国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/07/04


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 7月5日(木曜日)  
通巻第1849号  (7月4日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

世界に拡がる北京オリンピック・ボイコット
手錠を五つ並べたポスターを普及させようと、中国への抗議が世界で拡がっています。
http://www.rsf.org/
  ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月1日「香港返還十周年」の記念日直前に起きた事件
 胡錦濤が香港訪問、祝賀式典に抗議した人々300人が入国拒否
***************************************

 6月28日から30日にかけて、台湾から合計500名の活動家が香港へ飛び立った。
 現地の抗議団体と合流し、胡錦濤の香港訪問に抗議するためである。
 胡は香港返還十周年記念の式典参列のため、香港を訪問する直前である。

 ところが香港当局は、台湾からやってきた500名のうち、およそ300名を入国拒否、7月1日直前までに台湾へ送り還した。
 ばらばらに個室などに収監して、次の台湾へ向かう飛行機に順次乗せたため、空港内は未曾有の混乱に陥った。

 つまり300名の法輪功の活動家のリストが、「ブラックリスト」として、香港当局に事前に渡っていたのである。
台湾の組織の中にスパイが潜り込んでいる事実を改めて浮き彫りにする事件ともなった。

  ○◎み◎○や◎○ざ○◎き◎○ま◎○さ◎◎ひ○◎ろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 貴誌1848号に紹介されたブログをたどって、宮崎さんの7月1日名古屋での講演要旨を拝読、感銘を新たにしました。
 岐阜在住ですので、名古屋の会場に伺いたかったのですが、予約が必要とのことで、途中で億劫になり、でも、やっぱり伺って拝聴しておけばよかった、と悔やんでいたところでした。
 翌日は三ヶ尾に登られたそうで、近くに住んでいながらまだあそこへは行ったことがなかった。零戦やB29の残骸も飾ってあると訊いていました。
 勇気付けられて、是非、次の日曜日に行こうと思いました。
     (TY生、岐阜)


(宮崎正弘のコメント) 三ケ尾は「あじさい街道」としても著名ですし、麓は吉良上野介で有名な吉良町です。いまでも、この地では吉良が名君と慕われており、忠臣蔵は嫌悪されています。清水一学の菩提寺も、それから蛇足ながら吉良仁吉の墓も、尾崎士郎記念館もあります。

      ○◎◎○◎○○◎◎○◎○◎◎○◎◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の新刊 >>
 『世界新資源戦争』
 世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484072181/ref=pe_pe_2102_5114352_pe_snp_181
(アマゾンの発注は上記サイトへ ↑ 全国主要書店、一斉発売)
定価1680円(阪急コミュニケーションズ刊)。

♪♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『拉致』(徳間文庫)
          ◇ ◇ ◇   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ♪ ( 新ウェブサイトに移転しております ↑)
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2007/07/04

    本来なら、「抜群」の評価が至当です。

    日本の将来のためにも健筆を振るわれんことを祈念し宮崎正弘先生の御健勝を心から祈っております。