トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:5/30


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月30日(水曜日)   
通巻第1811号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

<< 今週の書棚 >>
  
  ♪
井尻千男『男たちの数奇の魂』(清流出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 数寄者の文化と美学の精髄を掘り下げ、茶道の深淵を追求
      伝統文化歴史を保存しない現代日本の富裕層へ苦言

             
 この著作は日本文化の根本から湧きいずる静かな熱気と鬼神にせまるほどの魂が籠められている。
 井尻千男氏の「お屋敷」と、その立派な庭園と「茶室」を知っているものにとって、何故、井尻氏があれほどの情熱を傾けて、それを維持しているのか、それこそは文化事業でもあるのだが、その希有の行為に男の美学を見る。
 井尻さんの著作に親しんだものであれば、氏の訴えの多くが美意識からの日本への警鐘であることを知っている。
 井尻邸の景観と庭園の設計思想の視座から、伝統的な日本庭園の美を語り、茶室の本質を探求しつつ日本の文化の精髄を凝視する。
この作品は井尻氏渾身の文化論、精神復活の呼びかけである。
 歴史との和解の仕方、近代日本の宿命としての二元論を生きた男たちが、ユニークな文化論の視点から簡潔に雄坤に描かれる。
「利休が『わび茶』の境地を深めたのは還暦を迎えてから」だった。
「わびた草庵茶室の完成は宗旦だったとされている」。それは「非政治的であろうとする決意と、清貧という現実を積極的に引き受けたところに、草庵茶室という新しい美学が完成した」。
 こうした美学的探求のあと、井尻氏は自宅に自分が設計した茶室をつくる決意をするが「私のめざす茶室は草庵茶室が出現する前の書院風小間となった」。
先祖伝来、樹齢三百年の松を使い、「床柱は角材、うずくり仕上げの秋田杉、床框も角材、黒漆のつや消し、客畳上の天井は思い切って格天井にし、その桝目四つに照明を入れ込んだ格天井は、茶室の歴史にない」。
しかも「思い入れの最も強いところは床の間の鏡天井で、ここには一枚板を入れることになっている。思いついたのは、私が子供の頃に勉強机にしていた一枚の座卓である。」
 東側にあった樹齢六十年の楠は「家相からいっても朝日をさえぎってよろしくない。私は決断した。その楠を切って、良材になる部分だけを残し、その他を灰にして新しい茶室の炉にいれようと」。
 
 ▼日本から流れ出した国宝級美術品の数々

 問題は、なぜ井尻氏がここまでの情熱を傾けて、茶室を創出するに至ったのか。
 次の文章がさりげなく、本書に挿入されている。
 「今日の日本の富裕階層の人々は、もうほとんど和風文化を支持し買い支えていない。系譜不明の洋風建築の家を建て、ヨーロッパ直輸入の家具調度品をそろえ、フランスとかイタリアのブランド品で身を装い(中略)、主要国でこれほどに自国文化から乖離してしまった富裕階層はないだろう、旧植民国を別にすれば。つまり、金持ちが自国文化を何ひとつ買い支えていないということだ」。
  そしてこうもいわれる。
「財界数寄者の系譜が途絶えたのは間違いなく精神史の問題」である。
戊辰・明治を闘って近代日本を築き殖産興業の先駆者となった多くの初期の財界人を比較せよ。
 かれらは近代化を提唱しつつ欧米建築を積極的に導入したものの一方では「和風文化の精華を買い支え、享受した」。
 明治鹿鳴館時代、江戸の浮世絵や仏教彫刻など、多くの国宝級美術が海外に流出した。われわれはNYのメトロポリタンなどへ出かけなければ、浮世絵の全貌を知ることさえできない。
 他方で、訳の分からない西欧美術が流入し、亜流の文化、さらには無国籍の日本文学を産んだ。国籍不明の芸術が持てはやされてきた。その戦後は伝統という文脈に立てば、虚しい時代、文化空白の時代だった。
 しかしながら明治から昭和の御代にかけて、たくましく西洋化の流れと平行して日本美を恢復しようと努力した人々がいた。
 題名に出てくる二元論を生きた偉材として、松永安左右衛門、益田孝、原富太郎、畠山一清、根津嘉一郎、五島慶太、小林一三、高橋義雄、井上馨らが、その雅号とともに紹介される。かれらが如何に古典と日本文化の精髄である美術品を集め、そして見事な庭園を残していったのか。
 「ノブレス・オブリージ(高貴なる義務)を失った現代日本人を見ると、「どうやら戦後教育ばかりか、富裕階層の教育にも失敗したというべきだ」
 そして根源に横たわる茶室の伝統を簡潔に繙き、信長から秀吉の時代に活躍した千利休、山上宗二、古田織部ら。また徳川時代に数寄者としても知られた小堀遠州、片桐石州、松平不昧、伊井直弼を網羅し、寸評しつつ文化の本源に迫る。

 ▼実際に氏の庭に立って考えたこと

 じつは本書を通読した翌日に井尻邸で恒例の「園遊会」が開催され、その茶室で井尻氏自身の点てた茶を頂きながら、天井や杉床や照明具合をみた。凝るというのは、こういうことなのか。
当日、山梨の富士の裾野にあつまった面々は皆が日本文化に一家言ある御仁ばかりで、美術史の田中英道氏、思想史の西尾幹二氏、言語学の萩野貞樹氏らに混じって加瀬英明、呉善花、石平、作家の中村彰彦の各氏ら総勢三十名が伝統の茶を愉しんだ。
 評者(宮崎)がその席で話題としたのは、上の文脈からみた司馬遼太郎記念館である。
およそ司馬の戦国大名の世界から遠く、日本の伝統建築と甚だしく乖離してのミナレット風の建物は、どこかにも書いた記憶があるが、「あれは司馬遼太郎記念館というよりも、安藤忠雄記念館ですね」。
その後、したたか酔って談笑の場となり、小生ら四人は塩山温泉に一泊する仕儀となった。本書の直截な感動の余韻から酩酊となり、その夜は、山梨の地酒で時間を忘れた。
帰京翌日には井尻氏が所長を務める拓殖大学日本文化研究所で、小生が講演する番であった。




  ♪
黄文雄『2008年の国難』(ビジネス社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 2008年危機を黄さんはどう見ているか。あれだけ浩瀚な歴史書を書いてきた著者だけに非常に興味がある。
もし次の選挙でヒラリー女史が米国大統領になると、日米間にすきま風、中国はにんまり。台湾総統が馬英九になると北京はにっこり。となれば、まるで北京はオリンピック前に外交的凱歌をあげることになる。
 それを避けるために、日本は堂々の核武装をなして、骨の髄からの反日国家を捨て日本は真の国益に向かって突っ走れと、いまの論壇の基準から言えば過激なことを説く。だが、歴史を振り返って中国という国の特色をしれば、日本の自衛努力のなさこそが中国に付け入る隙を与えるのである。
 黄文雄節ますますの快調。快刀乱麻を絶つ。
 「上海はどぶ河」と黄さんは遠慮会釈なく、ずばりと比喩する。
 「年間六百噸の排水や汚水の80%が未処理のまま、直接水域に排出されている。長江(揚子江)は工場排水や農薬をふくむ農業用水、あるいは都市生活の汚水、糞尿をふくむ廃水が毎日五千万噸も流れ込む中国最大の排水溝で、その河口に位置する上海の人々は毎日7300トンの糞便と500余噸の汚水を排出している黄浦江と、これまた巨大排水溝である蘇州河に囲まれて暮らしている」。
 バブル崩壊は時間の問題だが、そのとき中国は内部矛盾を外部矛盾にすり替え、台湾を侵略する可能性があるが、さて2008年総統選挙で、本命視された馬英九は勝てないだろうとも大胆に予測する。

 朝鮮族は南北ともに「事大主義」の呪縛から離れることが出来ない。
要するに大きなものにはまかれる、という人生原則があり、だから日韓併合のときは大挙して外地へ流出したのだと黄文雄節は絶好調。
「それも殆どが満州か沿海州」、つまり「かれらも大日本帝国の様々な恩恵に浴してきた。とくに精神史的にいって、そうであった。というのも崇儒廃仏後の李朝時代の韓国人には進取の精神や創造的精神など望むべくもなかった」
 という文章からも、かの半島の特質は、「古代文明を産んだギリシア、ローマ帝国を産んだイタリア半島も、大航海時代のポルトガルとスペインを輩出したイベリア半島とも違う」(本書102p)と言う。
 事大主義の韓国は中国になびき、中国の属国として韓国はこれからも生きてゆくだろうと朝鮮半島の暗い未来を予測している。
 また韓国の未来に軍人の動きが注意だという指摘は納得させられる。
他にも、いろいろとユニークな予測が並び、ページを繰る毎に“うぅーん”と考えさせられる場面が多い本である。

       ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(サイト情報) バグダッドで5月28日、米国とイランとの大使級公式協議が行われた。 1980年の断交以来初めての協議に米国側からはクロッカー駐イラク大使、イラン側のカゼミコミ駐イラク大使。イラク情勢に限定した話し合いがあった。 
(1)クロッカー駐イラク大使のブリーフィング内容
On-the-Record Briefing With U.S. Ambassador to Iraq Ryan C. Crocker on His Meeting With Iranian Officials、 Office of the Spokesman, Department of State, May 28, 2007
http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2007/may/85559.htm
(2)国務省国際情報プログラム局による解説記事
http://usinfo.state.gov/xarchives/display.html?p=washfile-english&y=2007&m=May&x=20070525172754esnamfuak4.087466e-02
(3)イランに関する最近の議会調査局レポート

(a)Iran's Influence in Iraq、Congressional Research Service
http://fpc.state.gov/documents/organization/85622.pdf
(b)Iran: U.S. Concerns and Policy Response
http://fpc.state.gov/documents/organization/85621.pdf

      ○◎みや○◎○ざき◎○○まさ◎○ひろ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の近刊 >>
 『世界新資源戦争――中国、ロシアが狙う新・覇権』
(6月30日 全国一斉発売、定価1680円。阪急コミュニケーションズ刊)。
   
     ♪ ♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
http://shinshomap.info/book/4569646204_image.html
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
◎○◎○◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
  ◎○◎みや○◎○ざき◎◎○◎○◎○まさ◎◎○◎○ひろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/06/21
    読者数:
    3900人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17022人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    5715人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事