トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:8/13


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月13日(月曜日)  
通巻第1892号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(旧盆休み、新聞休刊日につき随筆をお届けします)

 ♪
随筆「北風抄」

  砂漠のオアシス国家の悲哀
                    宮崎 正弘

 
 まもなくキルギスの首都ビシケクで「上海協力機構」の定例会議が開催される(注 8月16日より)。

 所謂「上海シックス」には中国の胡錦涛主席、ロシアのプーチン大統領ほか中央アジア五カ国(キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタン。独立順)の首脳が一堂に揃い、経済協力とテロ対策を話し合う。
 開催地=キルギス(40の部族という意味)は多民族国家、91年までソ連邦の一員だった。
当時の地図を見ると「ソ連」の中の中央アジアと記されるだけ。峻険な天山山脈に囲まれた昔日のシルクロードに位置するオアシスだが、日本からはるかに遠く、いった何が起こっているのか、なかなか日本には届かない。詳細な把握も難しい。


 ▼「キタイ」への歴史的戦慄が残っていた

 そこで現地に飛んでみた。
 清澄な雪解け水をたたえ、濃い緑と草花の匂いに包まれた山岳国家=キルギスがこれほど美しい場所であるとは想像の外だった。
 ビシケクから途中下車と宿泊を重ね、琵琶湖の9倍というイシククル湖を北廻りに、東端の街・カラコルからさらに奥地へ。
山岳遊牧民のテントから中国との国境を眺めた。キルギス人は忍耐強く勤勉な国民性が特徴とされ、日本人とよく似た顔つきをしている。
 十日ほどの滞在のなかで、地元の人に「中国は脅威か?」と水を向けてみると「キタイ」と言った。
キタイとは中国を意味するロシア語だが、表情のなかにかすかな嫌悪感を感じ取ったのは気のせいなのか、どうか。

 キルギス奥地に住む中国系ムスリムは「ドンガン族」と呼ばれる少数民族。19世紀末頃あたりから中国を逃れた回教徒が住みつき、「ドンガン・モスク」を築いた。
百年の間に彼らはキルギス人、ロシア人、カザフ人、タジク人に混じって、共生するようになった。
 ビシケクには大学が17もあって、近隣諸国からの留学生も目立つ。少し通じる英語での会話によれば大学を出ても就職が難しいこと、狂乱物価で庶民は困窮していること。にもかかわらず汚職、賄賂が横行してBMWやベンツが街中を疾駆しているという経済的矛盾があるらしい(注 ビジケクはソ連時代は将軍の名前から「フルンゼ」と言った)。


 ▼あの「チューリップ革命」は何処へ?

 若者たちの間には山々に囲まれた小国キリギスタンで暮らすよりいっそ外国へという憧れが顕著だ。
見たこともない日本などは、さしずめ彼らにとって夢のような外国なのだ。
 人口5百万人。北隣の資源大国カザフスタンの庇護と圧力を受けながら、米軍とロシア軍双方の駐留を認めてバランスをとるしたたかさを併せ持つ。政治は封建的部族が支配。西側寄りと見られたバキエフ現大統領の、一族だけを取り立てて利権を包括してゆくやり方に批判が強まっている。
05年に無血革命でアカーエフ前政権を倒したせっかくの「チューリップ革命」も淡い夢、砂漠の幻想に終ってしまうのか?

 かつて砂漠の王国・カラハン朝の首都・トクマク郊外で見たブラナの塔は草原と砂嵐のなかに朽ち果てて残骸をさらしオアシスが蜃気楼に終った象徴を見るようだった。
 米国は、このキルギスをアフガニスタンおよび近未来のイランの膨張を食い止める最前線と位置づけて重要視している。こうした現実が日本ではほとんど知られていない。

 (この文章は北国新聞「北国抄」、8月6日号からの再録です)

   ◎○◎○●◎○◎◎△◎△◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
♪♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
http://item.rakuten.co.jp/book/4412326/

『2008 世界大動乱の予兆』(並木書房刊)
 (九月に全面改訂版がでます)

『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房刊)
     ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/22
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事