国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/11/14

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成17年(2005年)11月14日(月曜日)
      通巻 第1296号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国新幹線、ドイツ受注確定的に乾杯
 日本はこれで目先の不良債権膨大化への不安が消えた
****************************************

 ヨーロッパ歴訪中の胡錦濤は、ドイツで新幹線車両の大量発注を行った。まずは下記の人民日報報道。

 「 胡錦濤国家主席のドイツ訪問中、独シーメンス社と中国鉄道部は、北京-天津間の高速鉄道整備事業の車両提供をめぐる契約をベルリンで締結した。これにより、ドイツは中国の高速鉄道プロジェクトの受注争奪戦で、他国を一歩リードした形となる。 
   契約により、シーメーンスTSグループとパートナー・中国北車集団唐山機車車両廠が、共同で高速列車60本を製造する。うち、シーメンスの受注額は6億6900万ユーロ(約926億円)。列車はまず2008年に北京-天津線に投入され、その後上海-南京線、武漢-広州線などの高速線にも使用される予定。長さは200メートル、座席数は600余り」。(「人民網日本語版」2005年11月13日)

 中国へ日本の新幹線をもっていこうと煽ったのは親中派の政治家や商社、くわえて車両メーカーだったが、日本の世論が硬化してきた。

反日運動ばかりが原因ではなく、(1)新幹線の代金を支払ってくれる可能性がうすいこと(2)工事が大幅に遅れるが、日本の所為にされかねないこと(3)クレーム、難癖が必ず付帯し、日本が大幅な赤字を覚悟しなければいけないこと(4)新幹線の技術がぬすまれること。
等で反対論が確実に拡がっていた。

 まして新幹線技術を集約するのほJR東海であり、葛西社長は「システムごと、すべて日本でなければ協力しない」と言明してきた。
 そのJR東海の姿勢を無視して商社、メーカー、親中派政治屋(という名のブローカー)が暗躍してきたが、どうやら徒労で終わりそう。

 ドイツ受注。まことにおめでとう御座いました。
 日本の新幹線、中国からの受注敗退確定に乾杯!
      ○ △ □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
パリの反日マスコミとたたかう日本人

 パリで活躍中の竹本忠雄氏、反日報道の出鱈目ぶり、いたずらは反日解説の偏向是正に立ち上がっています。下記にそのやりとりを紹介します。


「前略
 仏独共同の人気テレビで教養主体の高水準テレビ局「アルテ」が、思いがけない反日番組を流したことに抗議して、右のような書状をネットで送りました。これに対し、十一月八日付で視聴者係りのソフィー・マルシャンという女性名による返信があり、「御批評を番組編成局ならびに情報統合局あてにお伝えしたところ、ご意見に留意し、感謝いたしますとの反応を得ました。私共は、今後は貴殿にもっと十分にご満足のいくよう番組製作するようにつとめますとともに、ご叱正に耳を傾けたいと存じます」とのことでした。
 これが通り一遍の挨拶にすぎないか、まじめなものか、見ていきたいと思います。
 先のル・モンドあての公開状を皮切りに、今後も小生としては、当地パリで耳目に入るかぎりのアンチヤマトイズムの報道に対して、出来るかぎりの単独抗戦を続けていく覚悟です。日本大使館においては、それなりの対応をされていることでしょうから、いずれ詳しく伺いたいと願っております。
 各国の反日報道に苦しむ同胞が一人ずつ立ち上がり、一つの輪になる時が到来することを祈って、以下をお伝えします。
    西暦二〇〇五年十一月十一日、パリ             竹本忠雄」
 
添付資料
「竹島をめぐり反日ルポを放映した
フランスTV局「アルテ」への抗議状

 十一月二日二十一時四十分から貴局が放映した番組、日本についての「アルテ・ルポルタージュ」を見て、報道の公正にも客観性にも反する、歴史真実のその歪曲ぶりに深く傷つけられました。朝鮮人側の言い分だけに一方的に偏し、日本側の意見は殆ど無視した、このような見解を、こんにち、誰が支持するでしょうか。
 貴局は、日本領土の竹島について、彼らの大義なるものを視聴者に認めさせようとしてこれを押しつけていますが、一九九六年に香港の『ファー・イースト・エコノミック・レヴュー』が実施した世界的世論調査においても、この島が朝鮮領であると認めた国はどこにもなかったではありませんか。韓国は、日本が米軍の占領下にあって全ての主権を喪失していた期間に、竹島を我々から奪いさったのです。貴局のキャメラとコメントは、彼らの政治的立場の増幅にほかなりません。
 ほかにも本レポートが言い立てていることは、『新しい歴史教科書』については、これは「悪の縮小化」であるとか、国歌斉唱する生徒たちの光景を映し出しては、「日本の軍国主義シャンソン」、靖国神社の遊就館については「軍国主義博物館」であるといったように、罵詈雑言を極めたものばかりで、報道の中立性をも、一国――我が祖国日本――に対する敬意をも踏みにじった、甚大な歪曲そのものなのです。
 殊にも、私が最も許しがたく思うことは、こうです。
 いかなる理由で、西洋人――ここでは貴局の諸君――は、今から六十年前にアメリカとソ連が種まきした怨恨、同じアジアの一民族が他の民族に対して抱くように仕向けた怨恨を、いつまでも焚きつけることを止めないのか、と。
 忘れるなかれ。このように列強を益するのみの朝鮮人の「恨(ハン)」の国民性について、今やこれを恥とする覚めたる人々も、彼らの間から出てきているということを。勇気ある作家、キム・ワンソフ(金完燮)がその例であるように。金氏はこう書いているのです。「このような反日的歴史歪曲は、アジアのなかで朝鮮をますます孤立化することにしか役立たないであろう」(『親日派のための弁明』、二〇〇二年)と。
   評論家・筑波大学名誉教授、日本国籍 竹本忠雄」
           ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌11日付け1294号(読者の声3)に文字化け箇所あり、再送します。
「先般、平泉澄氏の著作『日本の悲劇と理想』が、近衛文麿の若い頃の論文『英米本位の平和主義を排す』 を高く評価していることに触れた弊駄文を掲載戴きました。政治家になる前の大学卒業直後の二十代の近衛の見識に小生も感心しました。しかし中川八洋氏『大東亜戦争と「開戦責任」』(貴台に対しては宥和的なようですね。福田和也攻撃本は未読)の手に掛かると、近衛文麿は共産主義者(東大哲学科から京大法科に移ったのは共産主義者河上肇に師事するため)、敗戦革命論心酔者、鉄面皮、まことの心裡を韜晦して狡猾に立ち回った卑劣漢(三国同盟・日ソ不可侵条約が思い通りに成ると、立役者(松岡は用済みと対米強硬を理由に切った)になるのですね。
1937年6月首相就任の初仕事は、治安維持法で捕まった赤のみならず、血盟団事件(昭和40年、井上日昭を自宅に寄食させた)、5.15事件・2.26事件の首謀者らの大赦を熱心に説くことであり(これは挫折)、盧溝橋事件の後、得の「先手論」で軍部に先んじて北支戦線拡大を支持し軍備予算を付け、爾後国民政府(蒋介石政権)を相手にせずと宣言して直前の綸言を覆し中国戦線継続を謀り、風見章・尾崎秀実・西園寺公一・松本重治らのコミュニスト・赤信奉者を配下・周囲に纏ろわせ(重治もアカですか?)、国家総動員法制定、新体制運動で心中密かに信奉するヒトラーの顰に倣い(首相就任前の仮装パーティーでヒトラーに扮装)、嫌いなプルーラリズムを廃して理想とする一党独裁体制に持ち込み、「近衛上奏文」ではんきょうの「手記-平和への努力」で反軍部のアリバイ工作をし・・・と斬り捲りです。
 同氏の論には「if」の多い論が少なからず、例えば台湾を植民地にしていなければ南進策をとることなく大東亜戦争に踏み込むことはなかったとの論は少々空想的だと観じます。
岡崎久彦氏も近衛は悪戯にナショナリズムを煽ったと痛烈に批判しています(『国家戦略からみた靖国問題』)。 岡崎氏はナショナリズムは本来燃え上がり易いもので、故に政治家たるものはこれに慎重に対処すべしと説いています。国民感情に慎重に対処した陸奥宗光の例を引いて近衛と対比し、近衛はナショナリズムに押されたとか、乗ったとかではなく、軍部より過激な好戦的発言をし、国民のナショナリズム感情を燃え立たせ、日本の針路を誤らせたと痛罵しています。
複雑な人格なのでしょう。勝田龍夫(西園寺公望の秘書原田熊雄の娘婿)の『重臣たちの昭和史』では、西園寺から見た近衛像が点綴されていてこの書も近衛を理解する上で興味が尽きません。 明け方まで読みふけってしまいました(笑)。
追伸:加藤陽子氏の『戦争の論理』を朝の電車の中でパラパラしたら、冒頭で徴兵制軍隊についての丸山真男の対談コメントが引用さていて面食らいました(笑)。左巻きの先輩学者にどのくらい汚染されているのでしょう。
ちょうど読んでいた『重臣たちの昭和史』でも触れられていた満州事変、その際の政府の不拡大方針に反して行なわれた林朝鮮軍司令官による朝鮮から満州への越境問題が採り上げられています。軍の越境行動は、統帥事項で天皇の奉勅命令が必要。これは内閣決定を要するもので、閣議を経ず(国務大臣の輔弼無しに)参謀総長や陸海軍大臣が直接上奏することは許されていなかったと説明されています。この「帷幄上奏」は ”無法の挙”であると知りました。ならば大日本帝国憲法の下でも一応シビリアンコントロールが効く制度になっていたのですね。しかしそうなら内閣は”統帥権干犯”をしていたのではないかと半可通の小生は疑問を抱きます。彼女は日本の兵制研究の第一人者と謂われているようです。 疑問が解けるか、いま少し彼女の論を読み進めてみます。
(しなの六文銭)


   ♪
(読者の声2)先生はフジモリ氏の帰国は勝算があっての事だと思っていらっしゃいますか?
私には何かペルーの現状の惨状に止まれぬ心情があっての帰国ではないかと思えるのです
  本国からの数々の罪による起訴を受けていますが、それに対しての反論と行動は日本のマスコミではほとんど無視しているかのように日本人の目には見えませんでした。
     (KT生)


(宮崎正弘のコメント)フジモリ元大統領は深い憂慮と巧緻な計算にもとついてチリへ入国しましたが、計算違いはチリの官憲による拘束、在日大使召還という、反日的リアクション。
 副大統領は「日本と断交せよ」とまで息巻いております。
ところが外務省はフジモリ氏と接見しただけで、そのあとなんら強い外交行動をとっておりません。不思議ですね。というより愚かではないのでしょうか。
 日本人拉致という同胞の被害を放置して「人権」などと寝言を言っている国ですから、日本人が不当に逮捕されても、行動ができないばかりか、チリの迅速な反日的アクションはいずれ日本が悪者にされかねない。
かの日本の馬鹿親父を騙して大金を貢がせチリに還って豪邸をたてた売春婦が、チリでは英雄ですから。
 フジモリ釈放をもとめる国民運動が日本でおきないのも不思議です。
         ☆ ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(再録)書評
 (書籍の題名を間違えました。再録します)。

アンディ・チャン『台湾丸の難航』(在米私家版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 知る人ゾ知る論客=アンディ・チャン氏は在米作家。台湾独立の正論を掲げ、威風堂々の論陣を張られている。
チャン氏の立場から見ると「在台湾中国人」をカタる外省人というのは、陰謀が好きで負けを認めない。
かれらは2004年選挙で最後の最後まで負けを認めず、しかも陳水扁銃撃事件を「自作自演」と言い張った。その中華思想なる異様なものの考え方の根源にある思考スタイルとは何か。
 また議席数が足りないのはわかるが、独立路線を中断して、いや、ひっくり返して中華路線に切り替え、迷走状況に陥った陳水扁政権への絶望、やりきれなさを心情的に克明に追求している。いったい陳政権はなにを血迷って宋楚諭率いる親民党と合従連衡を試行したのか。
 台湾には日本語教育を受けて、その言語空間で青春を送り、ラブレターも哲学も日本語の文脈でしてきた世代がある。この世代の日本語は格調高く、文学的にも秀でているが、語彙もそれなりに古典的で迫力がある。ミーハー的な新語はわからない。
 チャンさんの文章を読んでいて、ときに圧倒的されるのは快刀乱麻を絶つ筆力のダイナミズムと、的確は語彙力と、基底にある潔さ、武士動的倫理である。
 たとえば次の表現箇所。
 「新渡戸稲造の『武士道』の基本が孔孟の教えであることは言うまでもないが、儒教の道徳、忠孝仁愛信義和平、または仁義礼智信の教えが武士道によって啓発されたのは王陽明の『知行合一』が日本社会で受け入れられ、中国社会では無視されたことによる。論語読みの論語知らず、これは驚くべきことである。
 中国には科挙制度があった。人々はこぞって孔孟の書を読み、学問を身につけて一身の栄達を図った。ところが孔孟の教えは社会に普及せず、人々は道徳を栄達の道具としたに過ぎないのだ。科挙に合格して官位につけば、たちまち賄賂が手に入り栄耀を恣にすることが出来る。このことを学問して科挙を受ける人々ははじめから知っていた」(本書、152p)。
 流麗にダイナミックに筆者が直接、日本語で書かかれた、351pもある浩瀚。

なおアンディ・チャン氏には、ほかに次の著作がある。
「フライディ・ランチクラブ」ISBN 4-88306-955-9 新風舎 「不孝のカルテ」ISBN4-434-00589-8 東京図書出版会 「台湾号会沈没?」ISBN-957-801-356-6 前衛出版社  「台湾号加油」ISBN 957-8251-54-8 一橋出版社 「連宋之乱的真相」、前衛出版社。
また氏のメルマガは、下記でバックナンバーを閲覧できる。
http://www.melma.com/backnumber_53999/

 さらに耳よりのお知らせ。
 この新刊『台湾丸の難航』を希望者のかたにお送りします。希望者は下記へ現金で航空郵便(AIR MAIL)で郵送代金等2000円(日本円でOK、ドルでも可)を同封され、直接アメリカまでお申し込み下さい。
 Mr.Andy Chang ; 6 Calle  Anacapa、 San Clemente、 CA92673,USA。
(なお12日の台湾フォーラムの会場で申し込まれた方には、この週末か来週早々アメリカから届きます)。
         ▲ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

村松英子主催“サロン劇場”からお知らせ
 
由緒ある旧細川邸サロン(和敬塾)にて村松英子主演のたのしい芝居(約一時間)。その後で、昼の部はティ・パーティ。夜はワイン片手の談笑の会。まさにサロンの雰囲気が楽しめます。
 
 アルフレッド・ド・ミュッセ原作
“千慮の一矢“
 演出 観世栄夫
 出演 村松英子、坂上二郎、川口敬史、村松えり、永島克
 
○残席のこり僅か、お急ぎください!

11月20日より12月4日まで(11月26日のみ休演)
 入場料  5500円 (全席自由席、税込み)
 前売り  サロン劇場(03)3945−5384
 場所は旧細川邸(目白台和敬塾内 文京区目白台1−21−2)
 <上演時間>
 14時からの日は11月20,24,25,27,29,30及び12月3,4日。
 19時からの日は11月21,22,23,28,そして12月1,2、3日
 (いずれも開演30分前までに入場。当日売りはありません。かならず予約が必要です)。
       ○○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ☆
「憂国忌」!
 三島由紀夫氏没後35周年追悼「憂国忌」は間もなくです!

 鎮魂祭。「薔薇刑」上映と解説(細江英公)。
追悼挨拶(松本徹ほか)。
<シンポジウム>
井尻千男、入江隆則、サイデンステッカー、西尾幹二、村松英子
http://www.nippon-nn.net/mishima/index.html
          記
 11月25日(金曜日) 午後6時(五時開場、開場時間が30分早まりました)。
当日、三島関連本などの割引販売があります!
     ☆  ★  ☆  ★  ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.wadachi.jp/ireisai/
出陣学徒慰霊祭 12月3日(土曜日) 1230 靖国神社
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
<< 宮崎正弘の最新刊 >>
『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890631925/ref=ase_ritoukijapan-22/250-0520816-2194622
 本書は『VOICE』今月号の西尾幹二先生の論文にも引用されました。 

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
http://deserveit.jp/am/asin/4484052083.html
      ☆
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
       ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己の代理登録もできます。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
(↑ 過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(転載は出典を明記のこと)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。