トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:9/15


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  9月16日(日曜日) 
通巻 第1925号  号外
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 ▼
<<< AD >>>

並木書房からのお知らせ

宮崎正弘著 新刊
改訂最新版『2008年 世界大動乱』

 ▽ 安倍政権突如崩壊はまさに政治の世界は「一寸先が闇」を象徴した。
 ▽ 仏英につづき、豪州も保守政権は風前の灯火となった!
 ▽ ブッシュ政権のイラク政策は「未曾有の不人気」。これでヒラリー次期政権誕生が秒読みへ。アメリカの衰退で一番得したのは核武装を急ぐイランと北朝鮮。その背後でにたにた嗤うのがモスクワと北京だろう。

 ▽ 韓国、台湾、ロシアの指導者も、米国大統領選挙前に変わる。
 ▽ 日本企業は中国の溜まりすぎた外貨によって乗っ取られる可能性がたかまる!
 ▽ サブプライム危機からウォール街暴落は、つぎに上海暴落を生むのではないか?
  などの世界の新事態を宮崎正弘が分析解説のあとに予想している

 宮崎正弘新刊・改訂最新版『2008年 世界大動乱』(定価1680円)は25日頃に全国書店に並びます。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 (この本は四月刊行の『2008年 世界大動乱の予兆』を最新データで更新し、改題。さらに大増ページ。定価を据え置きの改訂版です)。

  ♪
 メルマガ読者へ三大特典
 @@@@@@@@@@
 本誌読者のために三大特典つきで、予約募集
 (1)配本日前に到着します(メール便)
 (2)送料無料
 (3)振込手数料無料

 御希望の方は、下記へ
eigyo@namiki-shobo.co.jp
「宮崎新刊」とだけ書かれ、(1)〒番号、(2)ご住所、(3)お名前、(4)電話番号(メール便のため)を書き添えてください。 
 申込手続きそれだけです。
 本は9月20日から21日頃までにお手元に届きます。その後、封入されている「振替用紙」を利用され、近くの郵便局から本代のみご送金ください(振込手数料も版元が負担します)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/22
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事