トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:12/10


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月10日(月曜日) 
通巻第2023号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 北京五輪の水不足を確保するために密雲ダム上流の村々の犠牲、さらに深刻
  稲作を禁止され、野菜栽培も減反、農家の収入が激減している
****************************************

 北京から北へ四時間。
 河北省沽源県とその周辺は水に恵まれ、稲作、野菜栽培で農家も栄えてきた。
 ここには白河、黒河、楽河の三大水系が合流する。古都・承徳の近くである。白河と黒河の水は54%が北京へ向かい、楽河水系は天津へ注ぐ。

 異変は数年前からである。
 北京五輪の水源確保のために、これら流域の農村に、水を大量に使う稲作ばかりか、野菜栽培の減反命令がでたのだ。
また井戸の使用が禁止され(それもこれも皆、共産党幹部のお住まいになる紫禁城のある北京へ水をおくるため)、とくに紅旗灘村と赤城村では村を流れる河の豊かな水を横目に、4−5キロ離れた井戸まで水くみに行かなければ行けない。
この両村では稲作を完全に禁止された。

 季節の野菜も水不足により育たず、農家の収入は激減、稲作農家で20%の収入が減ったうえ、野菜農家は90%の出荷が出来ず、各戸の被害はことし1000元(付近の年収の三分の一に等しい)という(多維新聞網、12月10日付け)。

 二年前に筆者は、逆コースで承徳からバスで5時間、万里の長城を超えて北京は入ったことがある。
古都・承徳市内を流れる河に水がなく、北京の水源「密雲ダム」の水量は底をつきかけていた。
北京の1500万市民はどうやって水を確保しているのか、当時ですら懸念された。
 
    ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) メルマガ配信不着の件。
毎度興味深く拝読しております。一読者より、このたび初めて評価をクリックいたしましたところ、以後の配信がストップいたしました。
一度解除、再登録いたしましたが復旧いたしません。結局melma!事務局に問い合わせすることにより復旧いたしましたが、原因は配信エラーが規定回数を超えた事による、排除だそうです。
配信エラー原因は
1 メールボックスの許容量による受信不可能(容量は2ギガ有るので考えられない)
2 DNSサーバーの受信拒否: 迷惑メール等みずから受信拒否と登録しないと、受信拒否にはならないはずです。
3,原因は今のところはっきりしませんが、受信者が発信者にアクセスすると、何らかの作用が働き受信拒否が起こるようです。
あくまで私個人の事例ですが。同じくメルマガ「頂門の一針」も配信されなくなりました。
 今、ひとつの解決方法は、新たにアドレスを入手、そこに受信専用として登録することです。
私はInfoseekで開設現在順調です。
(秋月生)
 


(宮崎正弘のコメント) 貴重な技術情報を有り難うございました。



   ♪
(読者の声2) 現在、南京大虐殺肯定派は、夏淑琴の裁判の勝利に勢いづいているそうだ。
特にその判決文の一部「被告東中野の原資料の解釈はおよそ妥当なものとは言い難く、学問研究の成果と言うに値しない」を引用し、東中野氏の研究や著作はいい加減で信用できないと世界中に宣伝をし、南京大虐殺否定論を潰しにかかっているそうです。
また、肯定派は既に南京事件七十周年国際シンポジウム実行委員会(尾山宏代表)なるものを作り、アメリカ、カナダ、イタリア、フランス、ドイツなどで国際シンポジウムを開催しているそうです。
そしてこれらのシンポジウムで例外なく質問されたのが、否定論の横行に対して学者、特に歴史学者たちがどういう態度をとっているのか、というかことだそうです。
 たかが裁判?されど裁判?
 東中野先生は、夏淑琴の裁判に勝たなければ、自身の全著作全研究が否定されかねません。事態はそこまできてしまいました。裁判は弁護士できまります。昔から「医者は年配がよく、弁護士は若手がよい」と言われているそうです。沖縄集団自決の大江裁判はどうでしたか?
   (TK生、目黒)


(宮崎正弘のコメント) あの判決を出した裁判官は札つきの左翼です。裁判所、とくに地裁レベルが、過去三十年の間に左翼の巣窟になっており、偏向判決は最高裁判所まで続きます。
 行政に入りこんだ左翼は労働組合を組織し、教育現場では日教組をつくり、そして司法界に忍び込んで日本の法治制度を巧妙に利用して、思想戦争をしかけているのです。
 いずれ自衛隊にも入りこみ、反軍運動を組織化し、すでに牛耳ったマスコミを複層的に政治利用して、あたらしい反日運動を展開するでしょう。
 左翼の闘争戦術は地方裁判所、高等裁判所での法廷戦術と世論工作です。
そうやって日本の思想界に外国製の毒を撒き散らし、やがて十年以上かかった最高裁判所で「正当な判決」がでると、「不当判決」と言ってまた騒ぐ。
 率直に言って東中野先生には最高裁判所まで闘って頂くしかありませんし、これが思想闘争の中核にあり、保守陣営は拉致問題のような、或いは教科書採択のような、支援態勢を組む必要があります。

    ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

((( 書評 )))

 福島香織 『危ない中国 点撃』(産経新聞社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
                

  ▽
 産経新聞紙上で著者の福島香織・北京特派員は中国の奥地、砂漠の果て、荒野の闇を縦横無尽に旅して率直な目撃記事を旺盛に書かれている。
 福島レポートが読者の意表を突く面白さ、斬新さを伴うのは、他紙の記者が見逃しがちな共産党幹部の汚職や、胡同の裏道の異臭漂う風景や、商店街のなかで本当にかわされている物騒な会話、露店の裏で実際に何が食材で使われているか、母乳の替わりにコーラを飲ませる母親は「だってコーラの方が高いから」(母乳より効き目がある?)などのけぞるような場面を活き活きと描くからだ。

 嬰児のスープを食する秘密のレストランもある。食事と性欲に貪欲で、カネとなると目の色を変える人々が活写される。ゲテモノを含む食事に中国人が拘る理由は伝統的な「医食同源」という意識を越えて体制転覆の危機意識が強迫観念としてつねに金持ち階級にあるからだと、その潜在的心理を突く。

「百万の富を得ても、明日政権がかわれば没収される。だから財産を美味で栄養ある高価な食品にかえて自分の血と肉にすることに没頭した。フカヒレ、アワビ、熊の手」等々。ところが豚肉は化学薬品に汚染され、食塩には水銀、鉛が、上海蟹とフカヒレは偽物のオンパレード、抗生物質がはいった牛乳等々。数え切れない商道の無法!

 こうした猛毒食品に関して欧米ジャーナリズムが四月頃から報道していても、日本のマスコミは福島報告以外殆んど無かった。彼女の報道姿勢の辛辣さと実直な筆圧は貴重だ。 ところで本書は産経外信報道の集大成に非ず。むしろ紙幅の関係で新聞に漏れた記事をおりおりに産経ブログ[IZA!」に綴り、そのなかの面白いエピソードを体系的に編んだものである。全編を通してスピード感があり、一見粗野に見える文体もブログ世代対象の媒体という特徴を勘案すれば、妙に納得できるのである。
    
 (この書評は12月2日付け「産経新聞」からの転載です)
    ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
(関係者への連絡事項)
  ♪
 第三回「早雪忌」、厳粛にして盛況に開催されました
  故三浦重周(三島由紀夫研究会前事務局長)の自刃から三年の重み
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 12月10日、九段靖国神社の麓。故三浦重周儀、三回忌が全国から多数の同士が参集し、厳粛に開催されました。遠く札幌から、南は大分から、熱血の同士が参集し、献花のあと追悼行事が行われました。
 九段会館の会場には中央に祭壇がしつらえられ、舞台中央看板には日章旗と、故人が主催した「重遠社」ならびに「日本学生同盟」の旗が、舞台対面には「全日本学生国防会議」の旗が掲げられ、祭壇には遺影、故人の愛してやまなかった酒とタバコ、そして故人に報告するための憂国忌冊子、写真集、遺稿集ならびに各地で開催された憂国祭関係のパンフレットが収められました。
 ここに参加者ひとりひとりが白菊の献花を行いました。

 同時に舞台の袖にしつらえた大型スクリーンには故人の生前のスナップが数十枚、交互に映し出され、また故人の講演テープが流された。
 開会に先立って映画の編集作業から急遽駆けつけてくれた水島総氏(桜チャンネル社長)が、追悼挨拶をおこない、引き続き全員で君が代、皇居遙拝の国民行事を執り行いました。

司会は佐々木俊夫がつとめ、開会の辞を井上正義が、ご遺族の法要が新潟で営まれた報告を小川正光が行い、最初の追悼挨拶は在日中国人評論家の石平氏、引き続き献杯の挨拶をペマ・ギャルポ氏が行い、感銘深い追悼の辞を述べられました。
 しばし懇談となり、会場を見渡しますと、故人が学生時代に新聞配達をした専売店の経営者、南京問題研究家の阿羅健一氏、作家の山平重樹氏、林房雄先生のお孫さん、一水会の鈴木邦男氏、木村三浩氏など多士済々の顔がありました。

 懇談のあとに引き続き、憂国陣営を代表して山口甲氏、三浦自刃の意義を問う熱弁を振るった南丘喜八郎氏(『月刊日本』主幹)そして政治学者の藤井厳喜氏が追悼の挨拶。さらに引き続き、日本学生同盟OBが揃って「同盟歌」を披露し、宮川が「閉会の辞」を述べた。
 最後に全員で「海ゆかば」を合掌し、盛会裡にも厳粛厳正にして三浦重周儀三回忌は無事終了出来ました。
               以上、報告します。
 早雪忌実行委員会事務局
        ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(憂国忌事務局からお知らせ)
第三十七回「憂国忌」のDVDをお申し込みの皆さまへ。
20日までに発送が終了する態勢となりました。もうしばらくお待ちくださいますよう。なお申込はすでに締め切っております。
         ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ 
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 南京虐殺事件の裁判長は女性です、昨年初日に傍聴に行きました。被告質問のときから、裁判長席から身を乗り出し、夏氏の語る境遇に興味を示して板の印象に残っております。裁判管の主義信条に左右される判決って怖いです。これで日本の正義派守れるのでしょうか?

    東中野氏の弁護団は頼りがいが無い感じでした。対して夏氏側にはシナ人を含め日本人複数のボランティア弁護士がついてました。これって良心的日本人なのでしょうか?

    日本人 2007/12/10

  2. 中国で胎児を食べる習慣は現在でも行なわれています。中国の正史を読んでもらえれば「食人」が古来から中国の食文化である事が分かります。中国人が胎児を食べる証拠となるサイトを紹介します。あまりにもリアルなので、予めお断りしておきます。1つ目は日本語訳で2つ目は中国語の原文です。
    http://s2.muryo-de.etowns.net/~china/
    http://hk.geocities.com/ennet369/

     2007/12/10

  3. 中国で胎児を食べる習慣は現在でも行なわれています。中国の正史を読んでもらえれば「食人」が古来から中国の食文化である事が分かります。中国人が胎児を食べる証拠となるサイトを紹介します。あまりにもリアルなので、予めお断りしておきます。1つ目は日本語訳で2つ目は中国語の原文です。
    http://s2.muryo-de.etowns.net/~china/
    http://hk.geocities.com/ennet369/

     2007/12/10

  4. 「NHKでは南京事件で虐殺があった」と報道.....  これはNHKの陰謀で、テレビの常套手段です。兵士がいろいろな事を語ったとは思いますが、「中国偏重のNHK」は、その中から、新中国に都合のよい部分だけをピックアップし編集し放送し、金を払っている視聴者を洗脳しているのです。最近放送終了した「関口某の中国列車の旅」もドキュメンタリーでは無く、共産党の作ったシナリオによる旅行ドラマです。中国はもっと悲惨なほど貧しいのです。3億人以上の国民は、水道・電気の無い生活をし、役人の腐敗は昔のあく代官以上、いたるところで暴動が日常茶飯事に発生しています。国民の不満が党中央に及ばない様、そのはけ口を日本に向ける為のネタが、「南京虐殺」「反日教育」なのです。NHKは本来こちらを報道すべきであるのに、反日的な報道に終始しています。NHKは日本にとって不要ですし、害悪をばら撒いているのです。 視聴料の不払い然り、NHK解体活動をしましょう。

     2007/12/10

  5. 中国本当に眼が離せなくなりました、日本の政治かも握手することが目的で訪中するアホ〜も居る事で中国には軽く見られる様に成りました、骨の有る政治家が居ないのか嫌に成ります。

     2007/12/10

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    5700人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    2867人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事