国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/11/06


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 11月6日(火曜日) 貳
通巻 第1992号   
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 この錬金術のトリックはいつまで持つか、ペトロチャイナ
   ウォール街はメリル、シティ、ゴールドマンが苦戦の最中というのに
****************************************

小誌が昨日付けで予告したように、中国の石油最大手「ペトロチャイナ」(中国石油天然気)は、上海証券取引所A株市場に新規上場(IPO)を果たした。
上海での調達額は邦貨換算1兆260億円となり、これまでの中国本土市場での新規株式公開(IPO)では過去最大、破天荒な規模となった。
改革開放以来の中国経済史を簡単に塗り替えた。
ペトロチャイナの株価は公募価格(16.7元)の3倍近い初値をつけて荒々しい歓迎を受けた。

ところが喜んでばかりはいられまい。
欧米の新聞は、「これは明確にバブルの始まり」と書いた。香港では、逆に需給関係を嫌気して、ペトロチャイナの株価は下がった。
香港全体でも株価は5%の大幅下落に見舞われた。
 北京中央は、中国の対外投資加速計画を延期した。

 ペトロチャイナのIPOには3兆3000億元(50兆円強)を超える事前の申し込みがあった。上海市場における時価総額は一気に100兆円を超え、上海証券取引所に上場する銘柄全体の4分の1が、ペトロチャイナなのである。
 この、いびつな構造の基本に横たわる要因とはなにか。

 面妖な現象の本質は、その国家統制の仕組みにある。
ペトロチャイナの時価総額が大きく膨らむ最大理由は「発行済み株式の86%強を占める実質的な国有分も含めて算出しているため。海外を含めて取り引きされている同株は全体の13%でしかなく、適切な国際基準のもとづく株価とはいえまい」(NYタイムズ、11月6日)。

たしかにペトロチャイナの時価総額は4900億ドル前後となった模様で、世界一のエクソンモービルを上回った(エクソンは4860億ドル、フィナンシャルタイムズ推計、11月5日)。
GEもビルゲーツも、ロイヤルダッチの「ペトロチャイナ」より下のランクとなった。
こんなことって、あり得る話なのか?

しかし、市場の反応は、じつはもっと冷静だった。猛烈なバブル警戒感が拡がったのだ。NYは100ドルの下落、香港は5%。そして上海市場の「総合指数」さえ、3%近く下落した。
ペトロチャイナの上海A株上場は、需給悪化となる警戒感が持ち上がり、上海では主力株が売られた。石油関連株の中国石油化工は9%の下落。銀行株、非鉄金属株、不動産株が下げた。

 それも上海株式市場では、昨今、大手国有企業のIPOが連続しており、先月には「中国建設銀行」、と石炭最大手の「中国神華能源」が上場した。
この列にペトロチャイナをくわえて三社だけの資金調達額は邦貨換算で、2兆6000億円!
どこから、そういうカネが出てくるだろうか?

       ○●◎み◎や◎ざ◎き●◎○ま◎さ○ひ◎ろ●◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号にでた「読者の声」の「品川IY生」氏へ。
自衛隊では式典のあり方はきちんと決められております。

富士火力演習はあくまで演習ですが、観閲式や観艦式などでは必ず国歌が演奏され、公式行進曲に制定されている分列行進曲(抜刀隊)や軍艦マ−チなどが演奏されます。
かつて海部首相の時代に湾岸戦争の後海上自衛隊の掃海部隊が出動・帰還した時、軍隊嫌いの海部首相が「出港・帰還の時に自衛艦旗を掲げるな、軍艦マ−チを演奏するな。」などの「指示」を出しましたが、海上自衛隊は規則をたてにこれを拒否した事例がありました。

また防衛庁時代の内局官僚が観艦式を陸・海に合わせて「海上観閲式」に名称を変更しようとしたことがありますが、海幕の制服組は「観艦式」は明治初年に明治天皇の行幸を仰いだ時以来の伝統ある呼称であり、断じてこれを曲げることは出来ない、と突っぱねたこともありました。
「伝統墨守・頑迷固陋」といわれる所以です。

今回の特措法にからむ給油量など色々な問題にしても、防衛省内局の役人どもが自分たちの失策を現場の制服組の責任に転嫁しようとしたことは明白で、今や自衛官諸君の不満は高まっています。
守屋某のゴルフ100回以上はやりすぎだし、その根本的責任はやはり日本の政治家があまりに軍事に無知でその結果小役人どもを増長させる結果となったからではないでしょうか。なお小生は競馬はやらないので、東京競馬場で国歌が流されているかは存じません。
 (武蔵国 杉並村住人)



   ♪
(読者の声2) 貴誌1991号の随筆中、「途中で騒ぎが持ち上がった。>  サイデンさんの翻訳本や写真が展示された陳列台におかれた時計が動きだしたのである。
>  最初に発見した人に誰もが「嘘だろ」と言った。会は四時半から始まり七時十五分ごろ終わった。六時半でとまっていた時計が、六時半に動き始め、7時十五分をさして止まった。>  追悼会のあいだ、まちがいなく > サイデンさんは、あの会場に居たのである。
> 帰宅後、私家版のサイデンさんの随筆(原文は93年11月号の「うえの」)を読んだ。「わたしは幽霊の存在を信じる。」と書かれていた」。
と書かれています。
サイデンステッカー氏の追悼会で、止まっていた時計が動き出した挿話は面白かった。怨念の霊ではなく、陽気な霊だったと思います。
     (MC生)


(宮崎正弘のコメント) そうですね。陽気なやつでしょ。悪戯好きだった氏のように。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◇◇
出陣学徒慰霊祭のお知らせ
@@@@@@@@@@@@

 日本保守主義研究会では11月18日に靖国神社にて出陣学徒慰霊祭を催行いたします。
学生の立場から大東亜戦争において散華された英霊の慰霊・顕彰を行い、祖国再生をお誓いいたします。
   記
日時    11月18日(日)午後1時半〜4時半(1時開場) 
場所    第一部:記念講演 靖国神社内靖国会館2階 
      第二部:出陣学徒慰霊祭 靖国神社本殿
講師   遠藤浩一先生(拓殖大学日本文化研究所教授) 
     演題【国家と祭祀〜戦没者を祀るといふこと〜】
参加費   大人3000円、学生無料(玉串料込)。定員 150名(要予約) 
主催 日本保守主義研究会  協賛 英霊にこたえる会 

参加申込はこちら↓
http://form1.fc2.com/form/?id=240797
詳しくはこちらのウェブサイトをごらん下さい↓
http://www.wadachi.jp/ireisai/index.html
         ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は11月9日―13日を休刊します。台湾でシンポジウム出席のため。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 宮崎正弘の最新刊 
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
http://ponko.iza.ne.jp/blog/entry/372561
〔↑ 詳しい本の紹介があるブログ〕

   ♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。

宮崎正弘のロングセラーズ 
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
  ♪
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。