国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/05/29


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月29日(火曜日)  貳 
通巻第1810号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

李登輝前総統が来日、各地で講演会など
多彩なスケジュールの概要がほぼ内定。
***************************************

李登輝前台湾総統ご夫妻は、あす、5月30日に成田着で来日が決まりました。おおよその日程は下記の通りです。

(5月30日) 成田空港では盛大な歓迎会が開催される。
希望者は正午に第二ターミナル到着ホールにお集まりください。

  (5月31日) 13:30 「奥の細道」深川の芭蕉旧居・芭蕉記念館訪問 (行く春や鳥啼き魚の目は泪)。 芭蕉記念館の最寄り駅は「都営地下鉄新宿線&大江戸線・森下駅」。
     (ご注意)。 館内は狭いので一緒に入館はできませんが、入り口での歓迎、隅田川川岸の遊歩道は出入り自由。歓迎希望は13時記念館前集合です。

(6月1日)  「後藤新平の会」主催「後藤新平賞」授賞式
        受賞記念講演「後藤新平と私」(李登輝博士)。招待者のみです。

(6月2日) 仙台着入り。「奥の細道」松島・瑞巌寺・塩釜神社など訪問

(6月3日) 「奥の細道」山寺(立石寺)訪問 (閑さや岩にしみ入蝉の声)

(6月4日) 「奥の細道」平泉中尊寺訪問 (夏草や兵どもが夢の跡)
        後藤新平の生家および記念館を参観(奥州市水沢)
        新渡戸稲造旧居・新渡戸稲造記念室参観(盛岡市)

(6月5日) 角館(武家屋敷)、田沢湖・田沢湖高原参観

(6月6日) 「奥の細道」象潟蚶満寺訪問(象潟や雨に西施がねぶの花)。
秋田の国際教養大学特別講義「日本の教育と台湾−私が歩んだ道」
(ご応募は締め切りました)

(6月7日) 拓殖大学を訪問
          17:00 李登輝博士ご夫妻歓迎実行委員会主催講演会
           「2007年以後の世界情勢」(李登輝前総統)
          19:00〜20:00 歓迎レセプション(この会は李登輝友の会会員などに限定されております。一般公募250名分は締め切りました)。

   (6月8日)  李登輝ご夫妻主催答礼宴(招待者のみ)

   (6月9日)  記者会見。夕方、成田発帰国。

   ◎○◎ ○◎○ ◎○◎ ○◎○ ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 明日、李登閣下が来日されます。成田空港での歓迎行事要項は次の通りです。
現地では以下の要領で盛大に歓迎をいたしますので、ふるってご参加下さい。

【集合】30日正午、成田空港第二ターミナル到着ロビー

注意事項 1、成田空港に入るときに身分証の提示が求められますので、免許証、外国人登録証等々をご用意下さい。
2、成田空港構内では以下の規則がありますのでご注意下さい。
    ・横断幕の持ち込み禁止 ・旗竿の持ち込み禁止  ・プラカードは紙で作った肩幅程度の大きさまで。
3、混乱を避けるため現場責任者の指示にお従いください。なお現地では日の丸、緑の台湾旗などの小旗をお配りします。
問合せ 台湾の声 koe@formosa.ne.jp
    日本李登輝友の会 03−5211−8838 
当日連絡先 090−8757−7023 片木
      090−4138−6397 永山




   ♪
(読者の声2) 貴誌メルマガ1809号の「宮崎正弘のコメント」のなかの「それより松岡農相の自殺を中国のネットでは『上吊自殺』として、一斉に速報していました。これはちょっと異常な反応ですね。つまり、天文学的汚職をやっても知らん顔している中国共産党幹部への、一種の抗議の報道姿勢と、とれるからです」(引用止め)。
こういうものの捕らえ方が、私たち一般人には中々見えてこないことだけに宮崎さんのメルマガがないと不安になるのだなぁァと。改めて思いました。
    (FF生、東京都)


(宮崎正弘のコメント) 中国人の親しい人に聞くと「何故? 松岡さんって何か悪いことでもしたの」という反応が圧倒的でした。 日本のマスコミの情報操作と、庶民の反応の落差より、日本の感性のそれと中国人との差異!

      ○◎みや○◎○ざき◎○○まさ◎○ひろ◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の近刊予告 >>
 『世界新資源戦争ー中国、ロシアが狙う新・覇権』
(6月28日全国一斉発売、定価1600円。阪急コミュニケーションズ刊)。
   

     ♪ ♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
http://shinshomap.info/book/4569646204_image.html
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
◎○◎○◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
  ◎○◎みや○◎○ざき◎◎○◎○◎○まさ◎◎○◎○ひろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。