トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:10/9


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 10月9日(火曜日) 
通巻 第1948号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

『中国の危ない食品  中国食品安全現状調査』(草思社)を書いた周京氏が北京から来日
   日本の産地直送や有機無農薬食品、農産物のネットワークに驚く
****************************************       

 中国語版は『民以何食為天』(翻訳は『中国の危ない食品』(草思社刊))。すでに中国では発禁処分である。
 日本語翻訳版刊行を機に来日した周氏は、精力的なキャンペーンを続けているが、昨日、筆者と懇談する機会があった。

 氏は日本の無農薬食品のネットワークの存在を知り、大きな興味を示した。
いかにして、このような産地との密接なネットワークを確立する消費者運動が日本で成り立ったのか。また毒性食品を告発し、企業を訴える運動がすでに四十年以上も前から日本に存在していた事実にも着目した。
 共産党独裁では、こうした消費者運動さえ許可されない。
また有機無農薬食品の詳細を書く機関誌も、日本で数種類発行されているが、「中国では、こうしたミニコミ誌さえ、申告許可制です」と回答した。

 周氏は「次は戸籍問題にいどみたい」と次回作の希望を述べた。
周知のように中国では毛沢東革命以来、都市戸籍と農村戸籍は厳密に制限されており、日本のような「住民票」はない。都市に流れ込む農村労働者は、率直に言えば城郭都市の奴隷、ということである。
 周氏は、いかなる視点で、この問題に挑むのか、楽しみである。

      ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 以下の読者の問合せについて体験談をご参考まで。 貴誌昨日の「(読者の声1)」にでた、「最近、貴誌が届きません。何回か、登録をやり直したのですが、うまく行きません。なにかのグループか、或いは某国の機関から妨害されているのではありませんか。購読が容易になる対策はありませんか?」。
(ご参考):小生は二つの場所で別々のプロバイダのメイルを使っています。
一つの大手のプロバイダに迷惑メールのブロックを頼んだところ、宮崎先生のニュースがブロックされました。他にも愛国的なニュースがブロックされています。他のひとつはブロックサービスを頼んでいないのでエロメールと共に宮崎先生のニュースが受信できます。日本でもトンでもない言論弾圧が裏で行われています。
   (MC生)


   ♪
(読者の声2) 時として貴Newslettersが配達されない現象が報告されているようですが、配信されない方々が以下の方法を一度お試しになられては如何かと思います。
Computer Associates社が製造販売するAnti-spywareを以下のWebsiteから入手して頻繁に電脳を精査する。
http://home2.ca.com/store/cajapan/ContentStore/pbPage.CASPY
 なおSpywareについては以下のWebsitesをご参照になられてみてください。
(ご存知の場合には、小生のお節介深謝致します。)
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/spywarewhat.mspx
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/spywarewhat.mspx
    (ST生、千葉)


(編集部より) 色々とご心配をいただきました。感謝します。



    ♪
(読者の声3) 過日の桜チャンネルで、先生がパネルで説明された「一内閣 一仕事」という喩えのフレーズが気になって、すこし書き留めたのですが、全体的に再現していただくわけにはいきませんか。
 ともかく岸信介内閣は「安保改訂」成立で玉砕し、まるで百八十度イメージがちがう「所得倍増」で池田内閣がでてきたという風に。
 その伝でいくと、福田内閣はどうなりますか。
         (YT生、埼玉県)


(宮崎正弘のコメント) 土曜放映の「桜チャンネル」の番組で用意したパネルは下記のようでした。
一内閣、一仕事
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
岸 内閣  「安保改訂」
 池田内閣  「所得倍増」
 佐藤内閣  「沖縄返還」
 田中内閣  「列島改造」
 三木内閣  「?」(代貸し政治の始まり)
 中曽根内閣 「ロンヤス同盟」
 竹下内閣  「プラザ円高」
 橋本内閣  「対米中屈従」
 小渕内閣  「対中くっき」
 小泉内閣  「郵政、靖国」
 安倍内閣  「美しい国へ」

 で、福田さんですが、まだ就任したばかり、いまのところは「森の木陰内閣」でしょ。麻生さんだったら「自由と繁栄の弧」内閣となりましたが。。。。。
 ここに出ない人達、たとえば宇野内閣? まるで印象がないですね。羽田も。細川内閣は「馬鹿殿内閣」、森内閣は「神のくに」。村山内閣は「謝罪専科」。
 
           ◇ ◇ ◇                    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 宮崎正弘の最新刊
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
 http://www.tokuma.jp/book

『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 好評を博した拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。大増ページ普及版。
  ○
♪♪
宮崎正弘のロングセラーズ 
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html
  ♪
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. いつも楽しみに読ませて頂いております。
    通巻 第1948号
    >「日本でもトンでもない言論弾圧が裏で行われています。(MC生)」
    そう即断できる根拠は?迷惑メールフィルターが誤動作するのはよくあることです。先日私も取引先からのメールがSPAM扱いになり閉口しました。プロバイダに先生のサンプルメールを提示してフィルターから外すよう依頼しては?

     2007/10/10

  2. なぜか、私のところにも貴メルマガが届きません。原因不明です。プロバイダーを変えたから登録しなおしたのですが、何度問い合わせしてもらちがあきません。同じようなのは私だけでは無いんですね。

    M. 2007/10/9

  3. 強欲資本主義はいずれ、行き詰まると思いますが、戦争と経済の関係から、先生は何時頃、どの様な条件の元に発生すると思いますか。            k.s

     2007/10/9

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事