国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2006/12/27


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成18年(2006年) 12月27日(水曜日) 
通巻第1654号      
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 
世界最大の三峡ダム、立ち退き農民の悲劇がつづく
  一ムー12000ドルの保証金は800ドルに。残りはどこへ消えたか?
***************************************

 重慶に日本のメディアの特派員が一人か二人いるはずである。
 彼らは何を見ているのだろう?

 ダムに亀裂が入って危険という情報は昨年来、欧米のメディアが何回か報じている。
原因は至極単純。「手抜き工事」である。
セメントほか、建材の誤魔化しが、枢要なダムの基幹部分でも行われ、亀裂が深刻だが、当局は「修理済み、問題はない」としている。

 姉葉? “中国の姉葉”は、日本の100倍規模と考えたら良いだろう。

 立ち退きは一説に140万人、公表は113万人。大概が農地を強制的に立ち退かされ、替わりにアパートをあてがわれたが、それも半分が居住者負担となった。

「強制収容の農地保証金は一ムー(7000平方フィート)あたり12000ドルとされたが、農民に実際にわたったのはただの800ドルだった」(ヘラルドトリビューン、12月27日付け)。

立ち退き強制の貧民が結局、ダムの完成に協力し、その工事の手抜きと最大の利権に群がった党幹部が肥った。
 立ち退き農民は、荒れ果てて、水没前の農地で農作物を栽培しているが(非合法だが)、いずれ水没すれば、生活の目処が立たなくなる。

 先週も筆者は上海の地下鉄や鉄道、バス駅や公園に無数のホームレスを目撃した。
子連れも多い。多くの上海市民は無関心だ。
あの失業の大軍も、大方が強制的に立ち退かされて都会へ流れ込んだ農民である。
 中国社会の安静、平穏、調和の実現?
 胡錦濤執行部はきょうも寝言を言い続けている。
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
               ♪
宮崎正弘出講の公開講座のお知らせ
 「立ち上がれ!日本」ネットワークの公開講座です。
 新年早々、どなたでもご自由に参加出来ます!

(1)講 師   宮崎正弘
(2)テーマ  「2007年、今後、中国はどうなる」
(3)日 時  1月18日(木) 18時30分〜20時30分
(4)会 場  千代田区平河町「全国町村会館」 第1会議室
               地下鉄(有楽町線、半蔵門線、南北線)・永田町駅3番出口徒歩1分
          会場地図  http://www.zck.or.jp/kaikan/access/index.htm
          住所と電話番号 東京都千代田区平河町1−11−35
          TEL 03−3581−0471
(4)会 費   資料代として500円

参加ご希望の方はお名前と「第5回公開講座参加希望」と但し書きをされ、下記にメール、もしくはFAXにお送りください。
    メールは kokaikoza@tachiagare-nippon.org
    FAXは 03(5211)6310
 なお、お申し込みいただいた方にはネットワークの事務局より確認のメールを差し上げます。定員は100名、まだ席にすこし余裕があります。
          ◎
 (当日、会場にて拙著のサイン会も行います)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)数年前まで、尊崇の気持ちで論文を読んでいた学者の方(SJ氏)がいます。
 今は永田街の議員秘書となっていますが、その方が先週23日付けのブログで ”既に年老いた拉致被害者家族の人々にとっては、酷な話であろう” と同情の素振りを見せながら以下のように書き込んでいました。
 日本としては、「六ヵ国協議」で「拉致」案件を持ち出すのは、今後は考え直したほうがいいであろうと思われる。当面の目標は、日米中韓露五ヵ国の「協調」を確保して、北朝鮮の「核」に当たることである。「拉致」案件を持ち出して、「核」に関する日米中韓露五ヵ国の足並みを乱すことがないように、配慮しなければならない。「拉致」案件は、特に米中露三ヵ国にとっては、「自分の利害には関係ない話」だし、韓国にとっても「優先度の低い話」である。こういう状況では、米中韓露四ヵ国が本腰を入れて「拉致」案件に取り組むとは、期待できない。
日本政府は拉致問題について、今まで、国際社会から軽蔑されるに十分な、情けな対応をしてきました。 日本がここで拉致問題を引っ込めたら、国際社会で愚弄され軽んじられ続けることになるでしょう。 今また日本政府が、「日本人の拉致より核問題を優先しよう」、「半島の非核化をまず討議しよう」なんて言い出したら、自国民を護ろうともしないと、他国から腹の中で侮られるだけなのに、この方はそれがお分かりにならないようです。
拉致問題は最重要だが、だからといって先に討議する必要は必ずしもない、各国共通のテーマである核問題から話し合うべきというような、害務官僚や一部政治家に阿った、学者の看板を掲げた自民党議員秘書氏のこの発言は噴飯です。
(核)ミサイルは日本に飛んできません。 北が狙っているのは、在韓米軍と北京中南海です。狙って確実に撃ち込めるのは北からの至近距離に限られます。 韓国の対北攻撃基地に初撃でダメージを与えなければ金体制は反撃を受けて即倒します。 
中国は北の宿主で、北人民の膏血を絞り盗っているだけで味方ではありません。 
そんな中国にミサイルをセットし脅しながら六カ国協議の北の代理人として使っているのが金正日です。 そんな協議の四カ国への協調なんて屁です。
国家としての矜持を持つことが日本国百年の大計です。
日本国の国家意思が高まれば、北は恐れをなして拉致被害者を返還せざるを得なくなり、国家意識の高まった日本国民は国防の当然の必要性に目覚め、改憲の機運が高まり、おのずと集団安全保障を是とすることになるでしょう。  日本政府はここで踏ん張らなければなりません。
   (HN生、品川)



  ♪
(読者の声2)下記の小生の質問を「団塊素浪人さん」に、お伝え願えれば幸甚です。
貴誌26日付けの「読者の声1」の最後のあたりに、
 「やはりこういう国との商売は鉄砲で保護されての話」という記述をされていますが、ご例示の「サハリン石油開発」
 についての日本の某大商社がロシア側に強引に譲歩を強いられたというケースで、この商社のやろうとした商売が、「鉄砲で保護されて(おれば)」という条件は、具体的には、どのような環境を云うのですか?
 ちょっとイメージが出来ないので、ご教示ください。
   (KI生、尼崎市)


(宮崎正弘のコメント)これは小生のコメントではなく「団塊素浪人」氏からのコメントを待ちましょう。



   ♪
(読者の声3)三浦重周遺稿集(『国家の干城、民族の堡塁』(K&Kプレス)を拝読しましたが、とくに第一部の政治論文が面白かったです。
「欧米列強との戦争はアジア唯一の非植民地国家として当然だった」と言い切る箇所や、ハンチントン論文を評論しているところなどが参考になりました。
ご存命であればお話をお伺いしたかったのですが、残念です。
でもこの遺稿集を拝読し、お人柄が理解できました。
さて上海は北京政府からの粛清の嵐で、幹部たちがすっかり萎縮してしまったようですね。貴台の上海レポート(『正論』三月号)を楽しみにしております。
 よいお年をお迎えください。
    (DK生、文京区)
       □ □ □  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)年末年始の刊行予定はカレンダー通り。12月29日―1月4日まではサーバーが休暇となるため小誌も休刊します。
△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪ 
<宮崎正弘の中国・台湾、北朝鮮関係著作>
 『中国から日本企業は撤退せよ!』(阪急コミュニケーションズ刊、発売中)
 『中国人を黙らせる50の方法』(徳間書店、発売中)
 『出身地でわかる中国人』(PHP新書、1月中旬増刷)
 『中国のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、同上)
 『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房)
 『拉致』(徳間文庫、旧題『金正日の核弾頭』を改題、文庫化。品薄)。

(宮崎正弘の三島由紀夫関連三部作)
 『三島由紀夫の現場』(並木書房。最新刊発売中!)
 『三島由紀夫“以後”』(並木書房、注文すれば入手可能)
 『三島由紀夫はいかにして日本回帰したのか』(清流出版、絶版ですが、アマゾンで流通しているようです)
    ▼
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
◎小誌の購読は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2001−2006 ◎転送自由。転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。