トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:8/21


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月22日(水曜日)    
通巻第1903号 (8月21日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

北京パラリンピックのほうは準備周到からほど遠い。
  メダルの数だけは中国の優位揺るがずですが。
****************************************

 北京五輪終了直後の2008年九月、同じく北京では「パラリンピック」が開催される。九月6日から17日まで。参加予定は50ヶ国。選手と選手団合計4000人。
アーチェリー、サイクリング、サッカーなど20種目。ちなみに2004年アテネのパラリンピックで、中国は金メダル63個、銀46,銅32。

 問題は大きく二つある。
 第一は「施設」の建設が間に合うのか、どうか。
 第二は中国人の身体障害者への差別意識が変わるか、どうか。

 北京市内ではスポーツ施設ばかりか、公共建物から地下鉄に至るまで、エレベータ敷設、バリア・フリーの諸設備工事が始まっている。博物館から図書館、モール、大学、銀行。
 しかし交通インフラひとつとっても、車椅子で道路を横断したりできる箇所は極めて少ない。

 「中国には8300万人の身体障害者がいると見積もられているが、社会的関心が低く、身障者への差別は露骨に存在している」(クリスチャン・サイエンス・モニター、8月21日付け)。
十五歳以下の身障者のうち、63%の児童しか学校へ通学せず、先進国との差異が目立つ。
 
 とくに急がれているのはオリンピック関連施設と観光スポットのおける身障者対策、とくに車椅子対策である。
傾斜路、湾曲路、エレベータなどが六階以上の建物・施設には設置が義務付けられているが、北京でさえ、一部建物にのみ。
タクシーに車椅子乗車は、殆ど不可能である。
 北京五輪の付帯しての失態が続かなければいいが。。。。。 

        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は8月25日から9月3日ごろまで海外取材のため休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪  
(読者の声1) 通巻第1901号(読者の声1)に恣意的と思われるテレビ画面のことが述べられていました。
八月二十一日朝六時のNHK第一放送のニュースでは、台湾の中華航空機の那覇空港での爆発事故を「台湾のチャイナエアラインの云々」と報じていました。
チャイナエアラインという会社が出来たのかと思って、産経新聞を見ると「中華航空機」と書いてありました。
中華航空と日本語でニュース原稿を読めば何か問題があるのでしょうか。
(NO生) 


(宮崎正弘のコメント) ちなみに毎日新聞の社説は『旅客機炎上 小さな事故の芽も見逃すな』で、表題には中華がない。日経新聞も『間一髪の航空機炎上 空の安全再点検を』とあるだけ。台湾の航空機を「中華」とだけは呼びたくない、表題につけたくない心理が作用しているのでしょうか。
 一方、読売新聞は『中華航空機炎上 間一髪、大きな惨事は免れた』
産経は『中華航空機炎上 再発防止へ原因究明急げ』、おなじく東京新聞も『中華航空機炎上 幸運で済ませられない』
 ところが、親中派の代表格である朝日新聞だけは「台湾機炎上―大惨事へ間一髪だった」となっていて、「台湾機」と明示して、中国でないことを奇妙に印象付けようてとしている。
 マインドコントロールはいまだ大新聞にも及んでいます。

     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
http://7andy.yahoo.co.jp/books/search_result/-/writer/%b5%dc%ba%ea%c0%b5%b9%b0%a1%bf%c3%f8/page/1

『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://item.rakuten.co.jp/book/4412326/

『2008年 世界大動乱の予兆』(並木書房刊)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房刊)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 中華航空機の事故報道ですが、朝日新聞では、台湾機と表示されているとなっていますが、8/21(名古屋版?)では、そのような表現はありませんでした、地域ごとで、違うのでしょうか?

     2007/8/21

  2. 中華航空機炎上、テレビで放送された。がNHK の放送は チャイナ エア ラインと放送してた。なんです、これは、何処の会社か、と・・怒りを感じました。・・真田幸市

     2007/8/21

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    5700人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    2867人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事