トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:9/21


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  9月21日(金曜日) 貳
通巻 第1932号    
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 人民解放軍のなかにも新しいライジング・スターがうまれている
   宇宙開発、ミサイル、ロケット打ち上げ成功の実績を背景に“新強硬派”が台頭
***************************************

 中華思想の偏執的変形が軍事ナショナリズムだ。

 つい最近まで中国軍の強硬派は三人いた。
 ひとりは敢然として胡錦濤に逆らった劉亜星(空軍副政治委員、論客)は、中国の覇権を確立するための軍事論を立案した。劉の人脈には「超限戦」という物騒な本を書いたパラノイア的偏執的な軍事主義者が多く集う。
 だが、劉亜星の脆弱さは、理論でっかちで実績がないことである。
 ナショナリズムを鼓吹するだけの時代は、軍のなかでも終わった。

また核兵器の先制使用を訴えて、世界中から注目を浴びたのは朱成虎(国防大学防務学院院長、朱徳の息子)だった。
この強硬な中華ナショナリズムの元締めのような考え方も、いまの共産党のなかでは評価が低いと見られているようだ。

「愛国」を叫べば無罪、その「反日」の頭目と言われ、軍の情報筋の元締めだったのは、熊光楷(中国国際戦略学会会長、対日タカ派の領袖)。熊は軍を引退したものの、依然とし隠然たる勢力をほこる。
日本の自衛隊情報筋が、もっとも注意している人物である。
しかしながら熊光楷もまた、いまの人民解放軍のなかではナショナリズムを獅子吼するだけの特異体質漢と考えられているようである。


▼ 軍のなかの新思考

それならば、新しい軍事思想なるものが中国人民解放軍にはあるのか?

抽象的議論よりも、人事抜擢における人脈という縮図から、この難題を繙いてみると、ここへきて軍に複数の「重要人物」が一斉に登場した事実に注目である。

この新しい集団を「宇宙ギャング」と比喩したのはケビン・ポリピ−ター(中国分析家)だ(ジェイムズタウン財団発行「チャイナ・ブリーフ」、9月19日号)。
なぜなら有人宇宙飛行、宇宙船、そして衛星をミサイルでの破壊実験成功などで宇宙開発に貢献した実績を認められたライジング・スターたちだからである。 

 なかでも象徴的な出世頭は、張慶偉(中国航天科学技術集団総経理)。かれは国防科学技術産業委員会(閣僚級)主任に任命された。46歳。
もっとも若い閣僚となった。

張慶偉は河北省出身で、大学卒業後「603研究所」で航空機の尾翼開発担当をしていた。
一度、大学院へもどり、航空機エンジンを学んだ後、宇宙関係諸施設に配属され、打ち上げセンターへ。
ここでは民間の衛星打ち上げをビジネスとした。米国のアジアサット打ち上げを成功させ、さらにコンピュタ技術で打ち上げの精度化に成功。くわえて1990年に米国ヒューズ社のアジアサット2を「長征ロケット」で打ち上げに成功させ、世界から注目された。あのときのチームを率いたのが、この張慶偉だった。
96年から通算61本の長征ロケットによる衛星打ち上げビジネスは94%という高い成功率を誇る(日本のH2ロケットは66%前後では有りませんか?)。


▼ 軍のなかの出世コースは好戦性と実績だ

 97年には「東方3型」(長距離ロケット。ミサイルが原型)で衛星打ち上げに成功。同社の利益を肥大化させ、01年には共産党中央委員会入りした。この間、通信衛星をナイジェリアとベネズエラにも輸出した。

このバックには軍の総後勤部にあつまる副主任クラスの活躍がある。
遅萬春(総後勤部政治委員。陸軍大将。山東人脈)。
ハルビンで宇宙工学を学んだが、各地の打ち上げセンター勤務のあとカシュガル衛星監視統御センターの党書記などを経て、中国各地にある戦略的ロケット打ち上げ部署を担当し、実績を積み上げてきた。
ファミリーネームの遅は、遅浩田前国防相とは縁戚関係はない。

黄作興(総装備部副政治部員、少将)。山西省人。党中央学校で経済マネジメントを学び、太源宇宙打ち上げセンター政治委員などを歴任している。

張建啓(中将)も総装備部副政治委員を務めるが、山東人脈でハルビンに学んだあたりは、遅萬春と似ている。
有人飛行に成功させて「神舟」の打ち上げは酒泉打ち上げセンター。その所長を歴任し、出世した。

朱発忠(中将)は安徽閥。北京大学でコンピュタ数学を真凪、宇宙専門家として入隊。ミサイルを担当した。
各地のミサイル飛翔センターを経て、ミサイル実験設備の改良開発に努め、02年からは中央委員候補になっている。

これら一連の出世頭に共通するのは、むろん、業績第一ではあるが、もっと重要なことは軍のメンタリティである好戦性、とりわけ宇宙空間を戦場と平気で考え、平和利用から逸脱する危険な冒険主義を推進した前任の遅浩田国防大臣の路線を踏襲し、それがまた軍ならびに党における出世コースであることが、暗黙の前提条件と化している。
そうした現在の党の体質は問題であろう。

      ◎□◎△□▽●□◎□▽□◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は地方講演などにより9月27日から10月2日を休刊します。●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1) 貴誌が指摘されていた李克強は遼寧省で「とにかく無難にこなすこと」に専念しているようですよ。現地での評判は散々でした。
実際の彼を見たことが有ります。了見の狭い感じがしました。日本で言うなら、福田康夫を若くした感じでしょうか。
それから、張徳江(張徳生は誤植)は香港メディアが盛んに持ち上げていますが、これは張によるリークだと私は見ています。彼は胡錦濤が失脚させたかった3人の江沢民派地方幹部の一人(残りの上海、天津の党委書記は失脚させた)で、2005年末に広東省で農民の動乱が起こって発砲、多数の死者を出したことを理由に追放寸前のところを、金正日を広東省に呼び込むというウルトラCを成功させて、何とか生き残った人物です。
今回の常務委員入りは普通に考えればありえません。
私は5年後は、李克強と李源潮の一騎打ちになると見ています。また、習近平の上海での評判がすごぶるよく、もしかしたら三つ巴になるかもしれません。
いずれにしても、来月はっきりするわけですが。。。。。。。
   (DK生、文京区)


(宮崎正弘のコメント) えっ。習近平の上海での評価が良い? 初めて聞きました。御指摘のように「張徳江」でした。張徳生は誤植です。



    ♪
(読者の声2) 米国へ行っておりましたが、ニューヨーク周辺での台湾人社会を垣間見ることができました。
憂鬱になりました。日本に対する理解が大変乏しく、米国にいる戦後世代の台湾人の日本観はかなり歪んでいるように感じました。
アリス・チャンの『ザ・レイプ・オフ・ナンキン』とマイク・ホンダら親中派らの慰安婦決議案の影響がかなり大きいようです。
先生の新著に書いてあった(「2008年 世界大動乱」(並木書房))ように、これからの台湾の親日度が急速に冷え込んでいくこと。すでに米国における台湾人社会では現実となっているようです。
  (KR生、栃木県)


(宮崎正弘のコメント) 困りましたね。米国のチャイナタウンで主流派でもなく、まして米国生まれの台湾系アメリカ人に、とくに反日の気風が強いことがあります。
 NY在住の作家、譚路美女史も、そういう観察をしています。

          ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(((( 宮崎正弘の新刊 ))))

   ♪♪
 『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円。下旬発売)
全国主要書店で25日 一斉発売!

今朝の産経新聞、日経新聞などの徳間書店の広告をご覧ください!

毒入り食品からオモチャの鉛、段ボール入り「肉まん」に至るまで[MADE IN CHINA]は、いかにして世界で嫌われ、忌避されるにいたったのか、その原因は奈辺にあり、今後本当に解決される見通しはあるのか? 中国の猛毒災禍により、いずれ上海株式市場は暴落を起こしかねないだろう。 
    ♪


♪♪
『2008年 世界大動乱』(改訂最新版、1680円。並木書房)
 四月に刊行された拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。増ページ。


   ♪♪♪
(((( 宮崎正弘のロングセラーズ ))))
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&sitem=%b5%dc%ba%ea%c0%b5%b9%b0&p=0&v=3&f=O

 『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO/list.html

 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    5695人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事