トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:11/29


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月30日(金曜日) 
通巻第2014号  (11月29日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ヒラリーは年明けとともに苦戦に陥るという情報
  保険会社を敵に回して戦えるのか、との懐疑が財界に拡がるが。。。
****************************************

 ▼米国大統領選挙の争点がイラクからはずれ、医療改革、保険に移行した


アメリカの大統領選挙報道は根本的に日本と違う。
 当然といえば当然だが、いまとなっては、イラク問題は最大の懸念ではあっても選挙の大きな焦点ではなくなった。
 保険制度、とくに医療負担が大きいアメリカ人の不満が共和党へどう重くのしかかるか、という争点に移行している。
 ひょっとして「大統領選では、医療保険改革が勝敗を分ける争点になるかもしれない」(ビジネスウィーク、10月9日付け)。 
 
現在、米国で医療保険未加入の選挙民は全体の15%。しかも無保険者は急増しており、およそ4700万人もいると推定されている。米国経済は低空飛行ながら成長を続けており、貧困状況は改善され、世帯の平均所得が増加しているにもかかわらずに、である。 
「カイザー・ファミリー財団」の世論調査に寄れば「大統領候補に聞きたい政策は?」という問いに30%が「医療保険改革」を挙げた。「イラク問題」に次いで第2位という回答結果だったのだ。 

 ヒラリーにとって1992年のクリントン政権誕生のとき以来、医療保険問題に取り組んできた。しかし終局的な改革案は存在せず、国民的合意は成立していない。夫のクリントン大統領は当時、「日本のように医療制度、保険が完備された国が羨ましい」と発言した。
 
しかし93年から94年にかけて、大統領夫人という肩書きでヒラリーが医療保険制度の大改革に取り組んだが、結局、失敗に終わった。
「われわれはビル・クリントンを選んだが、夫人を選んだのではない」と囂々たる非難がヒラリーに集中し、「米国を社会主義のような医療制度に変えようというのか」とバッシングを浴びた。
「ヒラリーの保険医療改革は破局だった」(前掲エコノミスト誌)。
 だから予備選でマニフェストの発表をヒラリー陣営は意図的に最後に回し、ライバルの発表を待った。本命を自ら名乗るヒラリーが老獪な姿勢をとった理由は右の失敗経験からだ。

 ヒラリーの医療保険制度改革案は全国民に保険加入を義務付ける内容。つまりこれは「改革」を潰す「抵抗勢力」=保険会社への真っ向からの挑戦なのである。

 なぜならヒラリー案は、雇用保険にせよ、公務員保険にせよ、高齢者や身障者向けのメディケア方式の国営保険制度にせよ、全国民に加盟を義務付ける。保険料の支払いを支援するために税額控除制度を導入し、同時に既往症や健康上の諸問題を事由に保険会社から加入を断られることがないようにする内容だ。

 ヒラリーは「94年の改革案は激しいロビー活動を繰り広げた保険会社や製薬会社に潰された。今度は迎え撃つ覚悟も能力もある」と強硬姿勢を見せている。
 民主党候補討論会(米オンライン雑誌「スレート」、9月12日)でヒラリーは次のように言い放った。 
 「私は保険会社の影響力を大幅に制限するつもりだ。率直に言ってこれまで保険会社がやってきたビジネスとは米国の経済と医療制度に不利益をもたらした結果に終わっている」

 ライバルのオバマ議員は医療保険問題でより詳細な政策プランを発表している。
 一方、共和党の候補者は医療保険改革に関しては慎重な姿勢である。共和党のルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長は選挙向けウェブサイトで医療制度問題について全く触れていない。猛追するフレッド・トンプソンも自らの立場をまだ明らかにしていない。 


 ▼IT産業への梃子入れ、IT産業からの献金

 もうひとつの目玉政策はハイテク産業への対策である。
ヒラリー上院議員はIT産業のメッカ、サンタクララ(カリフォルニア州)でハイテク政策を明らかにした。マイクロソフト、ヒューレット・パッカード、インテル、グーグルなど錚々たる企業幹部を前にIT産業への取り組み強化の熱意を演説したのだ。
 各候補がシリコンバレーで貴重な時間を費やすのは、この地域が選挙資金の大切な出所になっているからだ。

 NYタイムズ紙によるとコンピューター業界が献金した金額は07年前半だけで220万ドル強。前回の2000年および04年の大統領選挙戦では同時期に120万ドルだった。

 ヒラリーは政府研究開発予算の増額、優秀な外国人労働者の受け入れ拡大、ハードウエアやオンラインサービスの新市場創出を促す高速インターネットの普及、教育水準の向上などを政策的優先課題に掲げてシリコンバレー工作を展開している。

 グーグルの広報担当アダム・コバセビッチ氏は、「次期大統領は絶対に“ハイテク大統領”であってもらいたい。イノベーションを起こすには何が必要かに理解があり、ハイテク経済の成長を持続させるための明確な考えを持った人物だ」と言う。 

 便乗してオバマ候補もブロードバンド(高速大容量)通信環境の普及によって都市の貧困層に就業機会を与えることができると主張している。
 共和党ではマケイン候補がIT産業に意欲的で、米連邦通信委員会(FCC)の規制緩和を実現させ、インターネットサービス分野の競争を促進すると主張している。 


 ▼移民法論議も次の焦点となりうる

 ヒラリー候補のハイテク政策の中軸には連邦政府による研究開発投資の支援にある。代替エネルギー基金の創設、国防総省やエネルギー省、NSFの研究開発予算の増額はもちろんだが、政府系研究機関は予算の8%をリスクの高い先端研究に振り向けるべきだと主張している。

 共和党のトップを走るジュリアーニ陣営は、「(政府は)インターネットに不必要に課税したり、規制を強めたりしないよう努めるべきだ」という声明を出して応戦。政府の介入はもっぱら、消費者と企業をハッカーやネット犯罪者から守る目的に限られるべきとの主張だ。

 オバマ候補はインターネットの中立性を支持し、インターネット時代における“言論の機会均等”を守ることだと位置づけている。

 また移民法も高い争点だが、紙幅が尽きた。
 マケイン候補(共和党)はブッシュ大統領が提案する移民法改正案の強力な支持者だった。改正案には不法移民に市民権への道を開く案や国境警備を強化する措置なども盛り込まれていたからだ。
移民法改正は、要するにヒスパニックとアジア系移民の得票狙いである。
 かくて選挙資金と集票をねらった虚々実々の駆け引きが繰り広げられている。 
 
       ○◎み◎や◎ざ◎き◎○ま◎さ○ひ◎ろ○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  『三島由紀夫研究会』からのお知らせ

   ♪
『憂国忌』ビデオ 全貳巻
 超特価 1200円です(送料込み、振込手数料無料)
 申込を12月3日まで受け付けます! 記録ビデオですので、編集工夫などはしておりません。
 下記へメールで
 yukokuki@hotmail.com
 (1)〒番号(2)ご住所(3)お名前のみっつだけをお知らせください。
 手続きは、それだけです。

 第三十七回憂国忌を最初から最後まで記録した全三時間(貳巻)。お申し込みから実物の到着まで一週間ほどかかります!(申込多数の場合は一ヶ月ほどかかります)。
品物が到着後、挿入されている振込用紙で1200円だけお送りください!
(予約は製作の関係上、12月3日で締めきります)
      ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌次号発行は12月3日の予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
   ♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪ ♪ ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 12/6 のA生殿。NHKの報道が改めてインチキであることを再確認しました。実際のNHKの12/4 ワールドニュースでの報道は「中国人労働者の賃金は現地人の8倍と言われていますが実際は2倍程度のようです」でした。A生氏の書込みで、「アルジェリア人トラック運転手で23000円ぐらい」は日本国内よりも高いですね。JVの子向けの単価では?  しかし、私の疑問点が大体分かりました。中国はアフリカでも中東でもアジアでも受注した工事は中国人作業員を連れて行き、全員現地に残し、不良国民の排除と併せ世界の中国化という一石二鳥の政策だと言う事が分かりました。そして、やがて彼等が反日活動家として日本の国益を毀損していくのでしょう。

    内田一 2007/12/7

  2. 中国通の宮崎正弘氏に伺います。
    12/4のNHK ワールドニュースの話題。、中国がアルジェリアで多くの建設工事を安い価格で受注しており、900人の作業員は全て中国人で、作業員の労務単価は現地人の2倍程度との事。
    日本での建設工事での費用内訳は材料費・労務費・経費が各々30%程度で10%の利益がいいところです。発注価格見積での労務単価は現地労務単価が常識でしょう。しかし、中国は2倍の労務費を負担してまで中国人作業員を使っています。常識では赤字工事のはずです。
    さてここで質問ですが、企業経営としては矛盾するような行為の裏にある中国の狙いは何なのでしょうか。

    内田一 2007/12/4

  3. 反チャイナ的な書き込みをすると、メルマガが妨害
    される、ようなかんじ、がします。いかがですか?

    k。s 2007/12/2

  4. >>コンピューター業界が献金した金額は07年前半だけで220万ドル強
    とありますが,本当にこんなに少ないのですか.日本円にすると2.5億円ほどですが...この位なら”業界”でなく,一社でも出せさうに思へます.
    (NN生,横浜)

     2007/11/29

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/27
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事