トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:10/24


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 10月24日(水曜日) 貳
通巻 第1969号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(本号はニュース解説はありません)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(再録)
前々号(1967号)が文字化けで読めなかったという投書をたくさん頂きました。下記に再録します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主化の前兆と評価した米国メディア  
平成19年(2007年) 10月23日(火曜日) 
通巻 第1967号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中国共産党新人事で「中央委員会」はたしかに胡錦濤派が増えた
「総主流派」を価値観の多様化で民主化の前兆と評価した米国メディア

欧米メディアは、今次大会の分析で優れ、具体論では顔色を失うほどの誤報が目立った。

日本の特派員の強みは、漢字が読めること。したがって発音の微妙な差でも人物を特定できるほどの語学の達人が北京特派員に多い。外国人は発音だけのアルファベット表記だから、人名を往々にして取り違える。

ともかく、共産党大会の総括?あれはPTA総会ではなかったのか。

法的になんの根拠もないのに、江沢民が雛壇の中央に座り、お目付役のごとく、過去の「老害」的な長老が並ぶという異常事態。共産党青年団をつけあがらせるな、太子党の既得権益を守れ、という暗黙の大合唱が会場に溢れていたかのような印象を受けた。

「三下四上」の常務委員会は、結局、胡の子分は李克強ひとり、である。あとは江沢民の影響下にある太子党が占め、新鮮味に徹底的に欠ける。

政治局の新任でとくに注目は王岐山と張高麗。王は助っ人専門の有能な人物である。

新たに中央委員に加わったなかで、江蘇省委書記の李源潮﹑重慶市委書記の汪洋(この二人は政治局員にも昇格)﹑海南省委書記の衛留成﹑貴州省委書記の石宗源﹑廣西自治區書記の劉奇葆﹑山西省委書記の張寶順﹑浙江省委書記の趙洪祝﹑吉林省委書記王某、青海省委書記の強衛らにも注目が集まった。

また「自治区」の代表の多くが中央委員になったのも特徴的である。

廣西自治區主席の陸兵﹑チベット自治區主席の向巴平措﹑青海省長の宋秀岩﹑貴州省長の林樹森﹑海南省長の羅保銘﹑山東省代省長の姜大明﹑雲南省長の秦光榮﹑陝西省長の袁純清﹑甘肅省長の徐守盛﹑河北省長の郭庚茂﹑福建省長の黃小晶﹑江蘇省長の梁保華﹑四川省長の蔣巨峰﹑吉林省長の韓長賦。

「団派」(共産主義青年団)の勇躍は中共中央辦公廳主任の令計劃﹑共青團團中央第一書記の胡春華﹐この二人は胡錦濤の嫡系である。

外交方面でも新人が顕著となった。

外交部長楊潔チ﹑外交部副部長が前駐日大使の王毅﹑人事部長は尹蔚民﹑國務院僑辦主任は李海峰(女性)﹑水利部長陳雷﹑新聞出版總署長柳斌杰﹑國家安全部長の耿惠昌﹑國土資源部長の徐紹史﹑財政部長の謝旭人。

次期部長含みの人事で注目は中央組織部常務副部長の沈躍躍﹑中宣部常務副部長の吉炳軒﹑統戰部常務副部長の朱維群。

「太子党」で著名なのはトウ楠と劉少奇の息子で軍事科學院政委の劉源。これらの人達が「中央委員」のなかの注目株である。
  ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1) これまで国際政治の核削減交渉、核拡散防止交渉の場で、核施設の「無能力化disablement」(稼動停止と封印)というターム (用語)はなく、そんな甘い対処法はなかったと思います。
核兵器製造施設は廃棄させるしかないし、製造し又は保有する核兵器は廃棄させなければ、核は拡散し、その脅威は除かれません。 しかし北の核に纏わる交渉は、実質的なその核の脅威を取り除こうとせずに進んでいます。
所謂「六者協議」において、日本以外の米・中・露・韓の四カ国にとり、北の核は脅威ではないのでしょう。だからこんな茶番劇が進んでいるのでしょう。核施設の「無能力化」は言葉の詐術です。
北の核施設の「無能力化」だけが議論の俎上に載っている現状のままでは、六者協議の交渉が纏まっても、日本は北の核の脅威の元に置かれ続けるのです。
なんと欺瞞に満ちた外交交渉に日本は加わっているのでしょう。
五カ国、特に米の弱腰をせせら笑うように、北はシリア( ≒ イラン)に原子炉を売却し、核を拡散していることが明らかとなりました。金正日に対して、現在既に保有している核兵器の廃棄を求めず、これを不問に付し、他国(特にイラン)への核の譲渡禁止を約束させられればよしとして、北と手打ちを図ろうとしていた米は、その脇の甘いスタンスに付け込まれました。
金正日はそんな独裁者です。 米国務長官のライスもその進言を受け容れたブッシュも甘いのです。

日本は、まだ安倍晋三首相の執政下の9月初め、ウランバートルでの日朝二国間会議で、「過去の清算」を金額で弾く交渉を始めたとの情報があります。 とんでもないことです。
米代表のヒルは、最終目標は「朝鮮半島の非核化」と高らかに述べていますが、こんなお題目は日本に百害あって一利のない代物です。
米が北に年末までの提出を求めている「核計画の申告」なんてどんな意味があるのか全く不明です。核の脅威を除く実効性のない、意味のない要求です。
日本政府が、北に対して、「拉致被害者の名簿を出せ」と遠吠えしているのに似ています。
2002年9月17日に、拉致実行を認めた金正日に対して小泉首相は、その場で現状復帰つまり拉致された不特定の日本人全員を日本に帰国させることを要求すべきでした。 しかしそれを言い出せず、外務省の田中均と福田康夫官房長官(当時)の描いた、拉致被害者の安否情報を求め、出された名簿を確認することに留めてしまいました。
日朝政府の間では、未だに特定の日本人の安否情報の議論を繰り返しているだけです。 あの交渉の場で、頭の血をちゃんと巡らせていれば、北朝鮮に不特定の被拉致者全員を日本に帰国させることを発言し求めるという、まっとうな外交交渉ができていた筈です。 しかしそうせず、北に捻られてしまっています。
六者協議に参画している日本は、2002年の小泉・金会談の轍を踏むことなく、今その交渉の場で北が保有する核兵器の廃棄を求めなくてはいけません。
今のままでは、北の核施設を「無能力化」しただけで、米朝は国交を回復するでしょう。 日本は、北からの拉致被害者の奪還も北の核兵器の廃棄もなされないまま、北との国交回復を迫られ、北の地に呻吟する拉致被害者を遺したまま、北が核弾頭ミサイルを日本列島に向けたまま、数兆円の賠償金を北に支払わされる羽目になってしまうでしょう。 いやはや。
   (有楽生)


(宮崎正弘のコメント) 米国は日本の頭越しに北朝鮮問題を片付ける腹づもりです。
 ヒル国務次官補は、次期政権で国務副長官にご出世遊ばすという観測もワシントンでは飛んでいます。かれの渾名も「キムジョン・ヒル」って。



   ♪
(読者の声2) 貴誌1968号(10月23日発行)(読者の声1)でSJ氏が「画像から見る限りフォト・ジャーナリストとしてはあまりに無防備で、サバイバル意識の欠如を指摘せざるを得ません」と西村眞悟代議士のビルマ現状報告に関する卓見をのべておられました。
その中にあった長井氏狙撃事件に関しては別な興味深い視点からの見方を『フォーサイト』誌11月号に竹田いさみ氏が書いています。
撃った兵士がサンダルを履いていることからおそらく、タイとの国境地帯で少数民族との交戦に携わっている特殊部隊の兵士であろうとのことです。
通常、ヤンゴンを警備している部隊は実戦経験がなく、一般市民との交流もあり、この度の作戦で一般市民に対して強い態度が取れないので、特殊部隊をつかったのであろう。
 天安門事件で北京駐在の人民解放軍ではなく辺境地帯駐在の部隊を使ったのと同様の状況であったのであろう。
つまり軍事政権は本気なのであろう。
    (ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)或る事情通から次の情報があります。
 カチン族など反政府系組織が、あのデモを背後で操りました。これはご承知の通りです。死んだカメラマンが帯同していたのは英語の通訳でした。録音を聞かれましたでしょ? 
ビルマ人通訳は日本語を喋ります。英語の通訳を雇用していたという事実は、彼はまぎれもなく反政府デモの隊列にいたのです。
 これ以上の説明は不要でしょうが、そういうことなのです。



   ♪
(読者の声3)さて中共大会のひな壇、派閥総出演の理由は何か。
今回の大会で派閥抗争を越えて江沢民まで出てきたのは、共産党の危機感ということではないでしょうか。
共産党というのは国民を搾取する特権搾取集団です。そのおぞましい姿が国民の前に暴露されたのが昨今の中共の現実です。このため特権集団が危機を感じ、派閥を超えて団結し国民に示威を示していると理解できないでしょうか。そのくらい国民の共産党に対する反感と敵意が高まっているということです。

勿論、これは共産党支配の終わりの始まりです。共産党=平等という幻想を抱いている人々は、権力を金にかえて大富豪となっている共産党幹部と家族に対してやりきれない怒りを感じていると思います。これが共産主義運動の正体であったということです。
 そしてその不満が携帯電話で巨大な大陸の東西南北に伝達されているとしたら。共産党でなくても危機感を抱くでしょう。
もっとも中共幹部は米国やスイス銀行に莫大な預金をしていつでも逃げられるようにしているでしょうが。
   (MC生)


(宮崎正弘のコメント) 「国富論」ではなくて「私冨論」の国ですから。危機感というより、それは特権階級の、既得権益が脅かれかねない、という危機感です。
 「太子党」にしても、「共青団」(団派)と同様に修羅場をくぐっていないので頼りなく、それで保護者(長老達)がでてきた。これが「老幇」です。
党大会が恰も「PTA総会」だと、小生が比喩したのは、そういう意味です。

     ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   (((((((((((((((( ●北◎京○五◎輪● )))))))))))))
【シンポジウム】
「中国の人権状況と北京五輪」

 中国共産党は2001年、北京五輪(2008年)の招致について、国際オリンピック委員会に人権の改善を約束しました。しかし、国連やアムネスティ・インターナショナルの最新報告によると、改善どころか、中国の人権はますます悪化しています。
 中国共産党政権は、周知のように法輪功学習者を狙った臓器狩りをはじめとする、数多くの人道に反する罪を犯していますが、巧妙な嘘と経済的利益で国際社会を欺いています。平和の祭典と信じて、日々練習に精進している出場選手らなど無辜の人々がこの事実を知らずして北京五輪に参加するのは、そうした重大犯罪に加担させることと同じであると言えます。
 中国共産党が数々の迫害を重ねながら、平和の祭典である五輪を同時に開催することは決して許されるものではなく、良識ある人々ならば決して見過ごすことはないでしょう。
 注目を浴びている中国の人権状況と北京五輪をテーマに下記の要領で、シンポジウムを開催いたします。お誘いあわせの上、お気軽にご来場ください。
      
      記
◆日時:2007年10月27日(土) 午後2時30分〜午後4時30分
◆会場:東京都文京区シビックセンター 26階スカイホール
   (「春日駅」または「後楽園駅」 4a出口、5番出口)
◆定員:100人(当日先着順)
◆参加費:無料
◆主催:法輪功迫害真相調査連盟 アジア調査団(CIPFG ASIA)
◆後援:大紀元時報
<講演予定者>(敬称略)
 土屋たかゆき (東京都議会議員)
 高峰一 (環境問題専門家・東京工業大学工学博士)
 林飛 (弁護士・中国民主化運動海外聯席会議 日本代表)
 安東 幹 (人権活動家)
<お問い合わせ先> CIPFG日本事務局 
 電話:090-9460-1241(山川) Eメール:info@cipfg-japan.com
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
(((  宮崎正弘の最新刊 )))
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
♪♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。

((  宮崎正弘のロングセラーズ ))
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
 ♪♪♪
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
◎○ ◎ ○◎. ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. いつも、面白く拝見させていただいています。ちょっと質問なのですが、今回の記事にも出ていた「中国共産党青年団」の歴史と現状を知ることに出来る文献は何かないでしょうか。日本語か英語が良いのですが、若干であれば中国語でもOKです。中国政治の研究者に聞いたのですが、もごもご言っていてよく分かりませんでした(大学講師T)

     2007/10/24

  2. __,,,,、 .,、 
                /'゙´,_/'″  . `\ 
              : ./   i./ ,,..、    ヽ 
             . /    /. l, ,!     `, 
               .|  .,..‐.、│          .|    ビクビクッ 
               (´゛ ,/ llヽ            | 
                ヽ -./ ., lliヽ       .| 
                 /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ 
             / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.! 
     ビクビクッ   : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./ 
            .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛ 
              l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄| 
           . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん 
           l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛ 
           .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、 
           |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ 
          .ll゙, ./    !            ,!         
          .!!...!!   ,,゙''''ー       .| 
          l.",!    .リ         | 
          l":|    .〜'''      ,. │ 
          l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │ 
          l: l「    !    . ゙゙̄ /  ! 
          .| .|    !     ,i│  | 
          :! .l.    }    ,i'./    | 
          :! .|    :|    . /     .| 
          :! |    ;!   "      .| 
          :! !    │        │ 
          :!:|               ,! i ,! 

    ぽあしちゃおう 2007/10/24

  3. 文字化けは、ハッカーでも破壊工作でもありません。メール配信システムがタコなだけです。
    ちなみに、「﹑」は、「、」ね。
    文字化け箇所をコピペしてクグれば、検索窓に修正されて表示されるよ。(32語制限あるので長文はダメ)

    ハッカーに異常分子ってきみ... 2007/10/24

  4. Miyasaki,you are trying to twist the history,but God know everything.Watch out your tongue!

     2007/10/24

  5. 同じ文字化けです。
    ハッカー等でしょうか。
    中国?国内の異常分子?の仕業でしょうか

     2007/10/24

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13243人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    5697人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事