国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/09/09


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  9月9日(日曜日) 
通巻 第1918号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

 中国とロシアの国境環境整備協定、まだまとまらず
   ロシアに芽生える認識は「中国の不誠実」、環境汚染輸出大国への風当たり
****************************************

 2005年秋、吉林の石油化学工場が爆発し、100噸のベンゼンが松花江へ流れ出した。松原からハルビンへ流れ、汚染ベンゼンは、そのままスンガリ(松花江のロシア名)からハバロススクへ。そこからアムール河へ流れ込み、やがてサハリンから日本海へ注ぎ込んだ。

 当時、中国はロシアへ石灰を急送し、ハバロフスクにあった中国領事館で連日行われたロシア人の環境保護団体のデモ、硬化するロシア世論をかわそうと躍起だった。
 直後の06年には両国で河川の汚染監視、環境保護などが決められた。

 ロシアとの補償問題が発展し、両国は国境付近における環境汚染防止を謳った協定の策定に取りかかった。
07年3月にモスクワを訪問した胡錦濤主席は、合計33億ドルを提示しての環境整備プロジェクトを提示した。このうちの17億ドルが2010年までに中国露西亜をまたぐ河川国境の監視システムを構築することだ、と謳われた。

 しかし在中国ロシア大使のイゴル・ロガチェフは「毎年、中国は1400万噸の汚染水をスンガリとアムール川に輩出している」として、「かたやロシア側は100万噸に過ぎない」と、その格差に不満を漏らす。

 また中国側はロシア側の強い不満に対して、「すでに事故以来、42の汚染工場に閉鎖を命じた。222の汚染防止プロジェクトのうち、すでに84の工事を終えた」と反論した(イタル・タス、8月31日付け)。
 
 ロシアの天然資源大臣ユーリ・トルトネフは八月31日から九月4日まで北京を訪問し、中国側高官と話し合いを繰り広げた。
しかし両国はとうとう最後に合意に至らなかった。
ロシアの要求した補償金額に折り合いがつかなかったからとされるが、原因はそればかりではないだろう。

 つまり中国としては他に国境を接するカザフスタン、キルギスなどからも同様な環境問題での補償を求められており、うっかりモデル・ケースをつくれない、という思惑もある。
カザフとの国境付近では、中国が勝手に運河を開削し、カザフ領内側の天山山脈の雪解け水を、地下からストローで吸い取るようにして消費している(これは東シナ海の日本領海からガスを盗掘する遣り方とそっくり)。

   ○◎み○や○ざ◎き◎○ま◎さ◎ひ◎ろ○◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ♪
 第229回 三島研究会「公開講座」は
 講師に田中英道先生
@@@@@@@@@
演題は「三島由紀夫と憲法」(仮題)。

 9月13日 午後六時半 
 市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」 四階会議室です。
 会場分担金 おひとり2000円(会員および学生1000円)
講座終了後、近くの居酒屋で田中先生を囲んでの懇親会を予定(別途3000円)
   ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) いつもメールマガジンを読ませて頂いております。瑣末な事を言って申し訳ないのですが、「ジュリアーノNY元市長」と書かれていますが、「ジュリアーノ」ではなく、「ジュリアーニ」です。正確な名前の表記はルドルフ・ウィリアム・ルイス・ジュリアーニ3世(Rudolph William Louis "Rudy" Giuliani III)のようです。
(KG生)


(宮崎正弘のコメント) 御教示有り難く。NYタイムズなどから直訳するものですから。

◎ ◎ ◎ ◎        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ▽ 
<< 宮崎正弘の新刊予告 >>
    ♪
 『2008 世界大動乱』(改訂最新版、並木書房、中旬発売)
   四月に刊行された拙著『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。

    ♪
 『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、下旬発売)
 毒入り食品からオモチャの鉛、段ボール入り「肉まん」に至るまで、[MADE IN CHINA]は、いかにして世界で嫌われ、忌避されるにいたったのか、その原因は奈辺にあり、今後、解決される見通しはあるのか?

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。