国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2005/11/09

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成17年(2005年)11月10日(木曜日) 
      通巻 第1292号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ロンドン滞在の胡錦濤主席に抗議の嵐
 「恥を知れ」と人権団体、法輪功、チベット独立運動、民主活動家が結集
***************************************

 欧州歴訪中の胡錦濤は最初の訪問国イギリスで抗議の嵐に見舞われている。日本のマスコミは殆どこの事態を無視している。

 バッキンガム宮殿前は抗議団体の人並みで埋まり、宮殿における歓迎行事とは対照を示した。「自由チベット」のTシャツを着込んで人々など夥しい抗議の波がつづいた。

 人権抑圧、法輪功への弾圧、チベット民衆弾圧の張本人、「恥を知れ」等の夥しいプラカード。
 しかしデモ隊は暴力に訴えず、秩序正しく、とくに一言も発しないで沈黙のデモをおこなうグループなど。しかしながらイギリスにおける胡訪問のニュースは抗議デモの扱いのほうが大きいのである。

 中国の狙いはEU議長国であるイギリスを慇懃に説得して、EU全体がきめた対中国武器輸出禁止を一日も早く解いてもらうこと。第二が貿易摩擦解消である。

 中国はドイツへ高速鉄道車両を発注し、さらにはエアバスを大量に発注して、EUの反中国感情を和らげることに躍起だった。

 ところが訪英直前にばれたのが、チェコと通じての武器技術輸入商談。EUの裏側から武器ビジネスに近づこうとしていた事実が暴露された。

 ついで中国国内でキリスト教の布教に当たっていたチームの責任者が懲役三年を言い渡され、EU諸国は激高。
同日、ホワイトハウス絵では訪中直前のブッシュ大統領が堂々とダライラマ猊下に面談した。

 中国が拘束したキリスト教活動家はチャイ・ゾウ・ファ(音訳不明)で、かれは北京でバイブルおよび宗教団体の資料をもっていたという「容疑」だけで拘束されていた(ワシントンタイムズ、11月9日付け)。
 「すでに十万人の法輪功活動家が拘束され、裁判もなく、そのうちの二万人が労働改造所(強制収容所)へ送られている、と人権擁護活動家として世界的に有名なハリー・ウー(呉弘達)が告発している」(同紙)。
       ○△□○△□○△□
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ◎
(サイト情報)米国務省は世界の宗教の自由と人権の現状を国別にまとめた年次報告書「2005年国際的な宗教の自由」を発表した。宗教の自由が懸念される国として、ミャンマー、中国、エリトリア、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、ベトナムの7ヶ国を挙げた。
(1)報告書についてライス国務長官のスピーチ Remarks on the Department of State's Annual Report on International Religious Freedom Secretary Condoleezza Rice. November 8, 2005 
http://www.state.gov/secretary/rm/2005/56634.htm
(2)国務省ハンフォード特使による特別プリーフィング Special Briefing Ambassador John Hanford On the Department of State's Annual Report On International Religious Freedom
http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2005/56647.htm
(3)「2005年国際的な宗教の自由」報告書 International Religious Freedom Report of 2005 Department of State. November 2005.
http://www.state.gov/g/drl/rls/irf/2005/index.htm
(4)国務省国際情報プログラム局の宗教の自由に関する特別サイト International Religious Freedom
http://usinfo.state.gov/dhr/human_rights/intl_religious_freedom.html
       ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<東トルキスタン独立記念日>>

 現在「中国の」新彊ウィグル自治区と呼ばれる場所はトルコ系のウィグル系、カザフ系、キルギス族、タタール族などが居住し、1933年に「東トルキスタン・イスラム共和国」、1944年に「東トルキスタン共和国」としてれっきとした独立国家だった。
 http://uygur.fc2web.com/uygur12.html
 (詳しくは上のサイトに↑)
 中国に侵略され多くの住民が殺戮されたが、地下に潜った独立運動は盛ん。11月12日は彼らの独立記念日である。
日本で東トルキスタン共和国の独立を支援する人達が結集する。

とき    11月13日(日曜日) 午後二時→五時
ところ   かやの木会館(台東区蔵前3−22−9)
      http://www.j-theravada.net/tizu-kayanok6.html
      (地下鉄大江戸線蔵前駅0分、浅草線蔵前3分、銀座線田原町8分)
会費    2000円
問い合わせ 殿岡事務所(03)3664−1666 FAX(3664)2003
           ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「憂国忌」まで、あと15日!
 三島由紀夫氏没後35周年追悼 鎮魂祭。「薔薇刑」上映と解説(細江英公)のほか。
<シンポジウム>井尻千男、入江隆則、サイデンステッカー、西尾幹二、村松英子
http://www.nippon-nn.net/mishima/index.html
11月25日(金曜日)午後6時(五時開場)
     ☆  ★  ☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      ♪
<< 宮崎正弘の最新刊 >>
『朝鮮半島、台湾海峡のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890631925/ref=ase_ritoukijapan-22/250-0520816-2194622

<< 宮崎正弘のロングセラーズ >>
『中国よ、“反日”ありがとう』(清流出版刊、1400円+税)
『瀕死の中国』(阪急コミュニケーションズ刊、1600円+税) 
http://deserveit.jp/am/asin/4484052083.html
      ☆
『中国のいま、三年後、五年後、十年後(改訂版)』(並木書房、1575円)
『世界経済のいま、三年後、五年後、十年後』(並木書房、1575円)
『中国財閥の正体―その人脈と金脈』(扶桑社、1600円プラス税)
『拉致』(徳間文庫、590円+税、以下同)
『ザ・グレート・ゲーム』(小学館文庫、476円)
       ☆ ☆ ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://www.nippon-nn.net/miyazaki/
小誌の購読は下記でご友人・知己の代理登録もできます。
http://www.melma.com/backnumber_45206/
(↑ 過去4年分の小誌バックナンバーが閲覧可能です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所2005 ◎転送自由(転載は出典を明記のこと)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。