トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:5/31


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月31日(木曜日)   貳
通巻第1813号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

「中国を虐殺者と呼ぼう」と全米で一大キャンペーンが開始
  ユダヤ人教会からイスラム、福音派、アムネスティなどが大連合組織
***************************************

 「反日キャンペーン」なんぞ何処かへ吹き飛ばす、大々的な「反中国キャンペーン」が世界的規模で始まった。

「北京オリンピック=ダルフール虐殺」として、世界の一流紙に「意見広告」も掲載され始めている。
 ユダヤ人組織からイスラム教会の組織、エバンジュリカル、国際アムネスティなど数十の有力な団体が、連合を組んで「ダルフールを救え」という連携運動を組織化し(本部はワシントン)、北京オリンピックのボイコットを呼びかけているのである。

 「ダルフールの虐殺に手を貸すのは中国であり、世界がこれほどスーダン政府を非難しているにも関わらず、その政権に武器を供与し、貿易を拡大させている恥知らずな中国」という激烈な文章が並んでいる。
 (たとえば日本で簡単に入手できる英字紙『ヘラルド・トリビューン』、5月31日付け、7面の前面意見広告を参照されたい)。

 これほど大規模な中国非難キャンペーンは、89年天安門事件以来。
しかも北京オリンピックを恥知らず、虐殺者の競技会などと定義し始めていて、今後の北京の対応が注目される。

 なお、この組織は浄財をひろく世界から募集している。一口25ドル、クレジットカーで支払う。50ドル、100ドル、200ドル、500ドル口がある。
https://secure.ga6.org/08/savedarfurcoalition

       ○◎みや○◎○ざき◎○○まさ◎○ひろ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 李登輝前台湾総統が来日、成田空港は歓迎の嵐に
  靖国神社参拝を希望すると到着第一声
***************************************

   ♪
(以下を『台湾の声』から転載します)

李登輝氏来日――歓迎陣に参加して
                                      台湾研究フォーラム会長 永山英樹
                                      
五月三十日、来日する李登輝氏を歓迎すべく、我々日本人や在日台湾人などおよそ二百人は成田空港の到着ロビーに集まった。 
李氏がロビーに姿を現したのは午後一時過ぎ。通路の左右に歓迎陣が立ち並ぶなかを、手を振りながら、あるいは握手を交わしながら、笑顔でゆっくりと通り過ぎた。歓迎者もいっせいに日の丸、緑の台湾旗、李登輝友の会旗を打ち振りながら大歓声を上げ、「台湾万歳」「李登輝先生万歳」の合唱も轟き渡るなど、日本人と台湾人との間ならではの、実に感動溢れる光景だった。 
李氏は午後四時にホテルに到着する予定だった。そこで我々は都内の宿泊ホテルに向かい、花束であらためて歓迎することにし、参加を呼びかけた。急な呼びかけであり、また李氏のホテル到着が十五分ほど早まったため、ホテルの玄関前で出迎えることのできた歓迎者は二十〜三十人に止まったが、それでもここでも華やかな歓迎ができた。 

衛星放送で台湾のテレビ各局のニュースを見たが、空港での歓迎ぶりが大きく映し出されていた。「台湾に冷たい」と思われがちな日本人の熱狂的な歓迎振りに、意外に思う台湾人は多かったのではないだろうか。私は台湾人記者たちからインタビューを受けたが、やはりまず聞いてくるのは、「なぜ日本人はここまで李登輝氏を歓迎するのか」だった。 
 これでだいぶ日本人の名誉も挽回ができたのではないだろうか。 
日台メディアの関心は、李氏が靖国神社に参拝するかどうかに集中した。李氏は機内や空港において、靖国神社参拝を検討していると語ったからだ。 
日本のテレビ局が報道するかどうかはわからないが、台湾のテレビ局は次のように語る李氏を報じていた。 
「(参拝の)時間は決めていません。折角来たのだから、兄貴に会わないといけないと思っています」(※込み上げる涙を抑えた、絞り出すような声に聞こえた) 
「自分の兄貴が祭られている。もしあなたがそうだったら、(参拝するかどうかに関して)どういう気持ちでいるかは言わなくてもわかるでしょう」、(※マイクを向ける記者に指を指しながら、優しく教え諭すように。周りを取り巻く日本人記者たちはそれを聞きながら、「その通りだ、その通りだ」と、何度も頷いていた) 
ついに李氏は東京に入られた。
これまで中国の顔色をうかがう日本政府のため、困難とされていたことがようやく実現したのだ。それが可能となった理由の一つとして、李氏の政治的影響力が減退していることを指摘する向きもある。たしかに総統を退任して七年が経ち、台湾国内での影響力がかつてほどはないことはたしかだろう。だが日本に対する影響力はどうであろうか。 

これまでの日本人の台湾への認識や好感の高まりは、李氏の存在あってこそのものである。言わば李氏あってこその今日の日台関係なのだ。その李氏が東京に入り、そしていよいよ奥の細道へと、日本文化の探求の旅に出かけるのだ。少なくとも「台湾人は中国人ではない」「台湾は中国とは違う」と言った理解は、日本人の間でさらに深まることだろう。李氏の靖国参拝の意向表明だけでも、大勢の日本人が感激し、励まされたはずである。日台の絆はいっそう強いものとなって行くはずだ。 
これほどの威力を持つ人物は、他にそうはいまい。
今日の日本人の歓迎振りを見ながら、そのようなことを強く思った。

    ○◎みや○◎○ざき◎○○まさ◎○ひろ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
<< 宮崎正弘の近刊 >>
 『世界新資源戦争――中国、ロシアが狙う新・覇権』
 世界の新しい資源地図を精密な地図を附録に、資源戦争の実態を網羅。
(6月30日 全国一斉発売、定価1680円。阪急コミュニケーションズ刊)。
   
     ♪ ♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
http://shinshomap.info/book/4569646204_image.html
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
◎○◎○◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
  ◎○◎みや○◎○ざき◎◎○◎○◎○まさ◎◎○◎○ひろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 改めて 日本と台湾の重要性を感じる。総統には、再来日を望む。

     2007/5/31

  2. 日本の若い世代に、爪の垢を煎じて飲ませたい思いだ。
    日本人よ恥を知れと言いたい。

     2007/5/31

  3. 米国で反中共キャンペーンが起きているという。遅すぎたがよい方向だ。中共は厚化粧しているが20世紀の共産軍閥の生き残りである。政治的正統性の無い過去の恐竜なのだ。それがいまや共産主義の見せ掛けの理想主義もかなぐり捨てて恥も外聞も無く私利私欲を追うグロテスクな正体を現している。米国もいまや全都市が馬鹿にしていた中共の核ミサイルの射程内にある。19世紀以来の度し難い米国人の支那好き幻想もどこかへ吹き飛んで行ったのではないか。

    名無し 2007/5/31

  4. ご自愛のほどを

     2007/5/31

  5. 貴殿の意見は真に当を得ていると思う。
    真のジャーナリズムを見る思いだ。李氏の靖国参拝を安倍首相は歓迎するでしょう。参拝が実現すれば、北京五輪ボイコット運動に火がつくぐらいの大飛躍があるかもしれないですね。

     2007/5/31

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/18
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/23
    読者数:
    5714人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/16
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事