国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/04/02



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 4月2日(月曜日)   
通巻第1758号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 マオイストが猖獗するバングラデシュで、
 本当は何が起こっているか

世界紀行 「バングラデッシュ」(下記をクリックしてください)
http://www.nippon-nn.net/miyazaki/travels/
****************************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) “従軍慰安婦の強制連行”とはなんでしょう?
こういう広告が当時出ていて、軍が強制連行していたと主張する韓国の人がいるという。
よく観てください。これ、まったくの自由意志による募集ではないですか?
月収300円が当時どのような収入だったかは、誰もがわかるはず。今の韓国人、ハングルばかりで漢字が読めなくなっているようです。
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1412.html
      (HT生、大田区)


(宮崎正弘のコメント) この映像をもっと広く転送したいものです。



    ♪
(読者の声2) 「慰安婦問題で米国の失ったもの」
この問題はいろいろ言われているが、日本人の間で米国の信頼性が低下したことは否めない。
1.簡単に騙される知能レベル
支那人や朝鮮人の狡猾さは常識であるが、それに簡単に騙される米国人のそれも選ばれた選良である政治家の知能レベルには失望した。これでは日本の防衛は頼めない。

2.日本人よりも支那人や朝鮮人を信頼するとは
戦後の日本の米国への貢献の価値はゼロどころかマイナスであった。ベトナム戦争や朝鮮戦争でさんざん米兵が殺されながらそれでも支援した日本が憎いという感情は恩知らずであり最早民族差別である。

3.日本人のアクション
日本の核自衛を急ぐべきである。よい米国人もいるが悪い米国人もいるということである。米国は最早頼れない。
      (MC生)


(宮崎正弘のコメント) 今回の騒ぎで日本の保守陣営の多くにアメリカへの不信が拡がったことは事実です。日米同盟への信頼も揺らぎました。
親米派の発言も聞こえません。
 次ぎにヒラリー夫人が大統領となれば、もっと致命的な地点にまで日米同盟の亀裂が拡がるでしょう。
         ○ ○ ○ ○ ○ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(三島由紀夫研究会 公開講座のおしらせ)
4月18日午後六時半 アルカディア市ヶ谷 
水島総「村上春樹とミシマ文学」
http://www.nippon-nn.net/mishima/koza/index.html
     ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪ ♪
<< 宮崎正弘の近刊予告 >>
 『2008年世界大動乱の予兆 (中国発世界大暴落の足音)』 (並木書房、予価1600円 四月下旬刊行予定。近く、特典付き予約販売をネット上で行います)
    
   ♪ ♪
<< 宮崎正弘の近著 >>
『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)
    
♪ ♪
<< 宮崎正弘の「三島由紀夫論」三部作 >>
『三島由紀夫“以後”』(並木書房)
『三島由紀夫はなぜ日本回帰したのか』(清流出版)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
       ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。