トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:9/7



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  9月8日(土曜日) 
通巻 第1916号 (9月7日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

 トンプソンの共和党大統領予備選への参戦が意味するものは何か?
  保守潮流の大幅な後退、米国の左傾化に歯止めをかける政治的賭けではないのか
****************************************

 ▼ 「第二のレーガン革命」の実現には大いなる距離

世界一の軍事力を指導するポスト。アメリカ大統領。
2008年11月。選挙はまだ前哨戦。本番までおよそ一年と一ヶ月を残す。とはいえ、現状ではヒラリー・クリントン上院議員が、次期ホワイトハウス入り競技で勝利の座を射止める可能性は、きわめて高い。
彼女は外交的にタカ派を演じ、国内的には中道を訴え、自らのリベラル色を懸命に隠してきたが、最近はその必要もなくなった。
 なぜなら米国全体が四半世紀ぶりに左傾化の波に傾斜しているからである。

対抗馬となる共和党レースのトップを走るジュリアーノNY元市長が、民主党と変わらないリベラルであり、同性愛、妊娠中絶を公然と是認している事態が、米国の軟弱な左傾化ムードを端的に反映している。

さて、9月6日。共和党の指名レースに俳優出身のフレッド・トンプソン元上院議員が出馬を正式に表明した。
トンプソン氏は不法移民の規制強化、小さな政府の迅速な実現など共和党保守派が本来重視してきた政策を明確に打ち出し、ジュリアーノ元NY市長やジョン・マケイン上院議員らのややリベラルな立場との差異を鮮明に際立たせる。
第二のレーガン革命を狙ったのか、トンプソンも性格俳優として有名であり、共和党内のエバンジュリカル、キリスト教原理主義など保守派の大票田からの得票を標的にしており、いきおい、ジュリアーノ陣営は苦戦に追い込まれた。

トンプソンは党内右派ばかりか、共和党の支持基盤全体を視野に入れたマニフェストを掲げる。
 その立候補声明にあたり、「米国は数年いないに困難で危険な局面を迎えるだろう。最大の課題である対テロ戦争は、イラクとアフガニスタンが当面の最前線であり、成果を得るには、米国にできることをすべてやらなければならない」として、イラクでの米軍駐留路線を堅持するブッシュ政策を支持した。

 しかし、トンプソンの主張を支える保守派は、その基盤を脆弱にしつつある。米国の政治潮流は左傾化が著しい。
 保守陣営のメディアでさえ現状を次のように分析する。
 「アメリカ人の大多数が新しい方向へ転換を望んでいるが、同盟国の多くがまだイラク政策で米国の安全がより危機に陥る方針を頑固に支持している」(ワシントン・タイムズ、8月11日付け)。

 レーガン革命以来、過去四半世紀に亘って、世論調査の結果は、「三分の二が自分を保守と答え、リベラル(米国で「リベラル」とは左翼と同義語)と答えたのは五人に一人」しかいなかった。ブッシュ政権のレイムダック入り直前まで、米国はなんとなく保守だった。

 ところが政治環境は劇的に様変わりしており、ジュリアーノ共和党候補者は「ゲイの結婚も妊娠中絶も認める」と発言し、共和党の変化を象徴してきた。これじゃ、左翼とかわらない、として保守派はレーガン並みの候補を探してきた。


 ▼ 聖書福音派も選挙での勝利には絶望的な展望しか抱いていない

トンプソンが現れるまで、たとえリベラルな社会政策を推しだして、たとえ共和党の大票田であるエバンジュリカル、ライフル協会など保守路線の政治圧力団体を敵に回しても、党内レースでは勝てる、とジュリアーノ陣営が考えた。

 ソ連を悪の帝国と言ったレーガンを「戦争屋」「時代遅れの右翼」と批判していた米国のリベラルなジャーナリズムが、途中からのレーガン人気の爆発的継続を「米国の保守回帰」とは書かず、「グレート・コミュニケーター」と表現した時代があった。
要するにNYタイムズ、ワシントンポストなど北東部のリベラルなメディアは米国の国を挙げた保守化現象を認めることがイヤなのだった。
 ブッシュ・パパがレーガンの後継として湾岸戦争を始めるや、国民の人気はレーガンを追い越すほどのピークを打った。 だが保守のあまりの跋扈は暗転した。
1992年、いきなり「第三党」を組織してロス・ペローが出馬し、パパ・ブッシュの再選の芽は荒々しく摘まれた。その後、漁夫の利で大統領になったビル・クリントンとて全米を覆った保守主義の厚い壁に逆らうことなく、ビル自身は、個人としては左翼だったが、政策は保守路線を歩んだ。
それほど厚かった保守主義の壁が内部から決壊していたのだ。 

ブッシュ大統領の不人気はイラク戦争の泥沼によるものだが、政権発足当初に明確だった「中国包囲戦略」を9・11テロ事件以後は180度転換させて、中国という旧敵と手を繋いだことにもよる。保守派はブッシュ政権の内なる敵となった。

共和党内に不満が燻った。
緒戦のブッシュ路線を強引に牽引したネオコンは政権の周辺からいなくなった。このネオコンの凋落が米国の保守派の退潮を象徴してあまりあるだろう。

 国民は正義の影が遠のいたイラク戦争に苛立ち、富の偏在を生みやすい社会政策に不満を漏らし、とくに医療保険政策にもっと大幅な改善を求めている。
 「小さな政府」(ネオコンの基盤)はもはや無用。「大きな政府」が良い。「ケネディやジョンソン民主党に戻ろう」と無責任な社会保障政策を言い募った左翼のメンタリティにアメリカ人は回帰しつつある。

 これまではゲイやレズ同士の結婚、中絶を認め移民制限の緩和を言う共和党内左翼は、ブッシュ政権の共和党では少数派だった。
個人主義的な西部共和党、モラルを重んじ宗教を尊ぶ南部共和党の両翼にのってブッシュ丸は航行してきた。その船は難破した。
 エバンジュリカル(聖書福音派)も選挙での勝利には絶望的な展望しか抱いていない。

 日本は米国次期政権の左傾化、反日路線、貿易保護主義路線に心構えを強めよ。
        ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(サイト情報) 
<<A>> 9月5日、米下院の金融サービス委員会はサブプライム問題について公聴会が開かれた。
(1)公聴会証は次の通り。Recent Events in the Credit and Mortgage Markets and Possible Implications for U.S. Consumers and the Global Economy、 House Financial Services Committee, September 5, 2007 
http://www.house.gov/apps/list/hearing/financialsvcs_dem/090507.shtml 
(2) 住宅・都市開発省のジャクソン長官は、9月6日の市民とのオンライン討議「ホワイトハウスに聞く」で、住宅ローン問題などの質問に答えた。
http://www.whitehouse.gov/ask/20070906.html 
(3) 連邦準備制度理事会(FRB)は9月5日、地区連銀経済報告書(通称ベージュブック)を発表。要約及び各地区連銀の報告 
http://www.federalreserve.gov/fomc/beigebook/2007/20070905/default.htm 

<<B>> 米下院議会は、9月5日、日米安全保障同盟に関する下院決議案を採択。この決議案では、日本のアジア太平洋地域の安定向上に果たす役割やテロとの戦いにおける貢献に対して感謝を表明した。
下院決議案508号の全文 
http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=110_cong_bills&docid=f:hr508eh.txt.pdf 
票決の結果 
http://clerk.house.gov/evs/2007/roll852.xml 

◎ ◎ ◎ ◎        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
<<<<< 宮崎正弘の新刊予告 >>>>>
    ♪
 『2008 世界大動乱』(改訂最新版、並木書房、中旬発売)
   四月刊行の『2008年 世界大動乱の予兆』を大幅に改訂増補。新データを満載。

    ♪
 『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、下旬発売)
 毒入り食品からオモチャの鉛、段ボール入り肉まんに至るまで、[MADE IN CHINA]は、いかにして世界で排斥されるにいたったのか、その原因は奈辺にあり、今後、解決される見通しはあるのか?

   ♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. いつも勉強させてもらってます。

     2007/9/8

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    5695人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事