トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:5/20



 ●小誌登録読者、9500名を突破(9513名、5月20日現在)!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 5月21日(月曜日)  
通巻第1802号  (5月20日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 チベットに大量のレアメタルの埋蔵が確認
   青蔵鉄道沿線にチタン、コバルト、金紅石、マンガン鉱脈が発見された
****************************************

 米国ジェイムズタウン財団発行の『チャイナ・ブリーフ』(五月十六日号)によれば、中国共産党はチベットへの機甲部隊の増派を決定した。

 チベット高原に眠るレアメタル(稀少金属)、戦略物資は夥しいが、最近の調査で大量のジルコン、クローム、金紅石、マンガンのほか、日本やEU、米国のハイテクに欠かせないコバルト、チタンも膨大に埋蔵されていることが判明した。

たとえばコバルトはハイブリッド・エンジンに欠かせない。チタンはエアバス、ボーイングの航空機エンジンに不可欠である。
チベット問題、ウィグル独立運動同様に資源戦争の様相を呈してきた。

       ◎○◎宮○◎崎◎○◎○正◎○◎○弘◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1) 貴誌の記事を拝読すると、ロシア情勢は面妖で訳が分からないことばかりです。ウォッチの必要があります。
ロシアの税務当局がアメリカの銀行を資金洗浄で訴えたとか。
アメリカの北への制裁解除は、武器売買やテロ関連の取引に使われているドルが使われなくなるとドル市場の収縮→ドル暴落となる恐れがあるからという説を聞きます。
お金に‘色’はついていないと云われますが、‘明’と‘闇’はあり、この度の北の資金封鎖はドルの闇市場での地位を著しく不安定にしていたのでしょうか?
だから米政府は制裁を緩め、資金洗浄を黙認せざるを得なくなり、その弱みをプーチン率いるシラビキが狙い撃ったのでしょうか? 
ソ連時代の面妖さが復活してきたロシアには、多極化しかけていた国際社会を分かりやすい二極(か、三極)に再び収斂させるパワーとやる気がうかがわれます。
これは外交下手な日本にとりやりやすく、いい流れではないかと思いますが如何でしょうか?
     (HN生、品川)



(宮崎正弘のコメント) 資源を政治の武器としたロシア、武器を道具化仕切れない米国。なんでも政治の武器とする中国、そして何もしない、いや能力がないばかりか、そのような発想力のない日本。
 


    ♪
(読者の声2) 朝鮮日報の記事を転送いたします。 中国、アフリカに200億ドルの支援を約束、米日欧の支援金合計額の3倍 
http://www.chosunonline.com/article/20070519000019 

1)少し興味があるのが、資源高騰のあおりを食らう富裕でない国々の現状。 
2)伝染病。ローカルな病原体が拡散すると、新天地での既存生物には免疫がないために壊滅的な打撃を与える。 
3)ガソリン高もあって日本でも自転車人気のようです。 
ママチャリ(デザイン野暮)ーー(空白)−−スポーツ車(無骨、高価、日常生活には却って不便) 中間の空白地帯(洗練のデザイン+乗り心地+妥当な値段)にそこそこクールな自転車が増えてきたように見受けられます。 
経済封鎖の逆境を都市農業と自転車でしのいだというキューバの様でもあります。自転車が増えれば、政府から課税対象として目をつけられて自転車保有税でも課せられる事になりますね
    (QW生)


(宮崎正弘のコメント)自転車が増えていますか。中国は自転車が劇的に減っておりますが。。



    ♪
(読者の声3) チャンネル桜の「闘論!倒論!討論!」。3時間の激論を見て、これを書いています。
今回は「世界は今どうなっている?」がテーマでしたが、出席者は皆さん憂国愛国の方々ですから、現状分析は非常に厳しい危機感が飛び交い、日本有利の情勢はわずかですらなさそうだという雰囲気で、焦点は今後如何にして対処していくかに絞られていたと見ました。
 水島総氏の司会で田久保忠衛、加瀬英明、藤井厳喜、西尾幹二、宮崎正弘、上島嘉郎の六氏が討論した中で、宮崎先生のみ経済・資源の側面から中・露・米の三大国の情勢を指摘されていたのが際立って現場取材の重みを感じさせてくれました。
 とくに今後の対処法の中心は情報戦である、と問題提起した水島氏に呼応したやり取りは戦略思考を持つ人のみが展開できるものでしたが、やや不発に終わったといわざるを得ず、具体的戦略を持てない保守論陣のひ弱さを感じました。
      (HS生、愛知県)


(宮崎正弘のコメント) 三時間も長い時間をおつき合い頂いてありがとうございました。
 出演する側から言えば、おわってドッと疲れておりますね。テンポを早くした一時間番組のほうが良いかも知れません。

   ◎○◎◎○◎みや○◎○ざき◎◎○◎○◎○まさ◎◎○◎○ひろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 今月の拙論 >>

(1)「独創的技術のない国」(『週刊朝日』、6月1日号)
(2)「中国発世界暴落―中国企業が中国から逃げ出す」(『サピオ』、22日発売)
(3)「もはや中国人は反日で動かない」(『月刊日本』、6月号、22日発売)
(4)「戦争広告代理店と中国」(『WILL』、26日発売)
(5)「憲法の欺瞞と三島由紀夫の精神」(『別冊正論』、発売中)
(6)「毛沢東の革命神話の地を往く」(『エルネオス』、6月号、月末発売)
(7)「西安はいま」(『共同ウィークリー』、5月31日号)
(8)「革命聖地は風化していた」(『自由』六月号、6月10日発売)
   ◎○◎○◎○◎  ◎○◎○◎○◎  ◎○◎○◎○◎  ◎○◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は地方講演などにより5月28日付けが休刊の予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(秋田県および周辺の読者の方へ)

  ♪
李登輝前総統 特別講義の聴講者募集
【要申込:5月25日必着】
   応募者多数の場合は抽選。当選された方には整理券を郵送

 李登輝前総統による特別講義「日本の教育と台湾−私が歩んだ道」は一般聴講もでき、参加申込書(国際教養大学のホームページからダウンロードすることもできます)を5月25日必着でFAXか郵送で送り、応募者多数の場合は抽選となり、当選者には国際教養大学より整理券を郵送する。
 国際教養大学の案内と、この募集を伝える読売新聞を併せてご紹介します。(編集部)
------------------------------------------------------------------------------
■国際教養大学 行事予定とお知らせ
 http://www.aiu.ac.jp/japanese/921.html
 国際教養大学では、“大学の知”の地域への還元として、学生向けの授業を一般に公開する施策を行っております。このたび前台湾総統の李登輝博士が東北地方を周遊される機会をとらえ、本学の中嶋学長が担当する授業において、特別講義を実施することとなりました。この好機を本学学生のみならず広く県民や市民の皆様にも開放しますのでお知らせ致します。
■日  時 平成19年6月6日(水)午後2:00〜3:15
      (開場は午後1:00からとなります。)
■会  場 プラザ・クリプトン
      (秋田市河辺戸島字上祭沢38-4)
■授 業 名 "Introduction to Global Studies"(グローバル研究概論)
■担当教員 中嶋嶺雄(学長)
■特別講師 李登輝博士(前台湾総統)
■演  題 「日本の教育と台湾−私が歩んだ道」
■申込方法 参加申込書を印刷し下記にFAXしていただくか、郵便はがきに住所、氏      名(ふりがな付き)、年齢、職業及び電話番号をご記入のうえ、下記の宛先までお送りください。
      ・FAXでお申し込みの場合:
       018-886-5910
      ・郵便はがきでお申し込みの場合:
       〒010-1211 秋田市雄和椿川字奥椿岱193-2
       国際教養大学 李登輝博士 特別講義 係
      *お申し込みは平成19年5月25日(金)必着となります
■使用言語 日本語(日本語を使われない希望者のために英文参考資料を配付します)
■備  考 座席数が限られているため、応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。当選された方には整理券を郵送しますので、当日は必ず整理券をご持参のうえ、受付をお願いします。
お申し込みの際にお送りいただいた情報は、当日の受付用としてのみ使用します。
■お問い合わせ先
 国際教養大学 担当 磯貝 TEL:018-886-5884(直通)
 TEL:018-886-5900(代表)  FAX:018-886-5910
 受付時間 9:00〜12:00、13:00〜16:00(月〜金)

■国際教養大学
 〒010-1211 秋田県秋田市雄和椿川字奥椿岱193-2
 TEL:018-886-5900 FAX:018-886-5910 
 Eメールinfo@aiu.ac.jp
  ◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<< 宮崎正弘の近刊予告 >>

 『世界資源戦争地図』(仮題。6月下旬頃。予価1600円。阪急コミュニケーションズ)

     ♪ ♪
<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
 『2008 世界大動乱の予兆』 (並木書房、1680円)
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
http://shinshomap.info/book/4569646204_image.html
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
◎○◎○◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
  ◎○◎みや○◎○ざき◎◎○◎○◎○まさ◎◎○◎○ひろ◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. いつも楽しみに拝読しています。
    友人から回ってきたものです。
    はっきり言って選挙運動の一環と思いますが、参考までに・・・

    <東条由布子を囲む会
     日 時:平成19年5月26日(土曜日)16時〜20時(入退場自由)
     場 所:ホテル・ルポール麹町(麹町会館)
        〒102−0093 東京都千代田区−0093−4−3
        麹町駅1番出口、または、永田町駅9番出口
     会 費:1万円(学生3000円)
     アトラクション:あべ・まりあさんの「懐かしい日本の歌」
             栗原ひろみさんの「美しいバイオリンの調べ」
    連絡先:090−3513−1837>

    当然といえば当然ですが、東条由布子(東条英機の孫)さんは今でもあちこちの遺骨収集をしています。

      練馬 33生

     2007/5/20

  2. 最近、また、たて枠がいってますね、全部読めません。
    Cyber agentの嫌がらせ、質の悪い会社で有名だからな。

    BOYCOTT BEIJING OLYMPIC 2007/5/20

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    5699人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7048人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事