トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:8/16


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月17日(金曜日)  
通巻第1896号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 中国甘粛省のシルクロードの要衝で砂漠化やまず
   毎年950平方マイルの土地が砂漠化を続けている
****************************************

 砂漠化は人間の生活を脅かす。
 甘粛省といえば、日本人観光客がかならず寄り道する敦煌があるので有名だが、シルクロートの拠点・蘭州があり、人工衛星打ち上げの酒泉基地もある。
 シルクロードの夢、河西回廊の浪漫。

 ところが同省北西部のミンチン村(音訳不明)では居住者10500人に対して「立ち退き命令」がでた。
砂漠化に対応できず、井戸も1600メートル掘らないと水がでない。
 
 中国は日本の26倍の国土面積を誇るが、じつは全体の7%しか国土の利用が出来ない。あとはごつごつとした岩肌、荒れ地、砂漠、湿地。
 都市部の人口は爆発的に増大していく一方、農地面積は劇的な減少を顕著に示してきた。
また農地の砂漠化によって穀物生産が落ち込み、農民の暮らしは年々歳々絶望的になっている。

 甘味粛省北西部の立ち退き事件では、一世帯あたり僅か3000元(邦貨換算で45、000円)の保証金が提示され、三年以内の立ち退きが強制される。
 付近一帯に不満が充満している。
 現代版「黄巾党の乱」が近い?

     ◎み◎や○ざ◎き○◎ま◎さ△ひ◎ろ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪  
(読者の声1) 下記サイトに日本の国会議員で「恥ずかしい」議員リストがあります。
世界の人道主義グループが「北京五輪ボイコット」を言っているときに、北京五輪頑張れと声援をおくっている議員です。
http://nyt.trycomp.com/olympics.php
      (HI生、山梨県)


(宮崎正弘のコメント) 北京五輪ボイコット運動は世界的に拡がっていますが、先日は外国人が、プラカードを掲げて、なんと北京市内を練り歩きました。
 警察に拘束されましたが、二時間後に釈放でした。故小田実氏ならやったでしょうか?



   ♪
(読者の声2) 日本ででている「留学生新聞」(8月15日付け)によりますと、日本に来ているアジアからの留学生で、そのまま日本に残って就職するのが、昨年は史上最高の8272人に達した由です。
 このうち中国人がおよそ6000名で最多。次いで韓国944人、台湾200,バングラデシュ119,マレーシア118,ベトナム92と続きますが、このような現象で良いのでしょうか?
 日本の失業が増えているのに。
 しかも日本の悪口ばかり言っている中国と韓国の留学生が、日本の居残るって、なんか釈然としませんね。
       (TU生、神奈川県)


(宮崎正弘のコメント) 減るどころが、外国人留学生の居残り就職は、ますます増えていくばかりで、しかも日本の実業界は、「アジア人材資金」なる機関を経済産業省の肝いりで設立して、もっと増やす方針です。
 遣隋使、遣唐使のときに本当は遣日使のほうが多かった。
しかも、日本に留学したまま、帰らなかった中国人のほうが多かった。事実上の亡命は、唐の時代からあるのです。

     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)本日17日(金曜日)2400ラジオ日本「ミッキー安川の朝まで勝負」に宮崎が生出演します。正確には18日(日曜)午前0時から同一時ごろまで。
 ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は海外取材のため8月25日から9月3日まで休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://item.rakuten.co.jp/book/4412326/

『2008年 世界大動乱の予兆』(並木書房刊)
 (九月に増ページ、データ更新。全面改訂版が『2008 世界大動乱』と改題され上梓されます)

『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房刊)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 在日朝鮮人が設立したJCBカードやIYグループなど、
    「亡命留学生」を雇用するのはそういうことなのですね。
    それで中央線沿線は多いのですか。
    なるほどJCBカードは三鷹市南側にありますが、北口には松屋の本社が。
    どうやら佐藤守司令官の言葉を借りれば、「間接侵略」は確実に進んでおります。
    宮崎先生のご指摘通り、亜細亜大、日大、立命館、教育大学など、
    毎年国費留学が5,000人でしたか。専門学校はもっとひどいようです。
    そしてそのまま居残るのですね。三鷹市まわりの武蔵野市や杉並区なども治安が悪くなりました。
    井の頭公園バラバラ殺人事件や薬局強盗殺人事件、居酒屋店長殺人事件など未解決事件が多いのです。
    どうも先生の書籍やメールマガジンを拝読すると、偶然とは思えません。
    在日中国人の不動産屋が多いのが西荻窪で、亜細亜大学は武蔵境ですね。
    西荻窪、吉祥寺、三鷹そして武蔵境で、東京の真ん中、武蔵野市の西です。
    バラバラ事件の時には同じく武蔵境にある元獣医畜産大学の学生やOBもマークされていたはずです。
    精肉業か医療機関でなければできない所業でした。
    そして大阪の24時間営業のペッパーランチで女性がレイプされ拉致された事件は、
    女性が途中で逃げなければどうなっていたのでしょう。それぞれその後全くニュースになりません。
    未解決事件の多い三鷹は最近異常に塾と整骨院が多いのですが、地元の方によると経営者には在日や同和団体が多いと聞きます。
    それぞれ地政学的に偶然でしょうか。

     2007/8/17

  2. まだ貴メルマガを定期購読し始めてから1ヶ月たってないのですが、毎日配信を楽しみにしております。
    さて、わたくしの疑問についてご意見頂ければと存じます。
    台湾の中国統一派ですが、統一した暁に複数政党制が実現されると思っているのでしょうか。国民党(がその代表ですが)は統一後も存続出来ると本気で信じているのでしょうか。歴史的経緯や中国共産党一党独裁の現実から統一後の国民党の存続はありえないと考えるのですが。

    台湾は紛れも無く一主権国家だと思う 2007/8/16

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事