国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/12/15

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成17年(2005年)12月16日(金曜日)
        通巻第1239号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西尾幹二先生の憂国忌発言記録他は下記のサイトです
http://nishiokanji.com/blog/
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 台湾独立運動家はいかに闘い、いかに血の弾圧をうけたか
  熱血の運動家の著書を切手代だけで頒布中です
**************************************

 古典的名著となりつつある柯旗化著『台湾監獄島』を希望者に差し上げます。
 ご希望の方は
HP http://petat.com/users/myoukou/chibakenkoku-index.html から申込書をプリントアウトして記入して、郵便切手 80円x4枚を同封して千葉建国塾事務局にお申し込み下さい。
 またお近くの学校図書館、公立図書館に寄贈をしていただける方はきぞうさきをfax, 或いはmailでご連絡下さい。
送料は負担します。
 HP http://petat.com/users/myoukou/chibakenkoku-index.html
            ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(読者の声1)三浦重周さん、自決の報。
たいへん驚き、かつ言葉を失う思いです。
三浦さんとは深くお付き合いさせていただくことはございませんでしたが、三島研究会では私もお世話になりましたし、思えば憂国忌の時も既に覚悟なさっていたのかと複雑な思いです。22日は山中湖に行く予定がございますが、追悼の気持を申し上げたく、市ヶ谷に伺いたく存じます。
    (TI生、東京)


   ♪
(読者の声2)お亡くなりになられた三浦重周先生の御冥福をここに申し上げます。
9月の見沢先生に続き本年は元祖民族派の生き証人が次々と亡くなられ一抹の寂寥感は拭えません。今後先人の歩んだ道を無駄にせず師森垣と共に一層の精進を重ねなくてはと強く思いました。
「鬼人をも哭かす国士の一太刀は師走の街の冷気震わす」
   (関西 W生)


(宮崎正弘のコメント)憂国忌のパンフレットをお申し込みの皆さま。
ご拝察通りの事由により事務が錯綜しており、いったん募集を中断しております。来年早々に改めて告示し直しますので、暫時お待ちいただけますように。
          以上は三島由紀夫研究会からのお知らせです。
          ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆
関係各位殿

 「さようなら 三浦重周さん」
「三浦重周(三浦重雄)さんとお別れの夕べ」
 ***************************
 
とき       12月22日 午後六時半(六時開場)
 ところ      市ヶ谷「グランドヒル市ヶ谷」二階「白樺の間」
         http://www.ghi.gr.jp/access/index.html
         (アクセルは上のサイトから↑)
参加者おひとりおひとりによる献花、全員で黙祷、国歌斉唱、読経、献杯、経過説明と「三浦さんの思想、その人柄」など追悼スピーチ。最後に「海ゆかば」を大合唱ほか。
 会費形式     おひとり一万円
 記念品      三浦論文、および資料と写真を集めた冊子
          後日、参加者全員に三浦重周論文集を謹呈します。

なお緊急の催しのため、これ以外の案内状の印刷物はありません。
また当日、ご出席を頂ける方は下記へお名前とご住所をお知らせ下さい(できれば電話番号も)。22日には小冊子しか間に合いません。半年後を目処に三浦重周論文集を刊行する予定でご出席の全員に郵送します。
sna76980@nifty.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
御供花の申込先は会場へ直接お願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 会場一杯に花を飾って葬送したいと存じます。
 グランドヒル市ヶ谷   電話(3268)0111
 宴会場の係りに繋いでもらい「22日の“さようなら三浦重周さん、お別れの夕べ」の花輪申し込み」とおっしゃってください。
 また代金(消費税込みで15800円ほどです)は後刻、請求書がとどきますので、各自でお振り込みをお済ませ頂きますようお願いを申し上げます。
ただし出入りの花屋さんとご存じの方は外部からの配達、持ち込みが可能です。
      ◎
(この案内の転送を歓迎します)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<< 宮崎正弘の出演予告 >>

(1)ラジオ日本
 16日(金曜日)午後一時から三時
 「ミッキー安川のずばり勝負」
 宮崎が二時間の生出演です。(関西方面のリスナーには午後二時まで)


(2)櫻チャンネル
「何を狙う中国? 中国、本当の姿」(パネル・ディスカッション)
ほかに出演は青木直人(ジャーナリスト)、潮匡人(評論家)、金田秀昭(元海上自衛隊護衛艦隊司令官)、川村純彦(元海将補)、佐藤守(元南西航空混成団司令、空将)、鈴木邦子(外交問題研究家)の各氏と宮崎正弘 
司会 水島総(チャンネル櫻社長)
 放映日 12月17日(土曜日)午後9時―午前零時(三時間特別企画)
 http://www.ch-sakura.jp/program.php
 (↑ チャンネル櫻は上記で詳細が判ります)
        ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
<<宮崎正弘のロングセラーズ>>
『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890631925/ref=ase_ritoukijapan-22/250-0520816-2194622

『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860291239/africa07-22/ref%3Dnosim/250-0800565-9441848
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税)
       ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(お知らせ)宮崎のHPへのアクセスが現在不能となっております。回復中です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小誌の購読は下記で御友人・知己の代理登録ができます。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
(過去5年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2001−5 ◎転送自由。転載は出典を明記。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。