国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/12/18


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月18日(火曜日) 
通巻第2031号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(速報)
  台湾総選挙、国民党が71,民進党は39席で惨敗の可能性
    米国CSISの研究員が予測
***************************************

 タイペイタイムズが17日に報ずるところによれば、来年1月12日に行われる台湾の総選挙で、与党民進党が伸びなやみ、野党=国民党・親民党連合に大敗する可能性が高いという。

 これはワシントンCSISの研究員、呉重礼が予測したデータを報道しただけの記事だが、国民党と親民党連合(汎藍連合)は選挙で71議席(小選挙区で48,比例区で18,少数民族区で5)、一方与党の汎緑連合(民心党、台湾団結連盟)は、39議席の確保にとどまるという(選挙区で25,比例区で13,少数民族で区で1)。

 全滅が予想されている台湾団結連盟は、呉研究員の予測では3議席を確保する可能性が残るとしている。

もともと一般的予測でも台北から台南にかけて、国民党の組織票は圧倒的であり、台南など台湾南部でも与党が苦戦している。
 しかし3月22日の総統選挙に関しては、総選挙結果をかならずしも繁栄せず、依然として馬英九と謝長廷とは僅差のデッドヒートが続いている。

          ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ 
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • K.s(kanagawa)2007/12/18

    福田総理が、中国で約束して来るだろう、公害防止機器の、輸出は1年ぐらいで、製品はできない、2−3年掛かるが、その年内に、第2の文革(内戦)が起きる可能性の方が大きい、とおもいます、もし売るなら、米国の兵器並みの価格2−3ばいで、売ればよい、各メーカーよ尻尾を下げていくな、馬鹿は政治家、と官僚だけで沢山です。

  • K.S(kanagawa)2007/12/18

    サブプライム問題に、各国中央銀行が融資したのわ、負債が多く国内に抱えこんだ、国の順番であろうと、推理される。インフレと不況が米、中を襲わない内に宮崎先生の言うとぅり、日本企業は早くひきあげろ、

  • 名無しさん2007/12/18

    台湾総統戦、余り良い傾向ではないようですね、国民の意識も中国の一部と考える人が居るのでしょうか?日本にもおかしいのがたくさん居ますので双方とも心配です。