トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:7/30



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 7月31日(火曜日) 
通巻第1870号  (7月30日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 イランへ核技術関連部品を巧妙に偽装して輸出し続ける中国
   国連の制裁対象品目が多数含まれていると米国が北京に警告
***************************************

 中国の港をでたイラン向けカーゴには「核技術関連部品から、大陸間弾道ミサイル部品まで」。
いずれも国連がイラン向け輸出を禁止しているものばかりだ、と米国務省は言う。

 中国政府は「証拠を示せ」と言うばかりで、一切の疑問を封じ込めてきた。
中国からイラン向け輸出は過去一年間で70%増大しており、そのうちの32億ドル分が「疑惑」品目。なかには明らかにウラン濃縮技術関連の部品が含まれている。(ウォールストリート・ジャーナル、7月27日付け)。

シンガポールに寄港した中国のコンテナ船には「ミサイル打ち上げ用の固体燃料」が、シンガポール税関によって摘発された。
これらの会社はすでにブラックリストに掲載された中国企業ばかりで、

SHAHID BAGHER IINDUTIRIAL
BEIJING ALITE TECHONOLOGIES
CHINA NATIONAL PRECISION MACHINERY
 CHINA GREAT WALL INDUSTRY CORP
 などである。

 英米欧は、イランの海外資産を凍結したほか、多くの禁輸措置を選択しており、イラン問題を秋の国連総会で重要課題と位置つけている。
 しかしながら 中国外務省は「根拠のない、言いがかりに近いもので、証拠がない」と言い張っている。

 米国の軍事専門家は、「テヘランの地下鉄工事を中国の北方集団公司グループが請け負った。これは通称NORINCO(ノリンコ)と言われる中国を代表する武器輸出企業だが、地下鉄工事プラントに偽装して大量の核技術、ウラン濃縮、ミサイル部品が中国からイランに持ち込まれているだろう」と分析している。

 ま、世界中に毒入り食品から欠陥玩具、花火などを売って、世界各国ではいまや、「MADE IN CHINA」は毒と不良品の代名詞となった。
もうひとつの「MADE IN CHINA」は軍事物資だった。
 
    ○◎み◎○や◎○ざ○◎き◎○ま◎○さ◎◎ひ○◎ろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1) 安倍政権の惨敗は予想されていたとはいえ、無残の一語に尽きます。
大部分の官邸スタッフと一部閣僚、それから教育関連のブレーン以外に問題はなく、通した法案は国家の背骨になるまっとうなものばかり。
今回選挙の争点になったといわれる年金問題は安倍政権のせいではなく、社保庁の下級官僚と「彼ら」らが加わる組織組合に巨悪の根源があります。
しかし国民の納まらない怒りを受けとめるアンチ体制の適当な受け皿がなく、巨悪の根源である組織組合に支えられた民主に票が流れてしまいました。ナンミョーが票と議席を減らしたことは選挙結果を見ての少ない歓びです。
小泉・竹中・秀直ら前政権の推し進めた改革という名の破壊政治に国民はノーを突き付けたと理解すべき結果でしょう。
それには途中で職場放棄した福田某も加担していました。
望み通り安倍首相は小泉前政権が遣り残した法案を通し成立させまくり、自爆に近い形で潰えました。
しかしそれらは不完全ながらも将来の糧として残りました。
大幅に議席を増やした民主の大将は、燃え尽きてしまい勝利宣言も出せない消耗ぶり。負けたとはいえ安倍首相には八月十五日靖国神社にご参拝頂き、九月上旬の外交日程をこなしその後「解散、総選挙」に向かう余力はあるでしょう。
今回、自民は負けましたが、民主が勝ったとは云えません。
民主に政権担当能力はなく、国政を安心して任せられない主義思想の輩が満ち満ちています。
真の国民の審判は次の総選挙(衆議院選挙)で下されることでしょう。
    (NH生、品川)


(宮崎正弘のコメント) どういう分析をするべきなのか、選挙終盤、海外におりましたので政局の動きを知りませんでした。
たしかに自民大敗ですが、政党別ではなく、「保守」vs「左翼」という構造では、どういう勝敗になりますか?
 自民党は昨今どうみても「左翼政党」まがいですから、勝とうが負けようが、その中身に興味がありますね。



    ♪
(読者の声2) 無事のご帰還に安堵しています。宮崎先生お留守の間、自然界も人間界も 嫌な事ばかりおきました。
今も続いていますが古森義久氏ではありませんが、怒りを込めて「国の壊れる音を聴け」と怒鳴り散らしたくなります。
 一々反論していたら切りがありません。本当に嫌な日本に成ってきたものだな、と溜息をついています。「おなごに選挙権を与えると碌な世の中にならん」とはよく言ったものだ、と憤慨しています。
     (TK生、佐賀)


(宮崎正弘のコメント) 石川達三氏が、むかし昭和四十三年ごろの、『新潮』のエッセイに書いていました。
 「いまの政治家は女性の唇と生殖器に向かって発言している」と。



    ♪
(読者の声3) 雑誌『WILL』の8月号に書かれた宮崎さんの原稿や『週刊現代』のレポートなど、お腹を抱えて笑わせていただいています。
先生の論理から推定すれば、中国の崩壊が間近と思えますが、中国に駐在している人たちの話を聞いていると、全然そんな様子は感じられない。
ダンボール(入りの餃子)を食べても、モノともしないのではないでしょうか。
 ところで、最近、チェコの国境から5キロほどのところまで行きましたので、足を伸ばしてチェコに入り、マリエンバートで二泊しました。昔からの伝統的な保養地ですが、なぜか景気は悪そうで、閑古鳥が鳴いていました。
 ほとんどすべてのみやげ物店の店員が、アジア人なのです。
中国人か、韓国人。チェコなんて、それ自体が貧しい国なのに、なぜここに、アジア人がこんなにたくさんいるのでしょうか。
町で見るアジア人には、ひとめで、売春系の商売だとわかる女の子たちもいました。聞くところによると昔からアジア人がいたというけれど、現在、旅行者で潤っているわけでもなさそうなのに、なぜこんな辺境に!と、腑に落ちませんでした。その理由をご存知でしょうか。
    (MK生、在ドイツ)



(宮崎正弘のコメント) 正確な実状は個別ケースで異なりますので、大雑把な傾向を申し上げますと、ハンガリーにも四万五千人の中国人がおり、ブタベストでは華字紙が四種でています。
 日本でも池袋当たりに中華料理の食材店がかなり多くありますが、日本で発行されている華字紙も十五、十六ほどあります。
 シベリアでは「正式」に登録している中国人が十万人を越え、「いずれ中国に乗っ取られる」とロシア人が恐れています。
 で、カザフスタンではソウルと直航便があります。隣のウズベキスタンとソウルも直航便が繋がっています。スターリンの民族隔離政策で、カザフとウズベキスタンには、数十万の朝鮮族が暮らしているからです。また韓国人も中国人も、海外へでることに関しては積極的で、世界中何処へでもでていくイナゴの大群のごとし。
 理由は「中国から出たい」のが動機でしょう。
いやな国家には、自国民としても「長居は無用」というわけで。
とは言うものの、ご指摘のようなかたちで、中国が崩壊することはないでしょう。
国やぶれて山河あり。
中国共産党の崩壊、バブルの崩壊があり得る。嘗てのソ連と比喩すれば、西蔵(チベット)、新彊(東トルキスタン)、内蒙古(外蒙古との合邦)は、将来、おおいにあり得ると思いますが。。。。
中国の古文書に曰く。
 「久しく合(ごう)すれば、必ず分す」。



    ♪
(読者の声4) カザフスタンとキルギスの取材旅行、まずはご無事にお帰りくださり(今や日本の宝ですから)、ありがとうございます。宮崎メルマガのない日が長く続いて、急に羅針盤が壊れたような気がした11日間でした。
 キリギスもカザフスタンも遠いところですが、先生の感想「キルギスは美しい景色、澄み切った空気と草花の匂う遊牧民の暮らす山岳国家で、悠然としているところが良い」を読んで、ブータンとともに一度は行ってみたい誘惑に駆られました。
さて参院選の結果、やっぱり現代日本人の民度の低劣さがくっきり現れました。
懼れていたように背骨まで溶融が進んでいるといわざるを得ません。それにしてもリーダーシップの弱さは目を覆いたくなります。
     (HS生、豊橋)


(宮崎正弘のコメント) 小生は、参議院選挙の結果をそれほど憂慮してはいないのです。
自民党のなかの左翼の暗躍を見ていると、これが執権党だろうか、との憂慮を抱いておりましたが、今度の民主党の当選メンバーをみても、はっきりとした左翼がトップのほうで目立ちますが、あとは自民党より保守。
次はさしずめイラク特別措置法延長で揉めるでしょうが、参議院はどのみち、予算と外交、防衛において衆議院の優先があり、それほどの心配はないでしょう。
 ご指摘のリーダーシップの欠乏状態は確かに気になりますけれども。。。。

      ▽  ▽    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『世界新資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊)。
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
          ◇ ◎ ○ ◎ ○ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ♪ ( 新ウェブサイトに移転しております ↑)
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. お帰りなさい!

     2007/7/30

  2. 政策でなく政局お、煽った新聞。マスコミのせいだ。国民の50.%わ馬鹿だから、何時までも、アメリカの言いなりなのだ、日本人の。政策を示せ安部は弱腰すぎる。

     2007/7/30

  3. 本当に嫌な日本に成ってきたものだな、と溜息をついています。「おなごに選挙権を与えると碌な世の中にならん」とはよく言ったものだ、と憤慨しています。
         (TK生、佐賀)


    女性有権者ですが、上記を見て失望。
    購読解除することにします。

     2007/7/30

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事