トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:8/17


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月17日(金曜日)  貳
通巻第1897号  (臨時増刊)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

江沢民の息子、別名「通信大王」の名前がない!
  党大会出席名簿2217名から漏れた“大物”と奥の院の権力闘争
***************************************

第十七回共産党大会を控えて、奥の院の権力闘争はますます熾烈の度合いを強めている。
衝撃的ニュースがもたらされた。

江沢民前国家主席の息子・江綿恒とボディガードとして異例の出世をとげた中央警衛局の由喜貴・局長が中央委員の候補を決める名簿から漏れていたのだ。
党大会への出席名簿は2217名。

とくに衆目はボディガードだった由喜貴の名前がないことで、由は、1989年に上海から江沢民についてきた側近中の側近。ボディガードから将軍に出世したことは、貳階級特進ならぬ三階級特進で2002年の第16回党大会では「中央候補委員」にまで選ばれていた。これにより、次の党大会前後に警備局長の任も解かれることになるだろう。

 一方、江沢民の息子が名簿に名前が掲載されないという異常事態がおきた。
江綿恒は江沢民の長男で米国ドレクセル大学に留学。電気行程で博士号取得。93年に帰国し、上海冶金所長から中国社会科学院副院長へポンとご出世あそばした。

おりからのIT革命の波に乗って、同時に三つの会社の幹部を務め、「通信大王」のニックネームをとった。
それほどビジネスにも明るかった。
 これで江沢民派はとどめを刺されてしまったのか? 「上海派にとって手痛い政治的打撃だ」と専門家の一部は見ている。

 他方、「太子党」は殆どが健在で、トウ小平の息子・僕方、次女のトウ楠、劉少奇の息子・劉源、胡耀邦の息子、胡徳平、陳雲の息子、陳元、李先念の息子・劉亜州(女婿)、萬里の息子・萬季飛、陳毅の息子・陳晃蘇、桃依林の息子・王岐山(女婿)、習仲勲の息子、習近平等々、全員は党大会へ出席する。

 江沢民の懐刀だった曾慶紅は、背後にあった何を画策しているのか?

     ◎み◎や○ざ◎き○◎ま◎さ△ひ◎ろ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪  
(読者の声1) 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を避けられました。
 終戦記念日の参拝は、欧米(日本を含む)の植民地として翻弄されたアジアの国々、そして、内乱に明け暮れした国の歴史を遡れば、ある国によっては、好ましからぬ歴史であり、それを思いやる心があっても良いのではないかと考えます。
しかし、春と秋の例大祭での参拝であれば、明治維新以降に亡くなられた、日露戦争の戦死者の御霊も含めて、お祀りされているわけですから、中国といえども絶対阻止とは言っておれないのではないでしょうか。
何故ならば、もし日露戦争で日本が勝たなければ、満州は勿論のこと朝鮮半島とてソ連領となり、ソ連邦崩壊までロシア領となっていた可能性が高いのではないでしょうか。
先日の全国戦没者追悼式での安倍首相の式辞は「・・・我が国は、戦争の反省を踏まえ、不戦の誓いを堅持し、世界各国との友好関係を一層発展させ、国際社会の先頭に立ち、世界の恒久平和の確立に積極的に貢献していくことを誓います。国際平和を誠実に希求する国家として、世界から一層高い信頼を得られるよう、全力を尽くしてまいります」と述べられています。
 国民として、安倍首相の参拝は近隣諸国に波風を立てない、靖国神社が最も重要する祭礼が執り行われる春と秋の例大祭が好ましいでしょう。
 戦前・戦後を通しての歴代首相の参拝日も例大祭かその前後という例が多く、自然でもあるように思います。
   (TK生)


(宮崎正弘のコメント) 神道本来の解釈からすれば、例大祭への参拝がベストです。八月十五日の参拝は政治であり、それであるがゆえに、行かないということは外交的敗北を意味します。
 安倍さんは、大きな失望を国民に与えたのではありませんか?

     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は海外取材のため8月25日から9月3日まで休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://item.rakuten.co.jp/book/4412326/

『2008年 世界大動乱の予兆』(並木書房刊)
 (九月に増ページ、データ更新。全面改訂版が『2008 世界大動乱』と改題され上梓されます)

『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房刊)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 安倍総理の参拝回避など、宮崎先生の情報から察するに、
    霞ヶ関ではMI6、オックスフォード、「ケンブリッジ寄りの自衛隊」に協力すると、
    ハーバード、イエールなど「ラングレーサイドの警視庁」に妨害工作を受けるようです。

    緒方公安調査庁長官逮捕から、霞ヶ関も割れているようですね。

    プレジデントにさらっと出ていたりする内閣産業情報部、
    厚生労働省麻薬取締局、東京国税局などはどちらなのでしょうか。

    最近東新宿や大塚、浅草橋、本所吾妻橋、昭島などにある北朝鮮系の医療機関に出入りしているメーカーの動きが、少々。
    特に宮崎先生の「ある情報提供」の時から中国よりの富○通などは動きがおかしいです。

    富○通はエ○エスビーという医療機械メーカーの子会社が筑波にあり、
    超音波画像診断装置や医療機関のレセプトソフトを作成しておりますが、
    同じく江戸川区にあるローラーベットの○島製作所などの動きもおかしいです。

    おそらく在日の、チンピラみたいな営業マンばかりの医療機械メーカーが
    最近妙な動きをしておりますが、戦争でもおっ始めるつもりでしょうか。

    医療器械はそのまま兵器に転用できるものが多いのですよね。
    敵国への武器になる恐れのある「ぺーラントの取引」を禁じたワッセナー条約は守られているのでしょうか。

    それとも北朝鮮の豪雨被害のせいで北の将軍様にヤミ献金でしょうか。

    赤十字が国連とともに北朝鮮に被害状況を調査しに行っておりますが、
    日本赤十字の献血部門に共産党傘下の東京土建国民健康保険組合員が多いのも気になります。

    おそらく我が日本国情報部の皆様は泳がしているのでしょうか。
    スパイウオッチャー「宮崎正弘機関」様(!)のご活躍を期待しております。

     2007/8/18

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/22
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/24
    読者数:
    5695人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事