トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:3/5



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 3月5日(月曜日)  
通巻 第1724号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 北京のGDPの半分が不動産関連という経済構造のゆがみ、異常さ
  北京オリンピックで湧いているのは不動産業者と投資家くらいではないのか
***************************************

 あと十八ヶ月になった。
 08年8月8日午後8時。8888という縁起のいい数字が並ぶ北京オリンピックの開会式。

 北京と除くと、ちっとも盛り上がっていないオリンピック。沸き上がっているのは地下鉄四本の工事区間の周辺とか、競技施設関連を建設中のデベロッパーくらい。なにしろ予算360億ドルの裡の200億ドルが関連施設とインフラ整備に投じられている。
 このため北京には、「副都心」「新都心」やら東京のお台場にたぐいする新開発区が、雨後の竹の子のごとくで、ロケーションなどを条件にマンション投資が盛んである。北京っ子が集まると「どこそこの物件が良い」という話ばっかり。
 北京は新しい景観が広がり、軽工業区さえ、天津に移転の最中だ。

 英誌『エコノミスト』(3月3日号)によれば、北京GDP3400億元のうち、1700億元が不動産関連だという。(一元は16円50銭=3月5日現在)。

 今年一月の速報で北京の不動産価格は、前年比9・9%も上昇していた。
当局の貸し出し規制、新規マンション着工規制、頭金の増額など、種々の抑制政策の結果が、これである。
 さすが。「上に政策あれば、下に対策あり」の中国人。地下銀行からカネを調達しているからである。

 「くわえて土地供給がタイトになり、人民元上昇の緩慢さが、人民元建ての不動産価格を風圧のごとく押し上げる」(エコノミスト誌)。

 「景気後退期とオリンピックは重なり、巷間とびかうオリンピック後の景気低迷説と三重奏になっており、さらに不動産への投機資金の逃亡が加わると、さてどうなりますか?
         ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1)貴誌1721号。ビーバーズ氏は非常に詳しい研究成果をホームページに発表しています。
既にシリーズ7まで出しています。しかも英語だけでなく、日本語訳つき、韓国語も少しといったものですので、是非皆さん活用していただきたいと思います。
たとえば、次のような感じです。
 地図2:鬱陵島が示すのは、全て韓国の古地図で、于山島が現在の竹島(Chukudo)の位置と同じ、鬱陵島のすぐ東に描かれているものです。それにも関わらず韓国人は、いまだに地図上の于山島は,現在の独島だと主張するのです。

 地図3:韓国古地図集  韓国人は1899年の韓国の地理の教科書に載っている地図を見ても、ここに描かれた于山島が、独島だと言い張ります。地図の経線からすれば、それはありえないのにです。

 地図4:大韓全図(1899) 最後に下の地図は1874年発行の“韓国カトリック教会の歴史(Histoire de l’Eglise de Coree)”という本からの抜粋です。
この地図では鬱陵島は“ウルルント(ul-leng-to)” 、その隣の竹島(Chukudo)は“ウサン(u-san) ”と記載されています。この地図には経度と緯度が明記されていて、“ウサン(u-san) ”がLiancourt Rocks (竹島/独島)では有り得ないことがお分かりでしょう。

 地図5:“韓国カトリック教会の歴史(Histoire de l’Eglise de Coree)” (1874)より
于山島は、現在の“独島”ではありません。それは、鬱陵島の北東沖約2.2kmというすぐ隣にある竹島(Chukudo)です。1905年以前の韓国側の文献や地図で彼らがLiancourt Rocks (竹島/独島)を、韓国領として考えたていたことはおろか、その存在を知っていたということすら示すものは一つも存在しないのです。
   (HM生、港区)


(宮崎正弘のコメント)貴重な情報を頂きました。有り難う御座いました。



   ♪
(読者の声2)貴誌1723号によってマスコミが報じないことを教わります。とくにTIMEの「南京」の記事に関して、“やや公平なスタンス”とありました。
わたしもTIMEの読者ですので、この記事はとても日本に「公平」だったとは言えず、斜にかまえての冷淡な物言いですが、しかし貴誌にあるように「一歩前進」と捉えることも出来るかも知れませんね。
米国のマスコミは、東京裁判是認、原爆投下擁護の路線で基本的に日本叩きが続いていますから、そういう意味ではたしかにTIMEの報道は一石を投じています。
   (KN生、大田区)


(宮崎正弘のコメント)映画「南京の真実」政策委員会には現在5600万円の浄財が寄せられております。
目標の三億円まであと数歩の距離があるのですが、これほど熱い国民の支持と共感があることに、次の奇跡を信じたいと思います。そして、この事実はちゃんとTIMEで報じられております。「全国からカンパが集まっている」と。
         ▽ ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
<宮崎正弘の近著>

『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊、最新刊)
http://item.rakuten.co.jp/book/4115513/
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書、増刷出来)
 『中国よ、反日ありがとう』(清流出版)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫、残部僅少)

<宮崎正弘の三島由紀夫論三部作>
『三島由紀夫“以後”』(並木書房、残部僅少)
『三島由紀夫はなぜ日本回帰したのか』(清流出版。絶版)
『三島由紀夫の現場』(並木書房、最新刊)
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_st/503-5227451-0680731?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&page=1&rh=n%3A465610%2Cp_27%3A%90%B3%8DO%81_c+%8B%7B%8D%E8%2Cn%3A466282%2Cn%3A492048&sort=daterank&x=8&y=8
(すべての本は上のサイトから注文が出来ます ↑)
              ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    2870人

    君主制の国は少なくありませんが、神話の世界につながるほど古く、1つの王朝が連綿と続くのは日本の天皇だけです。天皇は何をなさっている方なのでしょう。知っているようで意外に知られていない天皇・皇室の世界を、日本人の精神史の語り部が事実に基づいてお話します

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事