国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/10/29



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 10月29日(月曜日) 貳
通巻 第1979号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ついに原油は1バーレル=100ドル時代が秒読み
  OPEC増産に応ぜず、イラン核武装制裁が逆効果を産み、冬は目前になった
***************************************

 石油消費は冬に増えることは火を見るより明らか。ガソリンを大量に食うのはアメリカの消費者である。
 その米国はイラン制裁強化を主唱し、核武装阻止へ動いているが、イランからの原油輸出は、いまでは中国向けが筆頭で、日本より多い。
その中国は、明らかに米国主導の制裁には加わらないから、イラン経済制裁強化には意味がない。
米国の自己満足で終わり、かえって原油価格を押し上げるから、逆効果になるだろう。

 こうした無気味な原油高騰の動きに、投機筋のカネが大量に入りこんだ(フィナンシャルタイムズ、10月28日付け)。
それもアラブの投機資金が含まれており、しかもOPECは「11月から50万バーレルだけ増産する」と言う。理由はドル安によって産油国の実入りが減っており、値上げは、OPEC諸国にとっては好都合なのだ。
 どのみち正価で買うのは日本くらい。アラブ産油国は、イスラム圏、とくにパキスタンには「特別料金」を適用している。

 さて原油が100ドルを突破するとなれば、日本のデフレ時代は完全に終息するだろう。
 また金価格は先週、28年ぶりの高値。さらに暴騰を続けており、1オンス=850ドル(1980年の記録)に迫る勢いを見せている。
やっかいなことに、これも投機筋のカネである。

 81年、レーガン政権発足と同時に「金委員会」がホワイトハウスに設置されたことを御記憶だろうか? 
あのときリーガン首席補佐官を囲んで「金本位制」への復帰が真剣に論じられた。

 金の備蓄が世界先進国でもっとも少ない日本。対外債権が紙くずになる懼れがある米ドル建ての公社債、それも殆どを、ドル安に揺れる米国の国債で保有している。
 原油100ドル突破の事態がくれば、深刻な経済的被害を受けるのは、日本である。

◎◎◎み◎◎◎や◎◎◎ざ◎◎◎き◎◎◎ま◎◎◎さ◎◎◎ひ◎◎◎ろ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 宮崎さんのホームページは、じつに充実していますね。
とくに私が個人的に関心を抱いたのは下記のふたつの紀行文でした。
http://miyazaki.xii.jp/travels/manchuria/manchuria1.html
http://miyazaki.xii.jp/tyosya-kinkyou/nomn/index.html
 
 これらは両方ともに旧満州の現状を追求された紀行のかたちをとられながら、中国の深部に食い入り、その中国の矛盾、経済の矛盾、ひとびとの矛盾を暴き出す試みでもあると想われます。
 いつでしたか、読者の質問に答えられるかたちのコメントで、「つぎに旧満州問題に挑みたい」と宮崎さんが言われていたのを記憶しております。
 それは、こういう紀行のスタイルでなされるのでしょうか?
     (TY生、山形県酒田市)


(宮崎正弘のコメント) 旧満州は広いのです。とてつもなく広大で、荒野、農村、凍土、森林、湿地が続きます。
幹線は満鉄の特急が走った大連―奉天(いまの瀋陽)―新京(いまの長春)―ハルビンですが、日本人開拓団は、その奥へ奥へと行きました。
当時の「ソ満国境」に近い牡丹江、鶴岡、東寧がハルピンの東、北は北安、孫呉、黒河、孫克、そして西はチチハル、大慶、満州里。
そこから南へ下って赤峰、阜新、錦州などなど。
過去七年ほどで、上記の主要なポイントはほぼ廻りましたが、まだ未踏の奥地があり、それを急ぎ足で回るとしても、来年秋までにもつれ込みます。
ですから新刊は来年秋以降ということでしょうか。

◎◎◎み◎◎◎や◎◎◎ざ◎◎◎き◎◎◎ま◎◎◎さ◎◎◎ひ◎◎◎ろ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
撃論ムック『中国の真実』発売!
   オークラ出版 定価1200円

北京五輪を控えた中国で、いったい何が起こっているのか?
人権弾圧、言論弾圧、大気汚染に環境破壊、そして食品公害。
そして、拡大する軍事力の脅威と、威圧的な外交。
さらに、台湾侵攻と囁かれる2008年危機・・・・・。
こんな国で、オリンピックの開催が許されるのでしょうか?
本ムックは、中国の報道されない本当の姿を、中国専門家やジャーナリストが鋭く分析・解説し、日本人に警告を発します。
日本のメディアは、なぜ、中国の恐ろしい実態を伝えないのか?

目次
◎総特集1 北京五輪の邪悪な意図
北京五輪という世紀の愚挙…………………………………………………石 平  12
北京オリンピックに断固NOを!…………………………………土屋たかゆき  18
米中関係の真実……………………………………………………………島田洋一    20
北京五輪ボイコット運動が報道されない理由…………………………青木直人    26
北京五輪は台湾侵略の前夜祭だ……………………………………………林建良   34
中国・バブルが弾ける日…………………………………………………宮崎正弘   38
○トークセッション
戦後最大の危機に、日本人は覚醒するか…………………………石 平vs西村幸祐 42

◎総特集2 戦慄!人権弾圧超大国 
人権弾圧クロニクル………………………………………………………… 岩田温 64
中国はチベットで何をやったか…………………………………………三浦小太郎  72
少数民族への過酷な弾圧…………………………………………………花見堂久子  76
宗教抹殺の恐るべき実態…………………………………………………花見堂久子  79
恐怖の死刑超大国…………………………………………………………… 安東幹  90
脱北者を敵視する冷酷な国………………………………………………三浦小太郎  98

◎総特集3 軍拡と覇権主義の脅威
中華帝国・世界征服へのシナリオ…………………………………………藤井厳喜 110
中国が台湾を呑み込む日……………………………………………………平松茂雄  114
台湾侵攻――そのとき自衛隊はどう動く……………………………………佐藤守  118
中国の核戦力に関する三つの考察……………………………………………伊藤貫  124
人民解放軍のサイバー攻撃に備えよ………………………………………井上和彦 128

◎特集 経済大国中国の深層
社会主義市場経済が終わる日………………………………………………藤井厳喜 134
中国経済のブラックホール…………………………………………………宮崎正弘 138
中国が世界中の資源を食らい尽くす………………………………………青木直人 152
○トークセッション
主権なき国家・日本の運命……………………………………青木直人vs西村幸祐 157

◎特集 中国の罠・絡めとられる日本
中国のインテリジェンス………………………………………………………佐藤優 168
五輪利権に群がる国会議員たち……………………………………………青木直人 172
増殖する中国人犯罪者の脅威………………………………………………菅沼光弘 176
中国人御用学者たちの正体を見抜け………………………………………青木直人  180
知られざる中国の対日工作…………………………………………………野村旗守 184
ODA――貢ぎ続ける日本…………………………………………………青木直人 188
日本恫喝の新たな外交カード…………………………………………………江藤剛  192
「移民」という名の侵略に備えよ…………………………………………酒井信彦 196
   ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘の比較的入手しやすい本の一覧 ↓
 http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html

宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 大和2007/10/29

    満州と云えば「リコウラン」(山口淑子=参議院議員)・満鉄・大谷鉄工・五属協和位しか記憶にない年代ですが、大連等は日本のお陰で大都会に成り日本本国より立派で有ったと聞いていました、又満州の勉強を一からやって見たいと考えて居ます。