トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:6/9


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 6月9日(土曜日)  
通巻第1829号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 「言い逃れ、すり替え、誤魔化し」から一転、今度は米国食品に「毒入り」検査
    絶対に非を認めない中国人の遣り方。これぞ中国流の危機管理。
****************************************

 ペットフードで四千匹の犬と猫が米国で死んだ。
中国製だった。
 咳止め風邪薬で360人以上がパナマで死んだ。シロップに毒素の強い材料が使われていた。
パナマ政府は米国のFDOに調査を依頼した結果、中国製の風邪薬だった。標示と異なる毒性の強い材料が入っていた。
 今度は毒入り歯磨きチューブ。毒入りアンコウ(フグのアンコウと偽って輸出)。

 当初、中国は「ラベルを誰かが貼り替えた」とか何とか。そのうち言い訳で事態が誤魔化せなくなると、突如、責任者に死刑判決。お得意のすり替えである。
つまりは食品や製薬の許認可にも中国では白昼堂々の賄賂が行き交い、輸出検査も賄賂でいかようにもなり、相手国の通関はラベル誤魔化していた手口が満天下に明らかになった。

 米国は中国からの加工食品、くすり、歯磨き、医薬部外品そのほか、全ての港の倉庫に山と積み上げ、検品検疫を強化した。
 
 さて謝罪をしない中国は、なんと一転して米国やフランスからの加工食品、および「健康食品」、とりわけビタミン・サプリメントや健康飲料に「バクテリアが混入していた」、「中国の衛生基準を満たさない不合格品がある」などと難癖をつけ、寧波港、深セン港などで通関を遅らせたり、返送を命じたり、廃棄処分などの嫌がらせ行為にでてきた(ヘラルドトリビューン、07年6月9日付)。

 先月にはバクテリア入りのエビアン(ミネラルウォーター)が発見されたとして、全量がフランスに送り返された事件も発生、要するに外国製品の不衛生を国内ではアピールして、急場をしのごうというわけだ。

 毛沢東は言った。
「対内矛盾はすべて対外矛盾にすり替えよ」。
 自分たちがやった虐殺を日本軍がやったことにすり替えた手口と本質は同じである。

        ▽▽▽▽▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
((( 本日、李登輝氏が帰国 )))

(1)李登輝氏記者会見場前で台湾支持を訴えよう
   集合日時 6月9日(土)午前10時20分
   集合場所 JR有楽町駅向かいの電気ビル前
   当日連絡先 090−9332−1881 卯里

(2)成田空港で李登輝氏を歓送しよう
   集合日時 6月9日(土)午後2時半
   集合場所 成田空港第2ターミナル「到着」ロビーA
   (ここで集合した後、しかるべきところを移動します)
   当日連絡先 090−4138ー6397 永山
090−8757−7023 片木

    ○◎み◎や○○ざ◎き◎◎ま◎さ◎◎ひ◎ろ○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ♪
(読者の声1) 貴誌1828号で李登輝先生の意義深い講演内容の要旨に触れることができて感激しました。
 前回、三年前に名古屋から来日されたおり、わたしも名古屋空港、名古屋の宿舎へ歓迎に行きました。
こんども東京へ行きたかったのですが、仕事があって果たせませんでした。しかし毎日のように貴誌とメルマガ「台湾の声」などによって、行動内容を確認できたので有り難かった。
 また7日午前の靖国神社参拝には、貴誌や台湾の声などの呼びかけで、李登輝先生の参拝支援歓迎に250名の人々が駆けつけたことを知って涙が溢れました。
 拓殖大学へ行かれたことも初めて知りました。 
今後も貴誌の発展を祈ります。
     (名古屋、一読者)


(宮崎正弘のコメント)8日は、日光を見学されました。やはり東照宮の前に歓迎の旗の波。
 詳しくは下記のHPで御覧になれます。
http://www.ritouki.jp/
 なお8日夜は、帰国を前にして李登輝ご夫妻主催の「答礼の宴」が行われました。
小生もアジア・オープン・フォーラムの関係で、御招待をいただいておりましたが、あいにく先約があって伺えませんでした。盛会だった旨、聞いております。 



    ♪
(読者の声2) 貴誌にでた李登輝先生の講演内容を拝読しながら、宮崎さんの新著『2008 世界大動乱の予兆』(並木書房)を、本箱からだして、また目次を確認しました。
 なんと(1)米国の凋落、(2)中国の台頭、(3)イランの核、(4)ロシアの資源戦略など、李先生の分析を先取りするかのように、それぞれが章立てになっていて、その酷似ぶりに驚きました。
 とくに李先生は中国の金融に救いがないとの分析がありました。先生の新刊は、「中国発 世界大暴落の足音」が副題でした。
 先見性に満ちた書として、もう一度読み返したいと思いました。
        (II生、前橋)


(宮崎正弘のコメント)資源戦争の側面から、次の拙著は世界情勢を分析しております。
          ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<<<< 正論を聞く会 >>>>

 宮崎正弘がロシア、中国が惹起した資源戦争の実相と今後の世界情勢、とりわけ資源確保で置いてきぼりの観がある日本の立場と中国との衝突、その予測などを語ります。

 演題は「日中資源戦争のゆくえ」

 とき     6月20日(水曜日) 午後六時半
 ところ    大手町産経ビル「産経プラザ」大会議室
 講師    宮崎正弘
 演題    「日中資源戦争のゆくえ」
 費用    おひとり1500円、学生1000円
 ◎ 予約の必要はありません。どなたでも直接、会場へお越しください。
    当日、宮崎著『2008 世界大動乱の予兆』のサイン即売会もあります!
           ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ) 小誌は地方講演旅行のため6月17日―19日が休刊です。
                ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(((( 日本の誇りを取り戻そう ))))

 安倍総理を叱咤激励する国民集会

 とき     7月16日(祝日) 午後2時 から四時まで
 ところ    学士会館210号室(神保町駅から徒歩一分、竹橋駅から徒歩五分)
http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html

 登壇     加瀬英明 (外交評論家)
         遠藤浩一 (拓殖大学教授)
         佐藤 守  (軍事分析家)
         藤岡信勝 (あたらしい歴史教科書をつくる会会長)
         岩田 温 (日本保守主義研究会代表)
 
 いま事前登録をされると入場料無料です(定員200名)。当日は1000円
 申込先  info@wadachi.jp
 或いはFAX(03)3204−2535
 主宰 ポーツマス・ネットワーク
 協賛 日本保守主義研究会、史実を世界に発信する会、南京事件の真実を追究する会。
           ▽ ◎ ▽ ◎ ▽ ◎ ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
<< 宮崎正弘の近刊予告 >>
 『世界新資源戦争――中国、ロシアが狙う新・覇権』
 世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
(30日に全国主要書店、一斉発売、定価1680円。阪急コミュニケーションズ刊)。

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
 http://www.namiki-shobo.co.jp/

『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
http://www.tokuma.jp/ta_search_results?ta=author&word=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&searchButton.x=37&searchButton.y=9

 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
         ◇ ◇ ◇   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘の新ホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ♪
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 酷い国だと解っていてもここ迄やるかと言う思いです。全ての面ですり替えをやる国 中国 ウソは日常茶飯事(宮崎先生のCDでも明らか)、ここ迄酷い状況でも中国に進出する日本企業が有ると言う事はどう考えたら良いのでしょうか?

    マレーシア在住20年 S.K生

     2007/6/9

  2. 支那の能力主義、支那流の危機管理がよく分ります。貴殿の情報は非常に役立ちます。
    その上宣伝も巧い。本日もまた書店に行って著書を買わねば。
                    MI7

     2007/6/9

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7048人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事