トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:10/21



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 10月21日(日曜日) 
通巻 第1965号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 憲法は大統領の三選を禁止しているのに、カリモフは16年間も大統領の座にあり、しかも次の大統領選挙(12月23日)も“当選確実”という怪談
    にもかかわらずEUは対ウズベキスタン制裁を解除
****************************************

 石油が一バーレル90ドル、資源の確保が政治の課題となった。
 2005年5月13日にウズベキスタンのフェルガナ盆地に近いアンディジャンでおきた数百の反政府デモ隊への血の弾圧事件は「アンディジャンの虐殺」として世界のメディアが報じた。生き残った数百は、国境を越えて、キルギスの難民キャンプへ。

 ウズベキスタンは中央アジアのど真ん中、タシュケント、ブハラ、サマルカンドのシルクロードのオアシスを抱え、資源に恵まれている。

それから僅か二年。
もはや「制裁」の対象とは言えない、とばかりドイツが中心となって動き、EUは、この10月17日に対ウズベキスタン制裁を解除した。
あれは「イスラム過激派の暴力的反政府転覆活動が発覚したため」とカリモフ政権は言い張ってきた。

 実際の犠牲者は、イスラム武装組織に依れば7000人、また別派「1924組織」によれば、犠牲は一万人から二万人に及んだ、とも主張された。
ところが欧米メディアは、このいずれの数字も退けた。

カリモフ大統領はイスラム世俗主義を掲げて、1991年のソ連邦崩壊と同時に「大統領」となった。
 憲法は明確に「同じ人物の大統領の三選を禁止」しており、しかも一期の任期は五年。

 しからば十年をもって引退すべき人物なのに、爾来、十六年もの長きに渡って、ウズベキスタンを事実上壟断し、しかも、次の大統領選挙にも当確とは、いったいウズベキスタン国民は羊のようにおとなしいのか?

 からくりがあった。
 91年に初回大統領選挙で当選したカリモフは、途中の「国民投票」で任期延長され、そのまま2000年まで居座り、次ぎに大統領選挙を延期し、2002年に再選されたが、これも「憲法改正までの暫定処置」とされ、なんと「再選」にカウントされないという超法規的措置を講じたのだった。
 したがって12月の選挙は「再選」となる、というむちゃくちゃな憲法解釈である。


 ▼ 反政府各派はデモの組織化もままならない状態

 同時に政敵を弾圧し、有力な対立候補はトルコへ逃れ、何人かは地下へ潜った。また、有力な野党政治家が謀殺された。
 トルコへ逃げた野党指導者は、遠くウズベキスタンまでの指令が届かず、他方で国内の過激派は秘密警察の取締が厳しく、また穏健な民主勢力各派も、団結の動きを採れずに各派バラバラの惨めさ。
資金も西側の亡命組織などに頼っているため、数百名の反対デモさせ組織化が困難な情勢にある。

 とはいえカリモフは既に69歳。
そろそろ独裁王朝では、「後継者」が問題となる。
 カリモフは隣国カザフスタンの独裁者ナゼルバエフ同様に、長期政権の安定を狙うが、ナゼルバエフは息子を後継にしたくとも無能の上にスキャンダルだらけ、だ。
かといって有力な政治家を自らが潰してきた。ナンバーツー不在というのは、リビアも、トルクメニスタンも同様である。

 南の隣国キルギスでは、民主革命によってアカーエフ前大統領は政権を投げ出しモスクワへ逃亡した。
ウクライナ、グルジア、キルギスと続いたカラー革命は、実際のところ、選挙をおこなって、その選挙の不正に住民が抗議するかたちで政権が転覆した経緯がある。
その轍も踏みたくない。

 そこで後継有力となって浮上したのがカリモフ大統領の娘=グルナラ・カリモフである。
グルナラは、政治経験に乏しく、修羅場も体験しておらず政府高官の役職をこなしているわけでもない。
そこで、カリモフは娘のグルナラをモスクワ駐在ウズベキ大使館の顧問としてりしたが、主に彼女はビジネス界に君臨してきた。
 ちかく、彼女を閣僚級の地位に引き上げる意向をカリモフ大統領はもっているという(『ユーラシアディリー、10月19日付け』。

 エジプト、シリア、北朝鮮同様に、息子娘を後継とさせるためには、まず政府高官に任命し、政治の場にならす。これはアゼルバイジャンのアリエフ親子の路線と酷似している。

 中央アジアの政治的“怪談”、まだまだ続くだろう。

      ○◎み◎や◎ざ◎き◎ ○ま◎さ○ひ◎ろ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(編集部からのお知らせ) 下記に宮崎正弘の旧満州紀行があります。↓ (HPを更新しました)。
http://miyazaki.xii.jp/travels/manchuria/manchuria1.html
        ◎ ◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) APがWFP(国連機関の世界食料計画)報道官の話として報じるところでは、中国から北朝鮮への援助物資であるトウモロコシ、小麦粉8,000トンが中国鉄道当局と北朝鮮鉄道当局の対立で北へ移送されず、中朝国境丹東の倉庫に入れられたまま留め置かれているとのことです。
北朝鮮へ入った中国の貨物車両が戻ってこないので、中国鉄道当局はそれらを戻すよう求めているというのです。
英フィナンシャル・タイムズによると、最近だけで中国から北に入った1,800車両が戻ってこず、これらは北で解体・スクラップされ売却されているようだというのです。
日本人は、炙った丸干しイワシなら、頭から尻尾まで食べてしまいますが、朝鮮人は援助物資を鋼鉄の車両ごと、むしゃむしゃと食べてしまっているようなのです。
これには、「四脚は机・椅子以外、空を飛ぶものは飛行機以外食べる」と豪語するシナ人も呆れ果てているのです。いやはや。
     (NH生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント) 凄い話ですね。ま、あり得ないことでもないでしょうが。。。。
 そういえば大連から丹東(日本時代の安東)まで、小生が行ったのは四年ほど前ですが、白タクで150元でしたね。
途中、場所によっては悪路で、四時間から五時間かかった記憶がありますが、いま高速道路が繋がり、三時間で行ける由です。
 中国側はネオンがぴかぴか、海鮮レストランの列。対岸の新義州は、真っ暗闇でした。このコントラストも、まったく変わらずと先日現場をみてきた人の話です。



    ♪
(読者の声2) 毎回楽しくニュースを読ませて頂いており感謝しております。
貴誌1964号の世界十五大企業の時価総額ランキングの中で第四位の「中国移動」が(チャイナモービル)となっていますが多分中国移動通信の「チャイナ・モバイル」ではないかと思います。
     (KH生、姫路) 


(宮崎正弘のコメント) ご指摘の通りでした。MOBILE(モバイル)です。
 中国も、しかし、英語名企業名は、ややこしいほどの欧米に酷似した名義を使いますねぇ。

     ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(((  宮崎正弘の最新刊 )))
http://www.amazon.co.jp/dp/4198624097?tag=wadachiweb-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4198624097&adid=163HT0C6YJ21RFY66X6D

『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200710130007o.nwc
(書評あります ↑)


『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。
http://www.namiki-shobo.co.jp/
  ○

((((( 宮崎正弘のロングセラーズ ))))

『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
  ♪
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
◎○ ◎ ○◎. ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 憂国忌事務局の皆様
     
    憂国忌招待券を希望します。
     
    氏 名:鈴木 孝則
    住 所:〒984−0051 仙台市 若林区 新寺 1−3−70 グラン・ドミール205号
    電 話:090−1252−7816
     
    ■追記
    (有)宮崎正弘事務所のご案内で知り、申し込みます。
    実は、私は三島研の会員です(のつもりです)。
    昨年の憂国忌にも参加しました。
    ただ、現在でも有効に会員なのか、自分でもやや不安(笑)なため改めて申し込む次第です。
     
    最初に、憂国忌に参加したのは、第2回か3回だったと思います。
    私学会館で開催されていた、国防問題研究会にも時折参加しました。
    ただ何れも、本当に「時折」です。(憂国忌はもう少し出席していますが。)
     
    近年は、たまに旧大正セントラルホテルの三島研に参加すると決まってその後、三浦様と
    2次会・3次会へいっておりました。
    自宅(実家)は横浜ですが、年内はほとんど仙台にいます。
    お手数ですが、ご案内があれば仙台宛にしていただければ大変有難く存じます。
     
    自宅(実家):〒231−0845 横浜市 中区 立野 48−6
     
    鈴木 孝則
     
    追伸:ホットメールのアドレスに、何度か送信しましたが届かないようです。大変申し訳ありませんが、こちらへ送らせていただく次第です。

     2007/10/21

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    5695人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事