国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/02/28


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  2月29日(金曜日)  
通巻第2106号  (2月28日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 北京五輪のテロ対策拠点は中国全土に610ヶ所
   ウィグル、チベット独立の活動家、法輪功、人権運動家をフルマークへ
****************************************

 治安対策の責任者で、昨秋から政治局常務委員に出世した周永康は「北京五輪における最大の脅威は過激派とテロリストだ。その対策に力をつくす」と昨年九月の対策会議で述べている。

フランス人ジャーナリストのロジェ・ファリゴといえば、『ルモンド』の元記者。北京語をこよなくあやつり中国の諜報機関の歴史、事件を漏らさず書いてきた世界的なチャイナ・ウォッチャーの一人(邦訳にも『中国諜報機関』、黄昭堂訳、光文社1990年刊などがある)。

 そのファリゴが新作『毛沢東から北京五輪までの中国の秘密機関』を発表した。これは氏の四十作目にあたる。

 ルモンド紙によれば中国の秘密情報部は北京五輪のために特別チームをいくつか設立、或いは臨時の組織編成替えをおこなって、テロリスト対策、法輪功対策の他にスポーツ・ジャーナリスト対策班を設置したという。

 人権擁護団体、チベット、ウィグル独立運動の活動家らは以前からフルマークだが、合計200万人のマンパワーを北京五輪対策に動員し、その予算だけでも13億ドルに登るという。
 国家公安部と秘密情報部の北京五輪のテロ対策のためのオフィスは、中国全土に610ヶ所もあり、最近陸続と入国する欧米日からのスポーツ・ジャーナリスト対策にまで手を伸ばしている。
(AFP、2月26日付け)。

  .:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・☆ .:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)一枚の絵が我が家にあります。12号です。
画家の友人が描いたもので、木板に漆喰を塗り、それが乾かないうちに絵の具を載せ染み込ませるルネサンス期の混合技法が使われています。
絵のタイトルは「遅い朝」。裸のままの背中と尻を手前に向けた女が画面中央のベッドに横たわっています。部屋の掃除に来たメイドはベッドのシーツの端を引っ張り、その女を起こそうとしています。
行きずりの男と女が片田舎の旅籠屋で一夜を過ごしますが、男は朝早々と出立し、女はそうと気付かず残されたまま夢の中にたゆたい日が高く昇っても余韻に浸って熟睡しています。
部屋の窓の外には男女が何人か屯ろして部屋の中を覗いています。彼らの後背には明るい屈託のない青空が広がり雲が湧いています。昨夜部屋での二人の出来事はすでに、明るい日の光に溶かされ消え失せてしまっているのに、夢に微睡む女の胸の中にはその残滓が今だにたゆたっています。
旅籠屋の室内の床とベッドは、遠近法を無視して垂直状態に描かれ、女はベッドからずり落ちる視的感覚を生み、女の不安定さを暗示しています。
この一枚の絵を眺めていたら、ある寓意が籠められているような思いにとらわれました。
それは、ベッドに無邪気に横たわり今尚微睡んでいる女は日本政府、その女を残しさっさと旅立った男はアメリカ政府、メイドは悠長な日本政府をそんなんじゃダメと覚醒させようとしている一部の日本国民、そして窓の外に屯ろして室内を覗いている人々は東アジアの近隣諸国に見えてきたのです。
この絵の作者は高等遊民のノンポリですから、私が思い浮べた寓意は勝手な想像に過ぎないのです。しかしこの絵の女を日本に見立てると、不思議なくらいピタリと今の日本の状況をビジュアルに表わしていると思えるのです。
    (HN生、品川)



   ♪
(読者の声2)「大正天皇の御聖徳を仰ぐ集ひ」の御案内です。
 「大正天皇の御聖徳を仰ぐ會」は、一昨年の「大正天皇の御聖徳を仰ぐ集ひ」以來活動を休止してゐましたが、久しぶりに第二回目の集ひを下記次第により開催致します。
 第一回の集ひは、大正天皇崩御八十周年といふ節目の年にふさはしく刊行された『天地十分春風吹き滿つ―大正天皇御製詩拜讀―』(錦正社刊)の著者、西川泰彦樣を講師にお招きしました。同書が、「御製詩(漢詩)竝にその關連の御製(和歌)の拜讀を通じて、大正天皇の御聖徳を仰ぎ奉らんとする書」であり、「御生涯を通じて御病弱にあらせられた」などの不敬なる偏見を排し、英邁にして剛健なる「眞の大正天皇像」を知らしめる比類なき書であることに著目しての企畫でした。
(因に本書によつて西川樣は平成十八年度の神道文化賞を受賞)
 その西川樣が昨秋、前著に續き、『貞明皇后 その御歌と御詩の世界―『貞明皇后御集』拜讀―』(錦正社刊)を上梓されました。
大正天皇の皇后であられた貞明皇后の御集を拜讀し、註・訓讀・意譯・語釋・參考等の解説を附したこの新著の目的は、御歌御詩を通して「貞明皇后の御坤徳を仰ぎ奉る」ことにあるのです。
 「御歴代の天皇の殆どは御製(和歌)を詠み給ひました。併し、御製詩(漢詩)を詠み給うた天皇は至つて少なく、大正天皇の御製詩一千三百六十七首は正に突出した數であります。…(中略)…そして、皇后にして御詩を詠まれた御方は、少なくとも記録に殘るのは貞明皇后ただお一人にまします。」「大正の御代の兩陛下は御揃ひにて御製詩、御詩の作品數が御歴代隨一にあらせられるのであります。」
 しかし、かうした事柄は一般國民の間に殆ど知られることがありません。
「東宮妃殿下として、國母陛下として、又、皇太后陛下として自づからなる國民の尊敬と仰慕を受けさせ給ひし貞明皇后」でましましたのに、御歌はさて措き御詩について知られることは無いのです。だからこそ新著の意義は大きいと言へませう。
 そして、知られることが無いといふことに關連して申せば、西川樣が前著新著の編纂執筆の過程以來、深く憂慮してをられるのは『大正天皇紀』の公刊が未だ實現を見てゐないことです。稿本とも言ふべき『大正天皇實録』は疾うに戰前に編修を終へてゐるにもかかはらず、なぜ公刊されないのか、と。
 さういふわけで今回の集ひもまた西川樣を講師にお迎へし、貞明皇后の御歌御詩の拜讀と『大正天皇紀』公刊への提言を中心にしてお話を戴きます。

【日時】3月14日(金曜)午後6時半〜9時
【會場】文京區民センター  3−D會議室(東京都文京區本郷四丁目15−14)
 電話03(3814)6731。近接の文京シビックセンター(文京シビックホール)とお間違へないやうに。都營三田線・大江戸線春日驛徒歩0分(A2出口直上)
【講師】西川泰彦樣(富山縣護國神社遺芳館研究員。太刀ケ嶺歌會主宰。神通歌會講師。劔乃會代表幹事)
【演題】御歌御詩に拜する貞明皇后の御坤徳〜併せて『大正天皇紀』の公刊を提言する〜
【參加費】一千圓
【申込み】開催日前日までに(事前申込み無き出席は不可)
【聯絡先】大正天皇の御聖徳を仰ぐ會事務局(中村信一郎)
 電話03−3712−8862(FAX兼) 攜帶090−4815−8217
 Eメールcaq97080@pop11.odn.ne.jp
     「大正天皇の御聖徳を仰ぐ會」(高池勝彦・中村信一郎)



   ♪
(読者の声3)『宝島』という雑誌を読んでいたら、こんな雑誌にまで宮崎さんの談話が掲載されていました。別冊の『宝島』では論文も書かれていましたが、緊急にこれらを集めて餃子問題での提言を行われては如何でしょうか?
   (HI生、市川)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘は有り難いのですが、餃子問題はまもなく沙汰止みとなり、このところ、マスコミが騒いでいるのは、イージス艦の事故と三浦和義でしょ。日本のマスコミはなぜこうもミーハー的・白痴的なのでしょうかねぇ。
 しかも自衛艦のほうに過失があるような書き方は左翼編向の極です。国防のあり方を伏せた、難癖の名人朝日の論調にNHKも引っかかっています。
 というわけで、五月下旬を目処に準備中の拙著新刊は、その先を読んで「北京五輪以後」に焦点を当てます。

☆.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・☆ .:*:・'゜☆.:*:・'゜★゜'・:*.:*:・☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
     ♪
((( 宮崎正弘の新刊 ))) 
  『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 (KKベストセラーズ、1680円)
   3刷まもなく出来!
『週刊新潮』、『ボイス』、『黙』など書評がたくさん出ています!
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=32009305

       △ △ △
((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』 (徳間書店、1680円)
 
    ♪
『2008年 世界大動乱』 (改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』 (阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『中国から日本企業は撤退せよ!』 (阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』 (PHP新書)
『三島由紀夫の現場』 (並木書房)
     △
宮崎正弘全著作一覧 (これまでの127冊の著作リストを閲覧できます)
http://miyazaki.xii.jp/tyosyo/index.html
       ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/02/28

    本当にマスコミは「アホ〜」と思います。虐めはいけませんと言いながら、一生懸命に虐めをやって居ります、航海長にはご家族も有るでしょう、一面に写真入で記事にする神経が判りません。

    一番「マトモ」だと思う新聞社がそれをやってる、中味の記事も今頃「ミッドウェー」の作戦と被せる記事を書く「識者」日本はどうなってるんでしょう、餃子では中国さん大喜び、アホな話です。