トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:11/20



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月20日(火曜日) 
通巻第2006号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

  パキスタンのムシャラフ体制崩壊の危機は米国の問題になった
   米国の関心事はパキスタンの核兵器をテロリストから如何に守るか、だ
****************************************

 NYタイムズが19日に報じたところでは、ペンタゴンはひそかにパキスタンの特殊チームを訓練し、テロリストの核兵器奪取を目的とする攻撃から守るノウハウと関連施設、武器を供与していたことが分かった。核関連物質の安全地域への移設プロジェクトも含まれているという(ヘラルドトリビューン、11月20日付け)。

 総額一億ドル。
 9・11テロ以降、米国はパキスタンに100億ドルもの支援をしてきたが、その1%にあたる額が特殊目的に費消されていた。

 パキスタンの核兵器保有およびカーン博士による「核の闇市」は、この最終兵器がパキスタンからイラン、リビア、北朝鮮への技術情報や部品が流れていたことまで突き止められていたが、米国のもうひとつの関心事は、パキスタンの核兵器がテロリストにわたる可能性だった。
 パキスタンはイラクの五倍、一億六千万の人口をかかえる地域の大国である。

 ブッシュ政権は911テロ直後、アフガニスタン空爆のためにムシャラフ陸軍参謀総長兼大統領と談判し、パキスタンの空軍基地四箇所を借り受けた。
 そのためには経済制裁を突如解除し、あまつさえ日本に緊急援助を強要した。当時の外相は田中真紀子で「あんな汚い国には行きたくない」と暴言を吐いたことは世界にばれた。
 その前年のクリントン大統領の南アジア歴訪では、インドに六日間、パキスタンには僅か半日だけ滞在して、ムシャラフを立腹させたばかりであった。

 911まで、世界の軍事専門家の推測では、パキスタンの核兵器は中国の技術供与が濃厚であり、そしておそらく中国の特殊チームが守護管理しているだろう、と言われた。
 中国はインドを牽制するために過去半世紀にわたってパキスタンに梃子入れしてきた。共同の戦車工場をいとなむほどに中国とパキスタンは軍事同盟である。
 ムシャラフが足繁く通うのは北京であり、けっしてワシントンではない。


 ▼ 米国の譲歩は危機水域を突破している

 
 米国は、北朝鮮ばかりか、パキスタンの核兵器管理でも中国と秘密交渉を続けていた気配がある。でなければ、日本を裏切ってまで北朝鮮に譲歩するほどの政治状況は産まれていないだろうから(ちなみに米国保守を代表する『ウォールストリート・ジャーナル』紙は、米国が北朝鮮のテロリスト国家解除の路線は「日本への平手打ち」と書いてブッシュ政権を批判した)。

 米国はパキスタンの核兵器管理を徹底するための要員を米国で訓練してきたように、これからも特殊武装ヘリ、夜間ゴーグルなどを供与してゆく方針だ。

 だが、問題はパキスタンの軍が反米であり、親中であるというメンタリティ。とくに軍の情報関係はタリバンとアルカィーダに同情的なパシュトン族が多数派を形成している。
 米軍のプランにはパキスタンの部族を分断し、イラクへの部族部隊を結成させる計画もある。
 しかし、世界的規模でみると、核兵器にこだわりすぎた米国の対中譲歩は危機水域を突破している

 もし、パキスタンの政治危機がさらに深刻化して、ムシャラフ大統領体制が崩壊すれば、米軍の権益はたちまち脅かされ、それでは次期政権が欧米派のブッド元首相にわたるのならまだしも、イスラム原理主義政権に陥った場合、世界で初めて核兵器をもつテロリスト国家が誕生するという未曾有の危機に繋がり、これは米国と中国の共通の利害に重なる。
だから中国はパキスタンでの米軍の跳梁に一定の理解を示しているようである。

 置いてきぼりの日本は、こういう問題にも蚊帳の外にある。

       ○◎み◎や◎ざ◎き◎○ま◎さ○ひ◎ろ○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1) 早々と何清漣女史の新著『中国の闇』の貴誌における書評。この新刊は刊行されてから三日も経っていないはずなのに、その早業に脱帽。
 何女史はとても筆の立つ人ですが、本業の経済学者として、もうすこしきちんとした本を書いてほしいと念願している者です。
米国暮らしの上、中国に残した息子が米国に行ったので金も必要でしょうが、ちょっと{本業」から離れすぎているような感じがして、残念なのです。
もっとも彼女の共産党嫌い、純経済学より現実的な政治経済学を目指す立場はよく分かるのですが。。。
腐りきった一党独裁の中国共産党政権が倒れるようでなかなか倒れない! 
この大きな命題を誰が解いてくれるのか? 
海外での言論活動も一定の重要性がありますが、主戦場はやはり中国。小生としては、漸進主義だが着実な政治改革に向け頑張っている革新官僚(実際にどの程度いるかは疑問だが)や学者、ジャーナリスト、あるいは逮捕覚悟で頑張っている思想家や活動家の本も紹介してください。
   (SS生、世田谷)


(宮崎正弘のコメント) 小生、じつは何清漣女史と会ったことがないので、彼女の経済論を聞いたことがなく、そうですか。経済学が専門家ですか。御情報に感謝。



  ♪
(読者の声2) 貴誌2005号によれば、貴兄は真田の郊外に残る砥石城(といしのじょう)まで登られておられたとは! 吃驚(びっくり)です。
小生の小学生時代の遠足コースの一つで、武田勢下の真田幸隆(あの真田幸村の祖父)が村上義清の砥石城を焼け落したのですが、米山城と呼ばれるくらい米を備蓄していて、そのときに炭化米がたくさんできたという伝説が後世残りました。
それを無邪気に信じて拾い集めるのが楽しみでした。
後で知ったところでは、地元の農家の人たちがそれを目当てに来る子ども達のため
に撒いていたとのことでした。
 (しなの六文銭)
  

(宮崎正弘のコメント) 二十年ほど前に拙著『戦国武将の情報学』のため、武田信玄、上杉謙信、伊達政宗などの居城はほぼすべて廻りました。それほどの取材をしたのですが、本の売れ行きはサッパリでした。



    ♪
(読者の声3) 今月28日、日中防衛交流と称して、中華人民共和国の軍艦が東京(晴海)への入港を企てています。入港の予定時間は午前10時です。
さらに午後からは外務省や防衛省を訪問するとのことです。
中華・共産・反日の3邪主義に基づく侵略国家である中共との防衛交流を行うとは、我が国政府はいったい何を考えているのでしょうか。
日中防衛交流は、我が国の最先端技術が流出する危険性があります。日本の安全、世界の平和のためにも、中共の軍拡を許してはいけません。日中防衛交流を阻止いたしましょう。
   (KM生)

        ◆ ◇ ◆ ◇ ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 11月23日付けの小誌は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(((((( サイト情報 ))))))

11月16日、ホワイトハウスで福田首相とブッシュ大統領が日米首脳会談。
テロとの戦いにおける2国間のさらなる協力や、北朝鮮と6者協議、米国産牛肉の輸入規制問題、気候変動とエネルギー安全保障などについて話し合われた。両首脳による共同声明やファクトシートは、以下のサイト。
(1)ブッシュ大統領と福田総理による共同声明 
 http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/11/20071116-8.html 
(2)ファクトシート 
 http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/11/20071116-4.html 
 ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 今月の拙論 >>
(1)「アメリカの対中観」(『週刊朝日』11月30日号、本日発売)
(2)「中国に客観的歴史解釈を求める空しさ 反日記念館総覧と近年の陳列傾向」(『正論別冊8号 日中歴史の真実』、発売中)
(3)「日本はなぜ国家として立ち上がれないのか(鼎談)」(『正論』12月号)
(4)「中国反日記念館のデタラメ展示」(『WILL』臨時増刊号、発売中)
(5)「サイデンステッカー氏追悼会」(『自由』1月号、12月10日発売予定)
    ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
((( 宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
   ♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。

((( 宮崎正弘のロングセラーズ )))
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
   ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 11月20日が最後でメルマガが来ません。登録は確認しましたが?joy41nat@jcom.home.ne.jp

     2007/12/11

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13238人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17019人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/29
    読者数:
    5712人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/28
    読者数:
    2858人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事