トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:12/19


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月19日(水曜日) 
通巻第2032号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

  民進党は50議席とります、と謝長廷(次期総統候補)は自信満々
    三月の総統選挙は「台湾維新」と「安全保障」を前面に闘う
***************************************

 台湾が中国の一部である、と首唱しているのは北京だけである。
 米国もEUも日本は「中国が『台湾は中国の領土の不可分の一部』と主張していることに『留意』する」と言っているだけで、決して認めている訳でもない。
 歴史的事実を繙いても大陸の王朝の治世が台湾におよんだことはなく、蒋介石は「連合国」の名で勝手に台湾に乗り込んで島民を支配し、宗主顔しただけである。

しかし日本のマスコミがこの点を曖昧にしているので、あたかも統一に反対し、台湾独立をいう勢力はスーダンやアフガニスタンのワーロード(武装部族や叛乱ゲリラ)のごとく扱われている。

 凄まじいほどに不公平である。
日本のマスコミへの北京の影響力の浸透は計り知れない。
 ところが日本の民意はマスコミ報道とは正反対で、秋に訪日した「統一派」の馬英九(国民党候補)の行く先々には抗議デモがあって宿舎の周辺でも「馬、帰れ!」のシュピレヒコール。
一方、今回の謝候補の訪日では京都駅でも品川駅でも大歓迎の横断幕に歓迎の人並み、17日の市ヶ谷で開催された歓迎会は超満員となった。

 「日本は米国のように『台湾関係法』を制定して欲しい」と謝長廷(元民進党主席、元高雄市長、現民進党次期総統候補)は明言した。日米アンポ条約に賛成する、とも。

 18日に東京有楽町の外国人特派員協会(外人記者クラブ)のランチョン・スピーチの席上である。
謝氏の記者会見にはメインホールが満員になる盛況で内外マスコミ各社の貴社とテレビカメラや新聞のフラッシュ。
演壇には民進党立法委員で外交アドバイザーでもある粛美琴(シュービキム)女史が並んだ。

 「今回の争点? 安全保障と経済です」
 謝長廷は、弁護士出身らしく、論理的に、ときにジョークを連発して話した。
 日本語の質問には日本語で流暢に、北京語媒体には北京語で答え、もちろん外国人記者の英語の質問には英語でこたえるというタレントぶりも発揮した。

台湾では、北京の強硬路線と、ミサイル配備や種々の恐喝により、むしろ台湾人としてのアイデンティティが拡がり(昔は30%しかなかった「わたしは台湾人だ」という意識が70%にまで拡がっている)、事実上独立している、主権のある国家という認識がほぼ確定している。
 北京の恐喝的外交は逆効果だったのだ。


 ▼北京の台湾政策は「もっと老獪になった」

 中国は明確に対台湾アプローチを換えた。
 ハードな面貌をソフトに換えてニコニコし始めたのは連戦、宋楚愈という国民党、親民党の大幹部を北京に招き、胡錦濤自らが会見して、話し合いのポーズを示したことに象徴される。
選挙に関してもミサイルをぶっ放すジェスチャーさえ見せず、いや、内政干渉的な行為を表立ってはしていない。

 しかし裏面では台湾財界、ならびに台湾マスコミ工作を着々と進め、世論の分断を図っている。
 台湾分裂を制止する「反国家分裂法」を制定したが、この一方的な新法がカバーしているのは台湾全島ばかりか、尖閣諸島を含んでいる。日本政府はこのことに抗議の声を挙げていない。
 同時に台湾財界の有力者をつぎつぎと陥落させ、財界有力者に「両岸和平法」なる提案をさせている。

 外交方面の工作はもっと重要かつ深刻である。
 北京は米国と反テロで協力する路線に便乗して、ワシントンの台湾擁護姿勢に露骨に介入し、先般は「台湾住民投票」に関して米国は「独立を示唆するいかなる政治行動にも反対する」と露骨な政治介入を台北に対して行った。
陳水扁政権は狼狽した。日本もこれに便乗して台湾に住民投票への疑義をつたえるという外交上の失態、台湾への内政干渉をおこなって台湾の民衆を失望させた。

 しかし総選挙と三月の総統選挙前哨戦を現段階で眺める限り、中国は台湾問題に表立った介入をせず、したがって米国も、同時に行われる住民投票への態度を表明していない。
 次回の住民投票は、「台湾が国連加盟を『台湾』の名前で行う」(民進党)か、「国連に『中華民国』の名前で復帰するか」を住民に問うというもの。率直に言って法律的有効性も国際的な合法性もない。

 「政治効果を見極めた上で徒らに反発して台湾民衆の反中国勘定を刺激するより、もっと老獪に洗練されたアプローチをしてきた。北京がソフトに見えるのは戦術の変更にすぎない」(膨明敏・総統前資政。96年の民進党総統候補者。このとき副総統候補が謝氏だった)
     
  スピーチの最後に謝長廷候補は、質問に答えるかたちで、「総選挙では民進党は50議席を目指している」と明言し、自信のほどを示した。
 総選挙では与党の敗色が濃厚だが、総統選挙に関して言えば、この安全保障問題、アイデンティティ問題ならびに住民投票の心理効果が輻輳し、決して世論調査が示唆するような馬英九独走というムードではないようである。

    ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ 
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. メルマが11月より届かなくなりました。再登録してもだめです。一度、解除してから再登録してみます。どうしたのでしょう?

    名古屋AS 2007/12/20

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13243人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    5697人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事