トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:7/15


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 7月15日(日曜日) 
通巻第1865号  連休中特大号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

それは中国の売春婦の文化破壊的行為から始まった
 パキスタン「赤いモスク」武力鎮圧を賞賛した北京の影、ムシャラフ政権の危機
**************************************

 ペシャワールはアフガニスタンとの国境の町、麻薬と密造武器と難民の町である。
 タリバン征討作戦以来、西側からの物資が入りこんで、なぜか活気がある。国際都市でもある。米国はパキスタンに過去六年だけでも百億ドルを注ぎ込んできた。

このペシャワールの町に「セックス・パーラー」を堂々と開設し、ポルノビデオを売り、こうした中国人の無遠慮で価値紊乱的な売春宿が公序良俗を乱した。敬虔なイスラム教徒が非難を繰り返してきた。
 ポルノビデオ屋を襲った神学生グループもでた。

 中国人の売春宿経営者も売春婦もそんなことにお構いなく「営業」を続けた。
 発端は中国である。

 六月、神学生らが立ち上がり、中国人売春婦六名と男の中国人(ポン引き?)、合計7名を拉致した。
イスラム過激派の指導者ガジ師は、この行為を賞賛し、無神論の中国を非難した。

パキスタンの首都イスラマバードは意外と清潔にして美しい町である。世界最大のモスクはサウジアラビアが全てを寄付した。この付近には豪邸が立ち並ぶ。あの貧困パキスタンのイメージはない。ビバリーヒルズにいるかと錯覚するほどの瀟洒豪華な光景が展開されている。

 下町はゴミゴミしている。イスラマバードの隣町は古都ラホールである。国連主力部隊は、この周辺にいる。


▼ムシャラフは「紅色清真寺」を軍事鎮圧する以外、選択はなかった

さてイスラマバードのモスク(イスラム教寺院)のなかで「赤いモスク」(紅色清真寺)を呼ばれるのが「ラール・マスジド」だ。
ここに多数の神学生らが立てこもった。拉致した中国人は解放したが、純粋なイスラム教を汚したとし、それを軽微な扱いで釈放するよう圧力をかけたムシャラフ政権の腰砕け、その背後にいる中国に抗議した。
 「モスク内の子供や女性が“人間の盾”にされている」と軍が突入を躊躇ったが、ガジ師は「我々の殉教によって、パキスタン全土にイスラム革命が起きる」と気勢を上げた。
このときから国際的な関心が集まったが、一部メディア以外、中国要因を報道しなかった。

パキスタンの軍部隊は7月5日から包囲網を縮め、砲撃を開始して外壁の破壊や催涙弾発射など予備的な攻撃を開始した
およそ850人の神学生とモスク内に立て籠もった指導者のアブドルラシド・ガジ師は「非合法過激派メンバー以外の学生らを釈放する」ことを条件に一旦、投降を申し出た。しかしシェルパオ内相は「モスク内には武装した過激派メンバー50―60人が潜んでいる」として投稿条件を拒否した。

8日には治安当局が「最後の警告」を発し、神学生らに投降を呼びかけた。
 ムシャラフ政権は兼ねてから籠城事件の舞台「ラル・マスジード」に立てこもった過激派のなかにウズベク人など外国人過激派が含まれていると指摘していた。

10日、パキスタン軍の特殊部隊が突入した。流血の惨事、銃撃戦は続いた。軍の発表では73人分の遺体が見つかり、身元の特定作業を始めた。兵士10名が死亡、22名が負傷した。
 当局は、「過激派をのさばらせておくことはできない」とする姿勢を崩さず、今後も過激派との関係が深く、温床になったマドラサには強硬姿勢で臨む基本路線を強調した。

ムシャラフ大統領は7月12日夜のテレビ演説で、「神学生らが中国人7人を拉致した事件を厳しく非難する一方で、中国を「最大の友人」と呼び、モスク突入決断は中国からの外交的軍事的圧力があったことを示唆した。
 ムシャラフ大統領は演説で「中国はわれわれが困難に直面しているときでも、協力を惜しまなかった」とも発言した。

 ブッシュ政権も「ムシャラフの決断」を肯定した。
 いまや「タリバニスタン」となりつつあるアフガニスタン情勢を睨みながら、米国はパキスタンの不安定かを恐れているからである。
海外に亡命中のブット元首相でさえ、英紙とのインタビューで「こんかいのムシャラフの決断を指示する」とエールをおくった。

パキスタン全土では夥しい抗議集会が開催され、野党、統一行動評議会(MMA)の呼びかけで、数百人が「ムシャラフは殺人者だ」と叫んだという。
 北西部ペシャワルでは、赤いモスクの指導者アブドル・ラシド・ガジ師の教えに従うことを誓い、「ムシャラフをつぶせ」と繰り返した。北西部では軍の隊列に自爆テロが決行され、パキスタン軍兵士二十数名が死んだ。

 しかしながら、パキスタン全土に拡がっているのはムシャラフ非難ばかりではなく、反中国感情である。
「ことの起こりは中国人売春宿からである。だが、こうした売春コネクションを報道する中国のメディアはない」と上海からNYタイムズのハワードフレンチが報道している(13日付け、ヘラルドトリビューン、二面)

  ○◎み◎○や◎○ざ○◎き◎○ま◎○さ◎◎ひ○◎ろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ((((((((( 宮崎正弘の新刊 ))))))))
 『世界新資源戦争』(1680円。阪急コミュニケーションズ刊)。
――世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484072181/ref=pe_pe_2102_5114352_pe_snp_181
(アマゾンの発注は上記サイトへ ↑ 全国主要書店、絶賛発売中)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)14日に『フジサンケイ・ビジネス・アイ』が、ネット配信したニュースによりますと、先月末、福建省泉州市の私立仰恩大学の卒業を迎えた学生数百人が寮の中で暴れて設備を壊し、構内でそれを燃やして騒いだようです。
泉州市へは小生、野暮用で十回は出向き、市内のホテルに泊まった地です。
古くから貿易港として開け栄えた河沿いの街でマルコポーロがシナへの二回目の旅の抜錨地で、ここから船に乗りイタリアに帰っていったと云われています。
交易で西から訪れそのまま土となったキリスト、イスラム教徒の墓石が集められ交易の様子を展示している博物館があります。
唐代に創建された開元寺は広々とした境内を有していて、十一世紀の宋代に建てられた五十メートルほどの対の石製の五重の塔は市内のランドマークになっています。
七百年前に行き交っていた船が最近河底の泥中から引き上げられ、境内の一画に展示されています。
賑やかで活気があり繁栄しているように見受けるのですが、四年間在学して六万元(約百万円)の学費を払い、手に入れた卒業証書が期待した職を約束してくれなかったと自棄になった学生達が騒いだというのです。
昨今の日本の若者のように就職できなくても自己責任だと静かに諦めニートに落ちず、いけないのは大学だ!世の中だ! 中共政府だ!とすべて他人のせいにして暴発するシナの若者の方が、単純で若者らしく、ある意味活力があるように思われます。
詰め込まれた電車の中で痴漢をしたり、されたり、街中で隠し撮りしたり、されたと騒ぎいざこざを起こしたり、家族や通りすがりにたわいのない理由で暴行凶行する日本人より、シナ人の方が内的な欝屈を健全に発散しているように感じます。
日本人のように個人でちまちま騒ぎを起こすのではなく、立ち退き、出産制限、通行料取り立て、タコ部屋的労働環境など、ろう悪な地方政府の搾取やそれを放任する中共政府に対して集団で抗議し、時には武装して立ち上がるところに、シナ人の旺盛な活力がうかがえます。
数十年、数百年毎に天地が引っくり返る大暴動を起こし、涯のない殺し合いをする人々ですから、そういう歴史を刻んできた人種ですから、理由は問わないんでしょう。
幸いなるかな。海を隔てた隣の国の住人として高見の見物です。    
      (HN生、品川)
      


(宮崎正弘のコメント) ちょっと突き放し過ぎでは?
 それはそうと、泉州(チュアンゾウ)は小生も五、六年前に行きましたが、意外に綺麗な町で、感心したことがあります。当時、毒入り食品も騒がれておらず、町でアイスクリームを食べました。
アモイから日帰りでしたので、宿泊の経験はありませんが。。。



    ♪
(読者の声2) 平成19年7月13日(金)15時、虎ノ門パストラルホテルアイリスガーデンにて、「慰安婦問題の歴史的真実を求める会」(代表 チャンネル桜社長 水島総)が、『「米下院慰安婦決議」抗議書送付記者会見』を行いました。
この模様を「報道ワイド日本」でお伝えいたします。是非ご覧ください。
■放送日時■
スカパー!(一部ケーブルTV)241chにて無料放送
 7月17日(火) 20:00〜 報道ワイド日本
※放映後、So-TVでもご視聴いただけます。
抗議書
http://www.ch-sakura.jp/files/top/ianfu-kougisho.pdf
賛同者(随時更新)
http://www.ch-sakura.jp/files/top/ianfu-sando.pdf
http://www.ch-sakura.jp/files/top/ianfu-giin.pdf
   (桜チャンネル)

◎○ ● ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の新刊 >>
 『世界新資源戦争』
 世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484072181/ref=pe_pe_2102_5114352_pe_snp_181
          ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(((((((( 最近の書き込みから ))))))))
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[ 名無し ] 2007/7/14
貴誌を読むと共産主義、共産党の怖さが身に沁みます。平等を掲げ、ソ連時代も上下の差が200倍もありました。支那は地方対都会で70倍ぐらいらしいですが、党要人との格差は軽く1000倍を超えますね。
 
[ 名無し ] 2007/7/14
偽物、害毒放逸、奴隷工場の如き支那民族のどうしょうも無い面があるのは理解できますが、漢族以外も、皆同様なのでしょうか。真っ当な族はいないのでしょうか。チベットやウイグル地区の被占領民族は別にして。
 
[ 名無し ] 2007/7/13
他の誰も取材しない事を、実行されてる、・・素晴らしい。
 
[ 名無し ] 2007/7/12
いつも新鮮なニュースに驚いています。
 
[ 名無し ] 2007/7/11
5月末に創刊された月間中国NEWS(日中通信社刊)を創刊2号まで読みました。記事の内容は思ったより客観的な視点で書かれているように思いますが、宮崎先生の評価は如何でしょうか。 
[ 講師 ] 2007/7/11
寺島実郎てらしまじつろう財団法人 日本総合研究所会長、そして手嶋龍一(てしまりゅういち)元NHKワシントン支局長。なるほど、どちらも「ワシントンつながり」ですか。世の中に偶然はないですね。よく覚えておきます。いつもながら鋭い指摘です。お見事!大学生にはできる限り貴サイトを読んでほしいですね。必ず自分のため、日本のためになるでしょう。   講師
 
[ 名無し ] 2007/7/11
過去と未来の多種多様な見解をコメント等も同時に読めて大変感動をしながら読みます。宮崎正弘先生の健康を祈念しながら激励を一言申し上げます。久留米市在住から
 
 [ 名無し ] 2007/7/10
「去年の中国での法定伝染病感染者は460万人!」驚かされます。環境汚染で75万人の死者とは。これらの陰鬱な数字は水増しせず、押さえ気味でしょうから。公害患者は一体どのくらいになるのでしょうか。環境汚染による「易姓革命」の進行中なのかしら。
 
[ 愛読者 ] 2007/7/10
いつも着眼点の素晴らしい内容です。風化させてはいけない、「歴史の流れ」ですね。密入国者が絶えず、在日や部落が日本から出て行かないのは、「差別のない貧しさより、差別のある豊かさを求める」からなのですね。しかし、現状の「日本人から搾取するシステム」は打破しなくてはいけません。聞こえの良い愛国を語りながら、実は在日、部落出身者ばかりの反日政治結社が、どうもよからぬ動きをしております。老婆心ながら宮崎様も身辺のガードを。
 
[ 名無し ] 2007/7/9
大陸の支那人は「詐欺師」だけが本当のことを言うらしいのですが、現在の「台湾語」を遣う人々は、その傾向は全くないのでしょうか。外省人を除けば、皆、李登輝氏のような立派な人格を発揮する傾向にあるのでしょうか。台湾とは、軍事を含めて親密度を増すべきだと思いますので、今後の参考の為に。
 
[ 私の上司は大丈夫かな? ] 2007/7/9
国益優先と思って徹夜で仕事をして、上司に書類を渡したら敵国に売られていた。今回の緒方元公安調査庁長官や土屋弁護士の悪行は悪い冗談です。まさにごくろうさん。官民問わず、一度管理職以上の在日や部落出身者を暴いて公にさらしたほうがよいと思います。ここは日本で日本人のための公務員、会社経営なのに、なんでできないのでしょうね。
 
[[ 名無し ] 2007/7/8
迷惑メール防止サービスを頼んだら宮崎先生のメルマガがブロックされました。他の愛国的なメルマガもブロックされています。これでは言論弾圧です。プロバイダーに抗議しましょう。
 
[ 金融不動産官僚メディアだけでなく、農業漁業もまずいですぞ ] 2007/7/7
アイ○イとかイ○ングループなど大手スーパーでは相変わらず中国産のウナギや野菜が。食糧自給率を上げないと本当にまずいですね。 農家以外が農業をできない、やりずらい今の法律は、農薬をわざわざ輸入しているJAや農林水産省も敵国のスパイだらけなのでしょうか。農地改革も小作人解放とは名ばかりで、在日、部落による戦後第二の占領です。 漁業も北海道の根室などここは日本かと思うぐらいロシア人やヤクザだらけです。そしてロシア語の看板だらけ。 日本人はなんとかして国賊の国籍と行動を把握しなくてはいけません。宮崎先生のように、我々いち日本人も、まず毎日の積み重ねで事実を伝えていくことですね。 しかし一連の不祥事や国政の不安定さは、「草」として戦後代々潜伏していたスパイが日本の中枢に要職としてついている証拠ですね。 不法占拠後、「名前だけ日本人の地主」が今や政治家の後援会、銀行や大学、大手企業の役員です。 これからも宮崎先生の活躍が必要です。若者の多くに保守本流が目覚めてきている、この流れを邪魔させてはいけませんね。陰ながら応援致します。
 
[ 名無し ] 2007/7/7
日本政府は何故支那のゴミの海洋投棄に厳重な抗議をしないのでしょうか。被害が甚大になってからでは、対応に苦慮するのは、過去の公害問題で学習している筈なのですが。支那には結局自分にも回ってくるのだということは理解できないでしょうから、ODAを初めとする援助金等を一切削除すればいいのにと思います。
 
[ 名無し ] 2007/7/7
参議院選挙が始まり安倍首相の信任がとわれる。安倍内閣のカギは国会対策にある。その責任者が親中派の議員である。中共が与党と野党を支配する形である。安倍首相が毒をもって毒を制するという戦略なのだ、単に取り込まれたのかは、その後の親中ベッタリ施策で分かったということである。騙されたというのが国民大方の怒りである。
 
[ 蒲焼大好き ] 2007/7/7
その後検索したら6月29,30日時点で下記のように報道していました。日本が中国産鰻を輸入禁止にしないのは、安全性に全く問題がないからでしょうか?。それとも検査が間に合わない?。asahi.com(6/29):「米、ウナギなど中国産養殖魚の輸入禁止」。Yahoo!ニュース(6/30、産経より):「米、中国産ウナギ禁輸 使用禁止の抗菌剤検出 エビなど5魚介類」。日テレNEW S24(6/29):「中国産魚介類の5種類(鰻他)を輸入禁止に、米国」。
 
 [ 名無し ] 2007/7/5
大変、的確・公平な論評で、胸の痞えが取れました。こういう、感情的でない、冷静な記事の掲載を切望します。
 
[ 鹿 ] 2007/7/5
亀井静香、亀井久興氏は、山中鹿之助の養女(尼子氏家臣の亀井秀綱次女、長女は鹿之助の妻女)を娶って尼子氏家臣の湯氏から亀井氏を継いだ亀井滋矩(これのり)を始祖とする因幡鹿野藩亀井家の子孫である。但し、養女との子は夭折し、某女との政矩が初代津和野藩主であり、尼子氏家臣亀井家の血統は継承していない。参考:「山中鹿介のすべて」米原正義編
 
[ 名無し ] 2007/7/4
本来なら、「抜群」の評価が至当です。日本の将来のためにも健筆を振るわれんことを祈念し宮崎正弘先生の御健勝を心から祈っております。
 
[ 名無し ] 2007/7/3
ジェノサイド五輪は「開催」できるのでしょうか。食物も人間も不良品だし、夏場は少ないとは言え、砂のおかげで白人が走っているうちに黄色人種になるのではないかと心配です。水も空気もマナーも悪いところで、世界新が出れば永遠に破られない記録として残るメリットはあるかもしれませんが。
 
 [ 年金ウォッチャー ] 2007/6/30
6/30未明の年金等3法案成立に対するNHKの報道だけが異質でした。ネットの『NHKニュース』の6/30、5:05付けのニュースのタイトルは、「国会攻防事実上の終了 参院選へ」でした。(注)NHK BSハイビジョンの字幕ニュースサービスも同じ。 http://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/30/k20070630000027.html  中味を見ても、「与野党の攻防の末、3法案が成立したこと」だけを記載。各法案の内容については、「新たな天下り規制策を盛り込んだ改正国家公務員法」とだけ記載し、これだけ大騒ぎになった社保庁、年金の根本対策の2法案の説明の言葉は一切無しでした。NHK報道局のディレクターや担当者は、与野党の攻防だけを印象付けるようにし、結果である政府側の重要法案成立、対策実施を表立って伝えたくないようです。 ちなみに、他のネットニュースのタイトルは次の通りでした。各ネットの殆どは、内閣が重要法案と位置付けたことや、各法案の目的を短文で記載していました。・asahi.com「改正国家公務員法、社保庁改革法案、年金特例法が成立」。・Sankei WEB「年金特例法、社保庁改革関連法案が成立」。・YOMIURI ONLINE「社保庁改革・年金法が成立・・・与野党攻防、参院選へ」・NIKKEI NET「年金特例法など3法が成立・参院本会議」。・時事ドットコム「年金・社保庁法が成立=内閣不信任案、問責で抵抗−  与野党攻防未明まで−延長国会」。その後別タイトルで「改正公務員法も未明 に成立=与野党、一斉に参院選へ」。・FNNニュース「国会社保庁改革関連法と年金時効撤廃特例法改正国家公務員法 が成立」。・TBS NEWS24「公務員制度改革など3法案可決・成立」。・日テレNEWS24「社保庁改革法と年金時効撤廃法が成立」。
その後別タイトルで 「公務員制度改革法も成立」。・ANN NEWS「社保庁改革法案・公務員制度改革法案など成立」。
 
[ 名無し ] 2007/6/29
社会保険庁の問題は、事故ではなく組織内に潜む左翼の計画的なサボタージュであり行政テロではないでしょうか。内憂外患で日本政府がガタガタになってきました。国民を安心させるために強権で鎮圧する必要があります。それが出来る指導者と政党が欲しい。
 
         ●●●●●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の新刊 >>
 『世界新資源戦争』
 世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484072181/ref=pe_pe_2102_5114352_pe_snp_181
(アマゾンの発注は上記サイトへ ↑ 全国主要書店、一斉発売中)
定価1680円(阪急コミュニケーションズ刊)。
♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
          ◇ ◇ ◇   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ♪ ( 新ウェブサイトに移転しております ↑)
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 本誌1865号で詳しく教えて頂いた中国人売春宿を発端とするパキスタンの赤いモス
    ク攻撃ですが、7月12日付けのH.W. French記者のIHTレポート記事(Letter from 
    China: Mosque siege reveals the Chinese connection)が次のアドレスで見られます。
    http://www.iht.com/articles/2007/07/12/asia/letter.php

    宮崎先生ファン 2007/7/16

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事