トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



宮崎正弘の国際ニュース・早読み

発行日:1/11


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 1月11日(木曜日)  
通巻第1668号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 石油リッチのイランから石油が枯渇しつつある
  原子力発電をイランが急ぐ本当の理由は油田の先細り
***************************************

 にわかに信じがたい情報があらわれたのは『インタナショナル・ヘラルド・トリビューン』の一月9日付けで、この分析をしたのはロジャー・スターンという石油地質学環境学の専門家。ジョン・ホプキンズ大学で教鞭をとるかたわら、『イラン石油危機と米国の安全保障』という著作もある。

 以下ロジャーに従うと、
 (1)イランの石油輸出は2015年までにゼロになる恐れがある。全世界埋蔵の12%をしめるイランで?
 (2)理由は発掘施設の老朽化。現実にイランの石油生産施設における石油生産は年ごとに減少を示している。ドリルの更新は4−6年の設備投資が必要だが、そうした「科学的根拠」をイランの宗教指導者が理解できない。
 (3)つまり利益を設備更新にまわさないで、国民の福祉など別の方面(たとえば女性が大量に大学へ進学した)に使ってきたのが主因。そうした失業対策で政治安定をはかった。
 (4)国内消費が旺盛なうえ、石油価格が安い。年率6%増加でイランのガソリン消費が伸びている。
 (5)石油収入に国家財政を依拠するイランで石油輸出が減少すれば、政治的不安定が増大するが、イランの政治は宗教的狂信主義に彩られているため、いま現在の増産体制への移行はたいそう困難である。
 (6)そこで原子力発電を急ピッチで開発することになったが、米国の強い反対により、計画通りの進行は難しい局面を迎えている。
 (7)アザデガン油田開発予定の日本も尻込みを始めており、イラン投資は極めつきにその魅力を失った。
 (8)イランは外部からは目に見えない危機を内包しており、外交圧力などかけずに放置しておいても、かの宗教的狂信主義による政治は行き詰まるのであり、この時点でイランを攻撃などすれば、イラン国民を団結させてしまうので、逆効果である。
 イランに対しては何もしない、これが米国の最良の選択肢である。

 以上がスターズ教授の主張である。
 俄には信じがたい。だが米国の専門家はそうみている、ということである。
     ◎ ◎  ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(サイト情報)1月5日、国務副長官にネグロポンテ国家情報長官が指名された。
ネグロポンテ長官の後任にはマコネル元国家安全保障局(NSA)局長。
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/01/20070105-2.html
(1)ネグロポンテ長官とマコネル氏に関するファクト・シート
 http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/01/20070105-3.html
(2)ブッシュ大統領は次期国連大使にハリルザド駐イラク米国大使を指名し、ハリルザド大使の後任にはクロッカー駐パキスタン米国大使を指名する予定。
http://www.state.gov/secretary/rm/2007/78463.htm
(3)ハリルザド大使とクロッカー大使の略歴
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/01/20070108-4.html
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴誌1667号にでた中国紀行の「SS生 世田谷」さんへ。
中国のトイレにトイレット・ペーパーがないのは、中国人の公衆道徳の欠如からきているものではないでしょうか?
青島のビジネスパークのハイテク・ビルのトイレでも、個室にペーパーはなく入り口に大きなロールがあって必要なだけとって個室に入るそうです。どうしてこういうシステムなのかと聞くと、個室に入れるとみんなが持って帰るからだそうです。
 やはり、王朝や政府がころころ変わり、お上や公衆と言う感覚が日本とは違うんだなと思っています。
上を信じられない人民、人民を信じない政府、自分さえよければ良いという人民、自分さへ儲ければ良いという政府、個々の中国人の若者の勤勉さを考えると、どういう国かとなおさら分からなくなります。
日本もこれに近づいているのではないかと憂慮する今日この頃です。
    (MI生、福岡)
 

(宮崎正弘のコメント)もともと中国の公衆便所は有料。カネをはらうと入り口でトイレット・ペーパーを呉れる。これが近年の基本原則ですが、最近は信じられないほど凄く綺麗な、その替わり料金が高いトイレも北京、上海、広州あたりには出現しております。
 三年ほどまえに『新潮45』に書いた拙論のなかでも紹介したことがありますが、なかには有料トイレをラブホテル替わりに使う剛のものがおります(北京のデラックス有料トイレには20分施錠されたままのものがありますから)。
 水洗は水の流れが悪いので、基本的にはどこもペーパーをおいていない。近代的ビルや、外国人相手のホテル、マンションは別。およそ十億の民が毎日つかうトイレの話です。


   ♪
(読者の声2)国民は怒っています。
国民の基本問題でもない一議案にすぎない郵政で除名をしておいて、生命という基本問題に取り組む政府の方針に逆らう一連の行動をなぜ止められないのですか。
国民は怒っているのです。山崎の行動は本当に国民の支持が得られると本人は思っているのでしょうか。そうでなければあきらかに国民を売って無法国家(中国、北朝鮮)への義理?を果たそうとしているとしか思はれません。全く理解しがたいものです。
あきらかに除名に値することではないですか。
     (MY生、各務原市)


(宮崎正弘のコメント)自民党は価値紊乱、というより自民党本来の価値をうしなった左翼政党に成り下がったという側面が強くなりました。
 山崎某もさりながら、売国奴隷のごとき、加藤某も、嘗てこの政党の幹事長でした。安倍政権のやること「なんでも反対」の社会党的鵺政党の代表、小沢某も、この政党の幹事長でした。
       △ △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪ ♪
<宮崎正弘の中国・台湾、北朝鮮関係著作>

 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店刊)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書、1月中旬増刷出来)
 『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫)。
    ▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2007 ◎転送自由。ただし転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    3905人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  3. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17030人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/28
    読者数:
    5702人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

宮崎 正弘

宮崎 正弘

http://www.nippon-nn.net/miyazaki/

国際情勢の裏情報を豊富なデータと人脈から解析してゆく。独特な方法と辛辣な批判精神によるニュースの裏側で織りなされている人間模様に興味を持つ。筆者の人生観と執筆を継続する動機の基軸は同じ。ホームページは http://miyazaki.xii.jp/

過去の発行記事