トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:12/13


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月13日(木曜日) 
通巻第2027号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 レイムダックのブッシュ政権からポールソン財務長官が五回目の訪中
  これもレイムダックの呉儀副首相と何を話し合うのか?
****************************************

 「米中戦略経済対話」が北京で開催されている。おそらく今日(13日)、共同声明が発表されるだろう。
 就任以来僅か2年間で、五回目の訪中をはたしたポールソン財務長官は、いったい何を考えて日本の頭越しに北京に通うのか?
 小沢一郎訪中団と同様に北京に媚びる必要は、なにが原因か。

 米国がかかえる経済危機は、いうまでもなくサブプライム問題である。
錚々たる金融機関の債権の破綻、紙くずか現象は、シティ、メリル、モルガン、UBS、バンカメを揺らし、邦貨換算で8兆円が消えた。FRBは利下げを敢行し、ついで欧州へ膨大なドル融資を行った。

 シティ・グループの危機は、こんどもまたペトロダラーで救われた。
80年代の危機はサウジの王子様が、緊急の増資に応じた。今回はアブダビ投資庁が74億ドル強もの増資がなされ、シティは、ルービン元財務長官を緊急に次期CEOに指名し、破産回避を計った。

 ポールソン財務長官は、ブッシュ政権の終わりの日々の財務金融政策を司るが、有終の美を飾れそうになく、政治的にはイラク問題の手詰まり、経済的には猛烈インフレ、原油高、株価暴落、景気の失速を闘う。

 サブプライム問題と原油高がセットとなったドル安が第一の問題である。
 中国はありあまる外貨から2000億ドルを当面の原資として「ソブレインファンド」を設立し、まずはブラックストンに出資したが、これが失敗。33%の損出を出して、米国への投資を控え、ユーロ高の欧州への投資に目を向けた。投資ポートフォリオをドル集中路線から、大幅に軌道修正しているのだ。
 ポールソン財務長官は、これを「中国の脅威」を受け止めた。


 ▼人民元の切り上げ要求は北京から軽く蹴られるだろう


 第二は懸案の人民元切り上げだが、この要求の喫緊度は低くなった。相手も呉儀副首相、引退してゆくオバサン相手に効果的取引は出来ないだろう。
 06年以来、中国は人民元を徐々に切り上げてきたが、にも関わらず中国の対米輸出はとまらない。両国の貿易不均衡は拡大の一途だ。
 
 第三は中国の姿勢の変化である。
北京はすでにブッシュの次の政権を見極めようとしており、民主党への膨大な献金、とくにクリントン陣営への不正献金が暴露されたが、陰に陽に次期政権への食い込みを見せており、ポールソン財務長官がどれほど吠えようと、軽くあしらおうという姿勢がみえみえになる。
 「だから米中戦略対話で驚くほどの成果は期待できないだろう」(ウィリアム・ペサク、ブルームバーグニュース、12日付け)。

 筆者の見るところ、レイムダック入りした米国のポールソン財務長官訪中の意図は、人民元切り上げ要求よりも、じつは中国の外貨ファンドから、米国の金融機関への出資要請にあるのではないか。それこそが米中経済同盟下の「ステークホルダー関係」の実践ということになるのだから。(もちろん、米国は日本の金融機関にも出資の要請をしている)。

 85年プラザ合意前から、93年のバブル破綻へと向かった波乱の過程のなかで、日本の金融業界の再編がなされ、日本は国際金融のキィプレイヤーだった位置を滑り落ちた。
その地位は、911テロ以後の米国の中国重視、ステークホルダー視、戦略的パートナーシップという大転換以後、中国にとって替わられた。
 つまり、中国が、世界金融のキープレイヤーとして、登場している!

          ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
((( 随筆 )))
 「サイデンステッカーさんの不思議な時計」
http://miyazaki.xii.jp/misima/index3.html
http://miyazaki.xii.jp/misima/index.html
 「憂国忌発起人」でもあり、35回忌には登壇した名翻訳家サイデンさんへの哀惜と追悼の随筆です。
    ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(お知らせ)天長節と正月の皇居一般参賀について。

 12月23日(天長節)ならびに平成20年1月2日(新年)皇居参賀・日の丸小旗配布奉仕のご案内を申し上げます。
  
☆集合時間  両日とも午前8時20分
☆集合場所  本部テント前(馬場先濠堤・行幸通り側/例年お弁当を頂くテントです)行幸通りを東京駅から皇居に向かって左側にある皇居外苑の中です
☆開閉門ならびにお立ちの時刻は下記の通りです。
☆晴雨に拘らず実施致します ☆参加希望者は三澤浩一まで電話(090-2622-4242)またはメールでご一報下さい。取りまとめて不二歌道會に申し込み致します。
 
 ☆12月23日☆ (開門9時30分)
1回目〜10時20分
2回目〜11時05分
(閉門11時20分)
3回目〜11時40分
 
 ☆1月2日☆ (開門9時30分)
1回目〜10時10分
2回目〜11時00分
3回目〜11時50分
4回目〜12時40分
5回目〜13時30分
6回目〜14時20分
(閉門15時10分)
7回目〜15時20分
   ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(サイト情報) 米国連邦準備制度理事会(FRB)は12月11日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、フェデラルファンド(FF)金利を前回より0.25%引き下げ、4.25%とした。これは住宅市場の低迷などによる経済への衝撃を軽減することが目的。
連邦公開市場委員会のプレスリリース
http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20071211a.htm 
             ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 今月の拙論 >>
(1)「中国の闇経済の謎」(『週刊朝日』12月21日号、発売中)
(2)「中国は胡vs江沢民の代理戦争」(『サピオ』、12月26/1月4日合併号、発売中)
(3)「中国反日記念館のデタラメ 南京大虐殺現場を往く写真集」(『WILL』臨時増刊号、発売中)
(4)「サイデンステッカーさんの腕時計」(『自由』1月号、発売中)
(5)「民主御三家そのごの悲劇」(『月刊日本』、22日発売)
(6)「台湾総選挙を展望する」(『正論』2月号、12月25日発売)
(7)「中国のゴールドラッシュ」(『共同ウィークリー』、下旬号)
(8)「台湾独立を日本は支援するべきではないのか」(『Moku』、下旬発売)
◎●◎●◎●◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ 
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. メルマの配信が届かなくなり、配信停止処理後、再度登録しましたが、未だに届きません。同じ処理により「頂門の一身」は、配信されるようになりました。
     あいつらの仕業かもしれない、と思うのは私だけ???

    uchida 2007/12/14

  2. 「米中戦略経済対話」から、人民元の大幅切り上げなど出る事はないと誰もが思います。
    担当者がボールソン氏であるからだけではありません。
    今や米中は、史上まれに見る蜜月関係なんですから、どちらがこけても困るのです。
    昔の日米貿易摩擦と、現在の米国の対中貿易赤字は根本的に構造が違うのです。
    中国はアメリカ企業のアウトソーシングを請負い、米国は安価な製品や消費財を輸入しています、その実態は中国輸出の70%が外資系企業によってなされています。
    中国の輸出産業は米国の産業経済の一部としてプログラムされているのです。
    そのような状況下で、急激な元高は外資系企業である米国企業(日本企業もですが)自身のコストに多大な影響を与えます。
    議会は、もはや猶予はならないと怒ってはいますが、中国を為替操作国と指定し制裁を科す事など出来なでしょう。
    それはまさに、米国産業界から猛反発を受けるでしょうし実行すら出来なでしょう。
    中国にとっても、幾らドルを溜め込んでも実質ドル・ペック制から抜け出す事は出来ません。
    確かに、表向きは05年に10通貨指定のバスケット制に移行していますが、官制により厳しく規制され、今日まで元は10!)位しか上昇していません。
    米国においては、サブプライムローン問題を端緒に景気の先行きが不透明になってきました、今後の情勢如何では米国がコケ、中国がコケ、順次世界恐慌の様相を見せる可能性すら予見できる情勢ではないでしょうか。
    ならない事を願ってはいますが。

    先日投稿しましたコメントにハンドルネーム入れるの忘れました。
     NIEの報告・・ だったと思います、失礼しました。
    “修羅扇”と申します アセアセ

     2007/12/13

  3. アメリカ・中国のご都合主義に振り回される日本も哀れです。
    福田首相や野党党首の態度を見ていると本当に怖くなります、門戸を明けっぴろげ何でもし放題、日本は対策を考えるどころの騒ぎでは有りません「生活第一」ですからと富も技術もご自由に、アホらしく成ります。危機と言う言語を理解しない国の行く末を憂うるのみ。

     2007/12/13

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5698人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事