国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/10/28



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 10月28日(日曜日) 参
通巻 第1977号  臨時増刊号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 台湾を理解するために、絶好のチャンスです。
 今日から早稲田大学で台湾フェステバルが連続開催です!

すべて入場無料です!!!
@@@@@@@@@@@@

 早稲田大学創立125周年、台湾文化週間の大イベント
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「台湾研究をめぐる日台若手研究者の対話」
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@
28日…会場:国際会議場三階・第二会議室 14:00〜17:00
29日…会場:小野記念講堂 14:00〜17:00
日台双方から若手研究者が「日台関係」「歴史」「文学」等について、
それぞれの専門に応じて研究発表、コメントを行います。

10月27日〜11月2日 「台湾写真展」
@@@@@@@@@@@@@@@@
会場:学生会館・辜振甫記念アトリウム  期間中:9:00〜17:00
日本統治時代から現代までの台湾の民主化と経済発展の歩み、
美しい自然や観光地など多数の写真を展示。 

10月31日 「台湾原住民文化・歌」
@@@@@@@@@@@@@@
会場:小野記念講堂
   第一部:10:30〜12:00 第二部:14:00〜16:00 第三部:18:00〜21:00
原住民の研究者である林道生氏による、原住民の文化・歴史及び歌の紹介を行います。

10月29日〜30日 「台湾映画祭」
@@@@@@@@@@@@@@@@
会場:小野記念講堂
29日:18:00〜21:00
金鉱で栄えた台湾北部の町・九*の歴史を語るドキュメンタリー映画
「風を聴く〜台湾・九?物語」のダイジェスト版を上映します。
上映後、林雅行監督による解説を行います。

30日:10:00〜18:00
午前:「梨園春暁−台湾歌仔劇」
午後:「ぼくのフットボールの夏(奇蹟的夏天)」 監督:楊力州・張栄吉
台湾映画関連のシンポジウム、台湾からの歌手:小高さんが歌を披露します。
ドキュメンタリー映画 「ぼくのフットボールの夏」 の監督とのトークも予定しています。
問い合わせ先:03−3444−8724 台湾資料センター

11月1日〜2日 「台湾伝統人形劇」
@@@@@@@@@@@@@@@@
会場:国際会議場 井深大記念ホール
第一部:10:00〜12:00 第二部:14:00〜16:00
  台湾の「人間国宝」と称される鍾任壁氏が団長を務める新興閣掌中劇団が出演します。
演目は「西遊記」を予定し、午前の部が公演、午後の部は解説となります。
二日間に渡り、計四回の公演予定です。 

詳しくは下記サイドで
http://www.waseda.jp/prj-taiwan/sympo.html

(なお、この台湾ウィークの開催を記念して、昨晩(10月27日)早稲田大学構内にあるリーガロイヤル・ホテルで「前夜祭」が開催されました。
 早稲田大学学長、台湾大使(台北駐日経済文化代表処)、早稲田大学台湾研究所所長、来賓として玉沢徳一郎衆議院議員らが登壇、挨拶。小生も招かれて関係者と懇談しました。台湾映画を日本に最初に紹介した映画評論家、ノンフィクション作家の田村志津江さんの顔もあって、賑やかな会でした)。

◎◎◎み◎◎◎や◎◎◎ざ◎◎◎き◎◎◎ま◎◎◎さ◎◎◎ひ◎◎◎ろ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
(((  宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
♪♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。

((  宮崎正弘のロングセラーズ ))
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
 ♪♪♪
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)

◎◎◎み◎◎◎や◎◎◎ざ◎◎◎き◎◎◎ま◎◎◎さ◎◎◎ひ◎◎◎ろ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2007/10/29

    いつも貴重な情報をありがとうございます。



    先日の記事も含め、早稲田にこのような保守派のサークルや、台湾について学内で取り上げることがあるとは知りませんでした。



    大学と言っても、お金が無ければやっていけない組織です。最近では何やら早稲田に関する怪しい噂など聞いておりましたので心配していたところです。



    まだ早稲田は死んでいないのですね。