、教団組織が「優秀」だったと見るべきなんでしょうね、多分。

    勤勉、倹約、敬虔、自主自立、勇気、敢闘精神、、、



    日本は戦後、戦前の道徳律が全否定され、戦後60年を経て全ての領域において道徳律が崩壊、真空化しつつあるからなあ orz