トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:11/29


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月29日(木曜日) 
通巻第2013号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 これは狂気の大胆さか、目先の利益に視野狭窄になった結果か?
  台湾の対中国投資は世界最大規模。国内産業の空洞化、失業率の大膨張
****************************************

 先月、台湾に四日間滞在して、町の風景を眺めたときに、ちょっと異様な空気を感じた。淡水から金山にかけて、所用でタクシーを雇ってドライブしたが、マンション群の空洞が目立った。一時好評を博した淡水の別荘マンションに売れ残りが多発している。
 「えっ?」と驚きの声をあげた。
無数に展開されていた工場敷地が、のきなみ空き地、もしくは廃屋と化しているのである。工場で稼働しているのはセメント工場くらいしかない。

 淡水で老人ホームにいる知人を見舞ったあと、海岸線を桃園国際空港へ急いだ。
いつもの高速道路ではなく、このルートは田舎道、工場がもっと多かったように思う。閑散としている印象を受けた。国内産業の空洞化が、これほど凄惨な状態になっているとは「想定外」の出来事である。

 11月26日付け『自由時報』を読んで得心ができた。
 以下、比較表を掲げてみる。
 対中投資の国別一覧である。

国名  対中投資金額    当該国のGDP    対中投資のGDP比率
〜〜  〜〜〜〜〜〜    〜〜〜〜      〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾  60・6億ドル    3459億ドル      1・74%
韓国  51・7        7931          0・65%
日本  65・3      4兆5713億ドル      0・14
ドイツ 15・0       2兆7973         0・05
米国  30・6     12兆4857          0・02%

(原典 台湾投資審査委員会、2005年単年度統計。自由時報07年11月26日付け) 


 この比較を一瞥しただけでも、台湾の対中投資は米国の87倍、日本の12倍!

 ところが、台湾から中国への投資は、法律の上限枠があるため、香港の現地法人経由あるいは米国子会社、欧州現地法人などから、第三国を装って中国へ向かっている分をまったく含めていない。
 米国議会報告書『米中経済安全保障レポート』によれば、台湾からの中国投資はすくなくとも、過去の累計で1800億ドルを超えているだろう、と推計している。


 ▼本当のところ、幾ら投資したのか誰もわからない

 実態はもっと深刻である。
というのは地下銀行を経由する投資や、直接外貨を持ち込む少額の投資(たとえば珈琲店、ラーメン餃子店開業資金など)の合計が含まれていないからだ。
これらを総合すると、少なく見積もっても台湾から中国への投資は3000億ドル(累積の投資金額が台湾GDPの86%になる)と筆者はみているが、黄文雄氏は「いや、5000億ドルはある」と言う。

台北滞在中に、開かれたシンポジウムで台湾の経済学者が「台湾からの対中投資はDGPの90%もある!」と警告を発していたが、なるほど過去の累計合計を対GDPの単年度に比較させると、そうなる(この比較方法は単年度に多年度累計をしているので、統計学的に意味がないが)。。

 いずれにせよ、ルビコン川を越えて敵(であるはず)の懐深くにまで飛び込んでしまった台湾の実業界は、もはや取り返しのつかない地点にまで行ってしまった。
台湾国内産業の空洞化、大学卒エンジニアの就職先は、中国にしかない!

 李登輝前総統はかねてから、過度の対中投資は、やがて中国の人質化してしまうと強い懸念を表明されていたが、いまの台湾経済の危機は、その警告の予測をさえ越えてしまった。
 
       ○◎み◎や◎ざ◎き◎○ま◎さ○ひ◎ろ○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 中国はカネもヒトもまったく自由に操れる独裁国だ。しかし米国は歴史が無いだけに良く騙される。
日本はむしろ歴史意識が大いに障害となって、「高貴」な姿勢を保ちすぎではありませんか。
いうべきことさえいわず、主権を放棄したりの政治では、基本的に勇気をも放棄したと同然であり、これではとても相手の政治暴力には敵いません。
護憲をいう憲法九条患者がウヨウヨうろついている日本は、いったい将来どうなるのでしょう。
    (NN生)


(宮崎正弘のコメント) 主権国家が当然の権利行使として行う、主権行為のなかには尖閣諸島に一個小隊を駐屯させ、東シナ海のガス田開発をおこなう日本企業の海域には、軍艦を出して護衛することが含まれます。
 なにもしない国家をみて、相手は主権を放棄していると考えるのは、これもまた当然でしょう。



   ♪
(読者の声2) 先週の中国国民党の反日馬英九来日にあたり、抗議行動に参加いたしました。
抗議行動の台湾での報道ぶりを、読者の皆様にご紹介いただければ幸いです。

11/22の抗議行動の台湾での報道ぶりです(ニュース映像)。
映像に出てくる「馬頭人」は、今、台湾で話題沸騰となっております。
東森 http://www.ettoday.com/2007/11/23/91-2191317.htm
   馬英九は抗議行動の感想を聞かれ、
   「気にしない、民主社会では普通のこと」と発言
   していますが、今どき大統領候補で外国人(日本人)から抗議を受けるのは彼ぐらいのものでしょう。
民視 
http://www.taiwanus.net/news/show.php?id=15967http://www.taiwanus.net/news/show.php?id=15967
 どうして日本人は馬英九のことを「支那の男妾」と言って罵るのか?
 ということを解説しています。[第02節]ボタンを押してください。
※東森(中国国民党派)は中国語、民視(独立派)は台湾語(一部中国語)で報道しております。

11/23の抗議行動の模様
日本人台湾独立促進会 http://taidoku.fc2web.com/ouen127fukangei.htm
(日本語)

また11/22台湾報道に出てくる所謂「馬頭人」が発言した内容でカットされた発言の要旨も併せて紹介いたします。「馬頭人」に投稿の許可はとっております。
「馬頭人」は大いに広めて欲しいと言っております。
長文ご容赦

1.尖閣諸島をめぐる「不惜一戦」発言
 馬にこの発言の真意を問うても、明確な回答が返ってこない。
 ※後日、RTIが11/27付け記事で取り上げた。
  http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/071126/58/ovqo.html
  これ以前の記事では「馬が総統になれば日台が戦争になる」という部分だけが取り上げられていた。
  馬は今回の来日で「尖閣問題は交渉で解決」と発言しているが信じられない。

2.中国に経済進出すると領土問題に転化させられる
 馬は中国への投資拡大、経済協力を唱えているが、許文龍先生が受けた仕打ちをどのように考えるのか?
 他に台湾ビジネスマンが大陸で酷い仕打ちに遭い、投下資金が回収不能になった事例も耳にしている。

3.中国ミサイル1,000発が台湾に向いている
 中国は台湾向けにミサイル1,000基を照準し、毎年100発毎増強中である。
 そもそも台湾の安全保障にとって、脅威となっているのはどこの国でない?
 日米両国政府は、両岸問題の平和的解決を希望するとしている。
 中国政府と日米両政府の台湾に対する姿勢を比較すれば、どちらが友好的かは自ずと分かるはず。
 馬は中台米日の4ヶ国の関係をどの様に展望しているのか?

4.馬は「高金素梅」を支援している
 馬と高金は非常に密接な関係にあると言われている
 馬はニューヨークの国連本部での反日抗議活動のため出発する高金素梅に3,000米ドルの寄付と公用車で見送った。
 反日高金素梅を支援する馬を反日と呼ばずしてなんと言おう!?
 刺身が好きで反日では無いというが、到底信じられない。 
   (高山登)


(宮崎正弘のコメント) 小生が馬英九氏に直撃インタビューしたとき(ことし六月)も、かれの開口一番は「わたしは日本で『反日派』と誤解されているようですが。。。」でした。
 週刊朝日にインタビュー記事を掲載後、この箇所は拙著『中国は猛毒を撒き散らし自滅する』のなかに挿入しました。

          ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ♪
((((( お知らせ )))))
沖縄戦「集団自決」再検定を許すな!
文科省の責任を問う緊急集会・記者会見

去る10月15日の参議院議員会館での緊急集会・記者会見、11月13日の東京・新宿での国民決起集会に続く、不退転の意思表示第3弾!

【趣旨】一旦は検定により排除された歴史偽造の教科書記述が、不当不正な政治介入による事実上の再検定で復活する可能性が強まってきた。沖縄戦「集団自決」に関する虚構の「軍命令・強制」説を踏えて教科書会社の訂正申請を示唆し誘導した文科省の姿勢は言語道断であり、検定制度という法治国家の枠組を破壊するその行為の責任は重大である。
 事態は最終段階を迎え、極めて危険な状況に入っている。教科書検定審議会では、11月最終週に「軍命令」論の中心人物の意見聴取を行うことを決めた。また、ある審議会委員は公開の席上、「12月初旬に決める」と明言している。
 再検定が実現した場合の悪影響は計り知れず、その害毒は子々孫々にまで及ぶ。悲しくも尊い集団自決の真実を歪める「軍命令」記述は、なんとしても阻止しなければならない。
 我々は、自決で散華された方々、遺族、当時現地の軍関係者、沖縄県民、そして日本国民及び日本国の名誉を守るためにも、非常の決意で緊急集会と記者会見に臨み、政府関係当局、国会議員及び広く国民の良心と良識に訴えるものである。


【日  時】平成19年12月4日(火)午後1時半〜3時
【会  場】衆議院第2議員会館 第1会議室
       ※入場券を120枚受付にて1時15分より配布します。
【緊急集会】1時半から。国会議員の決意表明。有識者・専門家の発言(小田村四郎[拓殖大学前総長]・中村粲[獨協大学名誉教授・藤岡信勝[拓殖大学教授]・高池勝彦[弁護士]ほか)。決議採択
【記者会見】2時20分から。
【主  催】教科書検定への政治介入に反対する会(小田村四郎代表)
千代田区平河町2−16−5−302 高池法律事務所気付
【連 絡 先】080−5086−2965(藤本)090−4815−8217(中村)
     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<<<<<< 最近の書き込みからダイジェスト >>>>>>>>

[ 名無し ] 2007/11/28
面白い記事でした、国家を考え日本の将来を日本中心に考える人が増えて欲しいものです。西からばかりに頼りすぎる日本、東から情報・技術・人間力を発信をしても実力は有るのですから良い時期では無いかと考えていますが、議員の質、官僚の質(国家観)が無茶苦茶ですから考えてしまいますね。
 
[ K。S ] 2007/11/28
書き込みも、結構だが祭日に、国旗を出していますか。皆で国旗を出そう。
 
[ 名無し ] 2007/11/28
切り口が新鮮で非常に明解である。
 
[ K.S ] 2007/11/28
チャイナと米国がいなければ、スローライフで平和な世界になる、余剰資金が原油に行ったり、金、中国株に行き来し、困るのは世界中の無力な民です。
 
[ 名無し ] 2007/11/28
北朝鮮が国連に加盟していて、台湾が加盟していない、日本は台湾を国家として、認め国連に加盟さすよう、意思表示すべき、さっすれば、南アジヤも支持する、金だけ、が全てでわない。
 
 [ 名無し ] 2007/11/27
今の異常な原油高の元凶は世界中で資源を買ひ漁る支那でせう.まさに自分で自分の首を絞めてゐると言ふことでせうか.それ自体は自業自得と言ふことですが,そのとばっちりで世界中が迷惑をしてゐます.とにかくこの支那の暴走を止めない限り地球は持ちません.どうしてこの冷厳な事実を世界は認めないのでせうか.(NN生,横浜)
 
 [ 名無し ] 2007/11/26
支那株の下落はもう始まっていたのですね。これだけでもマスゴミが避ける非常に貴重な情報です、ありがとうございます。
 
 [ 名無し ] 2007/11/22
TBSの件は見る方が悪い、日本にマトモなテレビ局が無い事ぐらいは番組表で判断したら同でしょうか?日本人の思考の低下の第一要因は下らないテレビに有ります。僅か3,4十年前にテレビは国を滅ぼすと言っていた人が居ましたが、正に現状を予感していたのです、粗悪の根源は日本マスコミと日教組これも当時の識者の言葉でした。
 
[ 至乃輔 ] 2007/11/22
管理者殿へメール不着等の問題が多々あるようですが、このような広告主体の汎用サービスでは「メール配信システム」等を利用しては如何でしょうか?10,000〜20,000ユーザーですと5万〜7万/月額で利用できます。
 
 [ 名無し ] 2007/11/21
メールマガジン購読妨害の件ですが、WebメールであるGoogleのgmailを使われてみては如何でしょうか?私はずっと問題なく購読出来ております。
 
[ K>S ] 2007/11/21
戦争と経済は付き物ですが、日本の代表企業が、中国へ投資し取りあえず、儲かりさえすれば、良い、国民益は二の次、と議員と、ツイルンでいる様は、大東亜戦争と同じ、目を覚ませ無党派層、
 
[ 名無し ] 2007/11/21
フランスとチャイナは今回の大戦の勝利者では無いこんな国連に金を出し、国連、国連と何時まで、寝ぼけた、事を報道しているのか、国民の半分は莫迦でわない。
 
[ 名無し ] 2007/11/21
中毒人
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
   ♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪ ♪ ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 毎回非常に興味深い内容で配信を楽しみにしております。この台湾の記事も非常に考えさせられる内容でした。さて、私は現在香港及び広東省深圳で仕事をしておりますが、ここ最近聞く話では、東莞地域の台湾系の会社は、2,000社ほどがすでにベトナムへの移転を決めているそうです。当社の仕入れ先の台湾メーカーもベトナムへのシフトを始めていたり、大陸撤退ということを
    粛々と進めているという現象も見られます。ちなみに、日系の中小企業でもベトナムへ徐々にシフトという動きもあります。反対にこれからも大陸での展開を全面的に図っていくという会社もありますが…。当社は前者です。当社の台湾人に聞くと、台湾人も結構シビアに状況を見ているようで、人件費の高騰や来年度からの労働法の改定もあり、儲けが見込めないから大陸撤退という選択を自然にとっているようで、
    今後もそういう動きが顕著になるのでは、
    という話しをしておりました。

     2007/12/14

  2. 「南京陥落 国民の集い」12月6日
    開演時間は6:00でなく6:30ではないでしょうか。メール案内は6:00となっています。

     2007/12/2

  3. 台湾問題は深刻ですね、尖閣での試掘に「軍艦をだす」と云ったらしいですが、私なら「出してみろ」と言いたくなります。
    日本も戦争をしたい訳では有りませんが「座して死を待つ」のは勘弁して欲しいも、何で相手が1000発有るといえば「自衛」に1100発作れるよと言えないのか不思議です。

     2007/11/29

  4. メルマ未着の件ですが、多くの方がプロバイダーのスパムフィルターで迷惑メールを除去されておられる様ですが、プロバイダーの方ではいかにして「スパム」をスパムと判別しているかと言うと、スパムデータベースを利用しています。プロバイダー独自のものと、汎用なものがあります。いずれにしてもユーザーがスパムと判断したものが蓄積され判別されていきます。本来スパムでないものが、ユーザーがスパムと判定することで、フィルターがかかってしまう事があります。未着メールの場合、第三者が意識的にスパム扱いにしている可能性はかなり考えられます。次にCookieを悪用しているケースが考えられます。ホームページを観閲するさいにCookieがやり取りされます。Cookieには様々な個人情報が一時的に保存され、訪問者に対する認証にも使用されています。一度どの程度この「Cookie」がやり取りされているか確認してみるといいと思います。Webブラウザのツール→インターネットオプション→プライバシーのタブ→中段やや下の詳細設定→自動Cookie処理を上書きするにチェックを入れて、ファーストパーティのCookie、サードパーティーのCookie、いずれも「ダイヤログを表示する」を選択しますとCookie処理の方法を確認してきます。(WindonwsXP SP2)頻繁にCookieのやり取りをしていることが確認できます。これを悪用し、何らかの妨害を行っている場合も考えられます。

    至乃輔 2007/11/29

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    2867人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事