トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:11/7


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月7日(水曜日) 参
通巻 第1995号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

「マスコミの誤報を正す会」が明日、発足記者会見
    沖縄11万集会の数字の嘘を教科書改悪圧力に利用する左翼、利用されるマスコミ
****************************************

 8日午前、「マスコミの誤報を正す会」が発足記者会見を行う。
 「国家や政治・社会の行く末に重大な関わりがある事案について、あきらかに誤報であるにもかかわらず、大マスコミが訂正記事を怠っているため、各マスコミに訂正措置をとるように要求するなどの行動をとる」のが目的のチームだ。
 
 とくに焦眉の急は沖縄県民集会なるもの。十一万が集まって云々の報道があったが、実際に数えてみたところ、18179名から、最大にみても二万人だったことが判明している。
だが、訂正したマスコミは一部のみで、ほかのメディアは数字訂正をしないまま左翼を利する報道を垂れ流したままである。
 この事態への「訂正を求める声明」を発表する。

 「マスコミの誤報を正す会」は以下のメンバーが発足記者会見にのぞむ予定。
 (五十音順、敬称略)
 石原萌記、井尻千男、稲垣武、植田剛彦、加瀬英明、高山正之、中村あきら、西村幸祐、花田紀凱、藤岡信勝、藤田裕行、水島総、三堀清、宮崎正弘、三輪和雄、茂木弘道。
 
       ○●◎み◎や◎ざ◎き●◎○ま◎さ○ひ◎ろ●◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌1993号の拙文に対して、1994号でMC生様にコメントをいただきました。
「国際社会といっても個々の国家の損得の集合であり、客観的な尺度とはなりえない」 
 とのご指摘は、まことにその通りかと、思います。
しかしこれは、角度をかえて見れば、

「国際正義は、だいだいは局地気候として発現する」ということでもあり、
「汚辱の境涯から、正義の鐘が鳴り響くこともある」、ということではないでしょうか。 

シナは、その市場としての類のない巨大さ、またふるい文明国としての潜在的な存在感からして、蒙古やアフリカではありません。しかも、20世紀初頭の中国では、日清戦争後の、列強による濫りな侵略をへて、米国というよりは実質的には英国のリードのもと、シナ主権の尊重と列強の機会均等のルールがたてまえとなりつつありました。
日本も日露戦争で、まさにこの国際的なたてまえを追い風にして、勝利につなげました。 
戦後の日本はロシアの利権を継承し、かつ、地理的人種的に近いことから蜜の流れるシナ市場における、異常な強力すぎるライバルとして目されたのは当然、もっとも日本として自戒すべき所、朝河博士の憂慮は、ここにあったか、と。
しかも朝河博士が、たぶん熟慮して、ほぼ無視した、人種差別の問題もありました。
笹村草家人も別の所で言っているように、大正以降の下り坂の末に、必死の大東亜戦争があり、この結果日本人数百万の犠牲がうまれなければ、アジア諸国民の今日はなかつた、としても、日本が日本らしくあり、「内部者としての反省」を失わぬことが、長い眼では、究極の国際化ではありませんか。
と、無知蒙昧をかえりみず、言ってみたいのですが。。。
    (3cats、石川県)



   ♪
(読者の声2)蓑田胸喜はたぶん立花隆が『天皇と灯台』に彼に結構紙幅を割いたことと自殺したのは精神異常者だったと書いて遺族から訴えられ、単行本では伏せ字にした騒動からリバイバルし始め、佐藤優氏の筆が蓑田人気のブースターとなっているのでしょう。切っ掛けはフジ○○○!でなく、文藝春秋。
     (NH生、品川)


(宮崎正弘のコメント)立花隆の『天皇と東大 大日本帝国の生と死』、あれが、火付け役ですか! 



   ♪
(読者の声3)貴誌昨日付け「読者の声4」に関して。「碌山美術館は、安曇野に在って、中学生の時、北アルプスの燕岳(つばくろだけ)登山の帰りに立ち寄った懐かしい場所です。中略      (有楽生)」
なんと言う偶然なんでしょう「碌山荻原守衛全作品集」昭和50年7月1日発行。昨日観劇の後に立ち寄った新宿中村屋「相馬黒光のような人ねっていわれたことがあって、、なんとなく新宿に来るとこのお店で食事したくなるの」。友人は、「ふ〜〜ん」あまり関心なさそうな返事
あ〜〜あ〜〜碌山の彫刻「女」のモデルで、軽井沢には佳く行くのに、碌山美術館にはまだ一度も行ったことがなくて、、。
この本の購入が昭和50年ということは、40年近くも。。。。。そうだ!京都に行こう。でなくて、「そうだ!碌山美術館行こう!」
(FF子、小平)

◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は11月9日から13日を休刊します。台湾取材等のため。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 宮崎正弘の最新刊 
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
http://ponko.iza.ne.jp/blog/entry/372561
〔↑ 詳しい本の紹介があるブログ〕

   ♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。

宮崎正弘のロングセラーズ 
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
  ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 「マスコミの誤報を正す会」が発足。大いに期待します。
    マスゴミの事実に基づかない報道には困ったものです。この業界の連中は、恥というものがないのでしょうかね。経営者のレベルが落ちて、
    無駄な広告宣伝費を(社会、国の為ではなく)自社の為だけに遣うからでしょう。
    「自社のCMは自分の孫には視せない」といったのも、居ましたね。。。。

     2007/11/7

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13238人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17019人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/29
    読者数:
    5712人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/06/28
    読者数:
    2858人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事