国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2007/01/15


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 1月15日(月曜日) 貳
通巻第1677号   
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 広州市の「一万ドル倶楽部」入りは、やっぱりねぇ。「嘘放送」だった
  流入する出稼ぎ370万人を含めると「一人あたりのGDPは7800ドル」と下方修正
****************************************

 ほんの十日前である。
 広州市当局が胸をはって「一人あたりのGDPが10000ドルを超えた」と発表したのは。

 その舌の根も乾かぬうちに「7800ドル」と大幅に下方修正された(ヘラルドトリビューン、1月15日付け)。
 それにしても公式統計が25%も違う。いくら出鱈目中国だって、これはひどすぎないか?

 原因は広州全体のGDPを、登録されて人口の750万人で計算したからで、広州戸籍がなくとも、広州で労働している流入した、出稼ぎ労働者350万人の所得を含めていなかったからだ(もっとも従来の中国の数式は戸籍人数だけでわり算していたから、実態を反映しない数字がよく一人歩きしたもの当然である)。

 中国全土平均で一人上がりのGDPは1740ドル(過去五年に、なんと倍に増えた!)。
 だから広州市の7800ドルという数字でも大変な高額である。
 広州に次いで深せん、上海、北京の順で所得が高いと見積もられている。

 その高所得をもとめて毎日のように大都会へ流れ込む流民がスラムを形成し、治安は極端に悪化している。
広州市や深せん特別経済特区でスリ、置き引き、ひったくりは常態である。
市民の多くは「流民が犯罪を運んできた」と白眼視しており、じっさいに犯罪全体の85%が流れ込んできた広州市戸籍以外のひとによる」(同ヘラルド紙)。
そういえば孫文革命、その前の太平天国、いくたの戦乱で広東へ湖南からやってきた兵隊は広州の豊かさにおどろき、戦争よりもまずは富の略奪をしたものだった。

  広州はスノビズムの町でもある。
 一流ホテルには「日本酒の“利き酒”バア」まであって、代金は日本より遙かに高い。一度、「中国ホテル」で調子に乗って飲んだら、久保田やら何やら三杯で五千円もとられた(日本の居酒屋より高いでしょ?)。

 或る朝、レストラン(花園飯店の裏側)で粥をたべていたら、82歳になるという老婆が近寄ってきて、広州の物価高など世間話をしているうちに、小生が日本人とわかるや、こう言った。
「わたしゃ、日本に三回行ったよ、コウベ(xinfu)、せんだい(xianndai)、名古屋(mingkuwu)」と。その金持ちぶりを自慢するのだった。
 広州市は、そういう町でもある。
     ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌1676号「バルト三国」に関して。
 バルト三国に対するロシア人の厚顔無恥の態度はまさに粗暴な熊の所業ですね。
1.ソ連による強制移住
当時バルト三国の国民は家族ごと強制的に不毛の北極圏に移住させられ大量に殺されました。
早朝黒いホロ付のトラックが何百輌も到着し寝込みを遅い家族を駅まで強制輸送しました。駅で男子と家族を引き離し貨車に詰め込みそれが永遠の別れとなりました。
お腹の大きな若い妻が幼児を連れて夫と別々にさせないでくれと泣き叫びながら嘆願しましたがソ連兵は相手にしませんでした。
2.NKVDの暴虐
ナチスドイツは1939年にはソ連とポーランドを分割し、ソ連のバルト三国併合をみとめましたが、1941年には独ソ戦争が始まりバルト三国を占領しました。
するとNKVDの取調室は天井まで血だらけで現地人に対して凄惨な拷問が行われていたことがわかりました。
3.日本の教訓
敗戦時日本もほうっておけばソ連に占領され列島にロシア人が大量に住みついたことでしょう。
米ソ対立が幸いしました。
4.熊対策
熊には論理は通じません。鉄砲にだけ反応します。
バルト三国が核自衛すればロシアはおとなしくなります。
核はロシアに対峙する小国にとって救世主です。
      (MC生)


  ♪
(読者の声2)NHK解体論
◎第57回NHK紅白歌合戦“紅白OZMA問題”
 ロイター通信などで世界中に衝撃!?DJ OZMAのハレンチパフォーマンスについてロイター通信などが1日、「日本のテレビ局が大みそかの“トップレス”ショックに謝罪」と報じた。
伊吹文明文科相は5日、「品性を持っている人間が動かしていけば、そういうことは起こらない。NHKもよく考えたらよい」と述べ、不快感を示した。NHKも共犯:カメラ割りをすぐに変えられる。副調整室で対応可能。
  ◎NHKの左翼偏向報道(特亜三国の代理店)
(1)年末年始特別番組の海外取材大型番組がNスペ「青藏鉄道」:チベット国民の1/5を殺害した中国共産党独裁政権。その中国のチベット支配の正当化を鉄道開通というネタで宣伝しているとはNHKは北京放送局そのもの。
(2)消えたウイニングラン・荒川静香選手と「日の丸」
(3)韓流捏造:韓国の文化(李王朝はどうだった)や芸能が大ブームになっているかのようにメディアが捏造した情報。反日をどう解釈するのか。
(4)靖国神社参拝問題特集:東京裁判の大ウソ
(5)教科書採択報道:中・韓の歴史教科書と相対比較したらどうなるの?
(6)女性国際戦犯法廷にNHKが関与
NHKは、2001年1月30日放送のETV2001シリーズ「戦争をどう裁くか」の第2夜「問われる戦時性暴力」で、女性国際戦犯法廷に関する番組を放送した。
(7)伝説の番組「シルクロード」:文化大革命、天安門事件を隠す(2000万人の死者)
(8)中国による侵略(チベット、ウイグル、内モンゴル、南シナ海など)、人権無視(法輪功学習者を狙った中国の臓器狩り)を伝えない。
(9)中国の脅威を伝えない放送態度:軍拡、複合汚染国家、台湾問題など
 
◎日本人の総白痴化を目指すNHK
(=中国・対日工作秘密文書、第二 マスコミ工作を遵守するNHK)
(1)国家・国民共通の利益を無視したニュース報道
トップニュースは三面記事。国家の内政、外交の状況が報道されなくては、この厳しい世界情勢の中で日本人は生き残れない。
例えば、安倍首相、麻生外務大臣の訪欧外交。インド・シン首相の国会演説など。
(2)国家財政はどうなっているのか真実を報道していない
(3)低俗番組のオンパレードでは、HNK離れは当然
◎「放送法 第一章の二 放送番組の編集等に関する通則」に違反、(国内放送の放送番組の編集等)
第三条の二  放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一、公安及び善良な風俗を害しないこと。
二、政治的に公平であること。
三、報道は事実をまげないですること。
 こんな「公共放送なんていらない」、即、解体せよ! かわって、税金で賄う「国家・国民の利益」に適う「国営放送局を設立」することが緊急の重大事だ。
  (TK生、愛知)
  ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪ ♪
<宮崎正弘の中国・台湾、北朝鮮関係著作>

 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書、1月中旬増刷出来)
 『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)。
    ▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。